一番当たると評判の六占星術で【2019年最新版】六星占術の火星人(マイナス)の年運・月運・日運が知りたい方にオススメです。

こちらのページでは六星占術の火星人(マイナス)の今年の運勢、今月の運勢、今日の運勢、霊合星人なのか大殺界なのかを無料鑑定すると共に、こちらのページの下のコラムでは、火星人(マイナス)の特徴や性格、相性の良い運命星(各星人)と悪い運命星(各星人)を紹介します。

火星人(マイナス)の年運・月運・日運を占う

女性 男性
0
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result1,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result2,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result3,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result4,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result5,
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result6,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result7,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result8,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result9,
5
4

火星人(マイナス)について


火星人(マイナス)のあなたの特徴や性格、相性や恋愛傾向などについてご紹介します。

火星人(マイナス)は六占星術の中でも人一倍ミステリアスで人を惹きつけてやまない独特の魅力を持っていると言われています。

六占星術による診断は自分の知らない自分に出会うかもしれません。

それを知っておくことで、これからのあなたに色々な示唆を与えてくれるでしょう。

火星人(マイナス)の特徴

六占星術の星人の中でも、人一倍ミステリアスでとらえどころがない雰囲気がありますが、それはとても魅力として人には映ります。

その魅力はどこからくるかというと、人一倍警戒心が強く、自分を最初からさらけ出すことを好みません。

また人に対しても、あまり親しくないのに馴れ馴れしくしてくる相手や、心の中に踏み込んでくる人にガードが強くなります。

感受性が強く、繊細な心を持っているので、自然と保守的な傾向が強くなるからでしょう。

またプライドの高さも六占星術の中でも一位、二位を争うほどの崇高さがあります。

人にすぐに心を許さない分、それはプライドの高さとして現れる傾向が強くなりますが、それゆえに人から誤解されやすい部分も多くあります。

しかし自分が心から信頼した相手には、自分の弱さも含めて全てをさらけ出すので強い信頼関係を形成することができるでしょう。

周りの人からは「この人は一体何を考えているのだろう?」とミステリアスな雰囲気を漂わせていますが、それが多くの人を惹きつける魅力にもなっています。

ほかの人とは全く違う感性を持っているので、風変わりな人という印象を持たれますが、自分も人とは違うということもよく理解し、それに自らの価値をおきながら、自分の弱点を認め、改善していく傾向もあります。

火星人(マイナス)の性格

プライドが高いので、自分の言動には揺るぎない自信を持っています。

しかし持ち前の警戒心の強さがあるので、それをこれ見よがしに表現することはあまりないでしょう。

基本的には人との上手なコミュニケーションを図りたいと考えていますが、人間関係のトラブルなどには弱く、またそのような場からはなるべく身を守りたい意識が強く働くので、自分の気持ちをさらけ出すのは苦手です。

またプライドの高さもあるので、どのような人間関係でもある一定の距離感があり、それによって安易に人を寄せ付けない雰囲気を漂わせています。

自分の興味や好きなことがはっきりしているので、何かにハマると集中し、継続して努力をすることができるので、才能が開花するとプロとして憧れの世界で活躍することも夢ではありません。

また非常に直感力に優れているので、独特の感性と相まって、デザイナーや芸術活動などの創造性が生かされることで成功を収めることもできるでしょう。

センスを生かし、表現することが生きていく上での栄養になります。

ウイークポイントは少しメンタル面で弱さがあり、過去の失敗を悔やみすぎてしまい、新しい行動に移ることに時間がかかったり、チャレンジすることを避けてしまう場合があります。

もともと心配しすぎる傾向がありますが、経験を積み重ねることにより克服することができるでしょう。

火星人(マイナス)の相性の良い運命星は木星人と金星人

木星人の理知的で堅固な性質が、火星人(マイナス)にとって安定性を高めるという相性です。

火星人(マイナス)一人ではどこか不安定な部分がありますが、それをしっかり支え、自信を持たせてくれるので、才能を開花させたり、パートナーとしてともにいることで、火星人(マイナス)のウイークポイントが解消されていくでしょう。

また木星人にとっても火星人(マイナス)の独特の考え方に大きく影響を受け、良い部分が花開いていきます。

金星人とは非常に良い相性で、お互いに一緒にいることで幸運が舞い込みやすい傾向があります。

知り合ってすぐに意気投合し、仲良くなることもしばしばあります。

お互いに魅力を感じやすく、長く付き合うに連れて円熟味を増していく関係です。

火星人(マイナス)の相性の悪い運命星は土星人と火星人

一見するとよく似ている土星人ですが、本質は全く違うのでお互いが理解を深めようとするとプライドの高さなどが邪魔しあってしまう傾向が見られます。

お互いに批判的になりやすく、自分のことを棚に置いて相手を見下してしまうような犬猿の仲になりやすい相性です。

火星人とは同じ傾向がある分、ぶつかりやすい傾向があります。

同じ場所に同じような人物は二人もいらないということでお互いが相手を排除しやすい傾向が見られます。

何か別のジャンルで活躍をしていれば、相手を尊重することもできるので、良いライバルとしての関係にもなれるでしょう。

火星人(マイナス)の恋愛傾向

ミステリアスな魅力があり、非常にモテる気質があるのですが、自分の内面を明かさないこととプライドの高さもあり、なかなか自分から思いがあっても相手に伝えることが苦手ですので、どちらかというと恋愛には奥手なところもあります。

好きな気持ちがあっても、どうしていいのかわからず、片思いで終わってしまうこともあるかもしれません。

また移り気なところもあるので、コロコロと気になる相手も変わりやすく、熱し易く冷め易いところもあるので、結婚にはあまり向かないところがあるでしょう。

スリルを求める恋愛に情熱を燃やすこともあり、不倫や浮気などの相手に本気になってしまう傾向もあるようです。

基本的に自分からアプローチするよりは相手からの好意に応えて恋愛をスタートさせると幸せな恋愛関係を継続することができるでしょう。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
ミステリアスな魅力を持っているので、人はあなたのことが気になって仕方がないかもしれないわ?

でも自分が好きではないと心を開かないけれど、それがまたあなたの魅力をさらに形作っていると言えるわね。

でも本当は伝えたいこともたくさんあるし、心はおしゃべりなところもある。

だからこそそんな思いをなにか形にすることでセンスや才能が磨かれていくのよ。

人を気にせずマイペースを貫くことで運気アップ


火星人(マイナス)はマイペースでありながらも人の目を気にしてしまいがちなところがあるかもしれません。

だからこそ極端にプライドが高くなったり、距離を置いてしまう傾向もあります。

そのような自分のウイークポイントもよくよく理解しているのですが、人にとらわれすぎてしまうことであなたの独特の感性や真の実力を発揮できない可能性もあります。

人は人、自分は自分と割り切り、我が道を行くということに徹することで運命も才能も花開いて行くでしょう。

人を自然と惹きつけることのできる魅力を兼ね備えていますので、心配しすぎずにやりたいことに集中して行くと良いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事