一番当たると評判の六占星術で【2019年最新版】六星占術の水星人(マイナス)の年運・月運・日運が知りたい方にオススメです。

こちらのページでは六星占術の水星人(マイナス)の今年の運勢、今月の運勢、今日の運勢、霊合星人なのか大殺界なのかを無料鑑定すると共に、こちらのページの下のコラムでは、水星人(マイナス)の特徴や性格、相性の良い運命星(各星人)と悪い運命星(各星人)を紹介します。

水星人(マイナス)の年運・月運・日運を占う

女性 男性
0
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result1,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result2,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result3,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result4,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result5,
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result6,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result7,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result8,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result9,
5
4

水星人(マイナス)について

水星人(マイナス)のあなたの特徴や性格、相性や恋愛傾向などについてご紹介します。

水星人(マイナス)は六占星術の中でもなんでもできる器用さがあり、自立心が強く、自由を愛する傾向を持っていると言われています。

六占星術による診断は自分の知らない自分に出会うかもしれません。

それを知っておくことで、これからのあなたに色々な示唆を与えてくれるでしょう。

水星人(マイナス)の特徴

水星人(マイナス)は冷静に物事を判断することができる鋭い着眼点を持っています。

人の顔色一つで、「あの人はいまこんなことを考えている」ということを瞬時に感じ取ってしまうような勘の鋭さも持っています。

また、とても器用で、なんでもソツなく器用にこなすことができるでしょう。

一歩引いて物事をみる客観性があるので、全体的なバランスを見た上でどのようにするべきかという最善の方法を見出すことができる人です。

情熱的に壁にぶち当たって行くというがむしゃらな感じは似合いません。

臨機応変の起点が聞くので、何かとっさに判断しなければならない時でも、理性で対処し、スマートでクールな印象を人々に与えるでしょう。

自分の信念をしっかりと持っているので、周りの人の意見に流されることはなく、自分の初心や意志をしっかりと貫区傾向があります。

そのために何か困難が起きたとしても、誰かに相談するということをせず、一人で解決策を見出し、じっくりと考えていきながら問題解決をすることができるでしょう。

しっかりと自分の考えを持ち、夢や希望を現実に達成していく粘り強い力があり、なおかつ周りから指示されることを好まないので、何か事業を起こしたり、フリーランスとして働くことで大いに実力を発揮できるでしょう。

水星人(マイナス)の性格

小さい頃から自立心が強く、大人になると親元を離れて独立することで自由を感じる傾向が強くあります。

水星人(マイナス)は自立や独立をして一人で歩む時に、本来の力を最大限に発揮することができるでしょう。

そのため家族や年上の人とはご縁自体が濃くないこともあります。

社会に出て企業に就職しても息苦しさを感じてしまう傾向があります。

そのため、スキルなどを取得して、ある程度身につけたら独立開業をする方が性に合っていると言えるでしょう。

束縛を嫌い、自由でのびのびした環境の方が、潜在能力も含め、自分の実力を大いに発揮することができるでしょう。

また独特のセンスやものの見方があるので、個性やセンスを生かした職業に就くことで早いうちから活躍することも多いでしょう。

一人の時間を好むため、自分の感情を表に出すよりも内側に秘め、貯めてしまいやすい傾向にあります。

またあまり自分からコミュニケーションを進んで取ることを好まないので、ストレスを溜めやすくなるでしょう。

その場合は、持ち前の判断能力でしっかりと現状分析をすることができるので「いま、自分はこういう状態だ」という事実を把握し、その対処法を見出していくと良いでしょう。

一方で世渡り上手で損得勘定で動くところもあります。

特にお金を稼ぐことや管理する才能に長けているので、儲けることができそうと思えば、得になりそうな人との付き合いを大切にする傾向もあります。

以上のようなことから、周りからみるととてもクールでとっつきにくい印象を与え、初対面の人だと「怖い」と思われてしまうこともあります。

しかし頭の回転も早く、話をすること自体は嫌いではないので、心を許せる友人と出会ったり、良き理解者を得られるでしょう。

孤独を愛しつつ、自分の道をまっすぐに歩んでいくことができるでしょう。

水星人(マイナス)の相性の良い運命星は土星人と火星人

土星人とはどちらもクールで知的なので一見似ているのですが、基本的な性格は違います。

しかしお互いに自分にはない部分で惹かれ合い、一緒にいて居心地の良い関係を築くことができるでしょう。

しっくりくるという感じがとても強く感じられる相性です。

火星人は一言で言うと変わり者なので想像力豊かで人が想像もつかないような奇抜性を持っていますが、その才能を自分からは売り出せないところがあります。

水星人(マイナス)は、上手に火星人をバックアップすることで火星人の才能を開花させ、ビジネスにつながるような相性です。

クールな水星人(マイナス)ですが、順応性も高いので、いざとなればどのような相手でもソツなく良い関係を築いていくことができるでしょう。

水星人(マイナス)の相性の悪い運命星は水星人と天王星人

同じ水星人とは、基本的に同じ資質を持っているので非常によく理解することができるので、この面に関しては相性がいいと言えるのですが、二人でいるとどうしてもビジネスの面が強くなりすぎてしまう場合があります。

天王星人は基本的に誰かがそばにいなければならず、また寂しがり屋なので、水星人(マイナス)からすれば依存傾向が強いように感じられ、次第に重荷になってしまうでしょう。

なぜ、一人でいることに耐えられないのかが理解できず、根本的な考えが合わないので相性はあまりよくありません。

水星人(マイナス)の恋愛傾向

非常にモテる気質を持っています。

クールな雰囲気が周りからみるととても魅力的でスマートな印象を与えます。

しかし、水星人(マイナス)は恋愛であっても冷静でさめた目を持っているので、自分を取り乱すほどの情熱的な恋愛はしない傾向があります。

またベタベタしたり、しょっちゅう一緒にいると窮屈に感じられてしまうので、恋人であってもほどほどの距離感が大切です。

しかし、年齢や経験を経ることで、クールな部分が丸くなり、その分、自然体で恋愛も楽しめるようになるでしょう。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
クールで何事もそつなくこなしてしまうスマートな人なのよね。

男女問わず、かなり「カッコいい人」だし、周りからも一目も二目も置かれているような存在ね。

また一人でいる時間がなければダメなタイプ。家族と暮らしたり、親しい仲でもずっと一緒にいると爆発しそうになってしまうからパーソナルスペースを持ってバランスを取るということが大切ね。

自分の空間は聖域でもあるし、それに踏み込まれることは我慢ならないはず。

自分の空間の確保をきちんとすることで運気が上昇する

水星人(マイナス)は、一人の時間や空間をきちんと確保できなけえれば、持ち前のスキルを最大限に発揮することが難しくなります。

常に誰かの存在がそばにいるとイライラしたり、自分の中のパワーが奪われると感じるでしょう。

一人の空間や時間をいかにもつかということがとても大切です。

その聖域で過ごすことで、パワーもみなぎってくるでしょう。

運気を上昇させたいのであれば、一人の空間と時間を持つことが何よりも大切です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事