占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

ウィズコロナの時代、新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのならアカシックタロットを試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

「旦那のことが嫌いでたまらないのはどうして…」「夫から逃げたいのに離婚できなくて辛い…」「この結婚生活がいつまで続くのかと考えると苦しい」と悩むあなたへ。

旦那のことが「嫌いでたまらない」と感じ、日々苦しい生活を送っているという女性は少なくありません。

旦那を嫌いになり離婚できるほど、夫婦の仲は簡単に片付けられないものです。

旦那を嫌いになったことがきっかけの一つだとしても、それぞれの家庭で抱えていることが違うから、女性は不安になり、一人で抱え込むことが増えます。

妻が旦那を嫌いになる理由や「嫌いでたまらない」と感じた時の女性の心理状態も含めてお伝えしていきますので、あなたの心の整理をするための参考にしてください。

離婚を目指せない事が女性の心を不安定にする要因。

「夫と別れたい」と悩む時にぜひやってほしい対処法も併せて伝授します。

「旦那が嫌いでたまらない…でも離婚できない…」と思う方のご相談

「どうしてここまでして一緒に夫と居るのかが分からない」(30代/女性/M様)

(30代/女性/M様)
(30代/女性/M様)
夫と結婚した当初は私も確かに幸せを感じられていたのかもしれません。
だけど、結婚生活が続くにつれ、徐々に夫の本当の姿が見え隠れしてきたのです。
言葉を発せば、「おい!」「お前な」と私を何とも思っていないような口ぶり。
そして、付き合っている頃からずっと隠されていた独身時代の夫の借金が見つかりました。
どうして結婚する前に言わなかったのか、それも他人に借りているお金は一件だけではありませんでした。
結婚して10年以上一緒にいますが、返済はまだ完了していないのです。
確かに、こちらの生活が苦しい状況であれば、相手は返済を待ってくれます。
だけど、自分の目の前に人から借りているお金の事実があるだけで、生活が苦しく感じてしまい私の心を悩ませるのです。
「どうして私は幸せになれないの?」「この人と結婚したことは間違いだった?」と考えることは日常茶飯事となっています。
周囲を見れば、友達夫婦は何も問題がなさそうで、いつも仲が良いから悔しくて堪りません。
私も幸せになるために結婚したのに、隠し通してきただろう嘘をどうして一緒になってから伝えてくるのかが分からないのです。
私が夢見ていた新婚旅行や家族旅行にも行ったことがありません。
「どこにそんなお金があるの?」「お前も働いて返すお金がなくなってから言え
」など、いかにも私が借金していたように話してくることもあります。
夫と早く離婚したくて堪りません。
金銭面以外でも、借金があるから子供はいらないと言われています。
結婚前には、お互いに子供が何人欲しいのかまで話し合ってきていたのに…。
私の女としての幸せをすべて夫に奪われている状況です。
最近では、私の年齢的なこともあり本気で離婚したい思いを夫に伝えました。
このままでは自分の子供を本当に望めなくなってしまう…。
私は自分の子供が欲しくて堪りません。
どうして夫に私の幸せを奪われないといけないのかも分からず、この先夫婦で笑い合っている光景が見えないことに苦しさがあります。
まだ私は30代で幸せを願いたくて、望みたい年齢です。
どうして離婚してくれないのか、私が強制的に動いてもその後にどんな行動を起こしてくるのかが分からないから私の考えだけで突っ走れない自分もいます。
何がしたいのかも分からず、何なら許されるのかも分かりません。
私は幸せを望む権利がないのかな?
まだまだ人生においての幸せを感じたいし、普通の生活でもいいから家族で笑って暮らしたい…。
どこまで我慢すれば私は幸せになれるの?
望んでいる事の違う夫とはどうしたら別れることができるの?
夫とは話しもまともにできない、私の話すことに耳を傾けてくれない人です。
一緒に居続けることが苦しい。
今でも二人が一緒にいる意味が私にはまったく分かりません。
裏切られている気持ちが強い私は、このまま何も得られないまま働き続けて夫の借金を返済する生涯となるのかな…。
誰かに助けて欲しくて、手を差し伸べてほしくて、夫から逃げたい気持ちでいっぱいです。

「旦那と何をしているのか分からない…ただ子供がいるから」(20代/女性/F様)

(20代/女性/F様)
(20代/女性/F様)
私たち夫婦は結婚4年目。
子供も二人いて、周りから見れば「幸せそう」「結婚上手くいってるんだね」と言われる。
だけど私にとって今の生活は苦痛でしかない。
毎日のようにエッチをすることばかり頭にある旦那。
エッチをするためなら、子供を早く寝かしつけることも自らが行う。
私の本音は、「まだ子供に起きていてほしい」そう思わないと、旦那とエッチしないといけないから。
どうしてそこまで性欲があるのか分からない。
愛し合っているからお互いに体を求め合うものじゃないの?
私にはもう愛情なんてないし、触れられたくもない。
旦那は本気でよその女と不倫していたから。
不倫中も私の体を求めてきていた。
不倫をきっかけに離婚の話しを持ち出したこともある。
だけど、旦那は「子供と離れたくない」「子供のためには離婚できないだろ」と言ってくる。
子供を都合よく使わないで欲しい。
子供とした約束を守ることもないし、自分の気分を優先する旦那は「面倒くさい」と何か月も前から予定していた家族で出掛けることも平気でキャンセルする。
一年に一度しかない子供の運動会もその日に行くかどうかを決める。
前日までは子供に「パパ楽しみだな」と言っているのに、どうして平気で行かないという選択ができるのか。
子供はパパとの約束だからずっと待っているし、その場に来ていなくてもまだ上の子は4歳になったばかりだからか分からないけど父親を責めることをしない。
本当に私はどうしてこの人と一緒にいるのか分からない。
いつか絶対に子供に深い傷を負わせる予感がして堪らない。
私は我慢できたとしても、子供を傷つけないで欲しい。
何度旦那と話し合っても、結果は同じようにしかならないから、もう期待すらできません。
「次からちゃんとするから」「お前らが一番大切だから傷つけることはしない」と事あるごとに何度も聞いてきた。
でも結果はいつも同じ。
旦那の嫌なところを挙げればキリがありません。
家族で出掛ける予定を立てていると、いつの間にか姑を呼びつけているから私が心の底から楽しめることは少ない。
「どうして?」と思うことが数えきれないほどあり、それを平気でやっている旦那が憎くて堪らないと感じる。
結婚は恋愛の延長線でないことは理解している。
だけどあまりにも酷すぎるよ…。
私はいつまで我慢すればいいの?
毎日幸せを感じられるような生活を高望みしているわけでもない。
ただ、家族が心の底から笑い合える状況が欲しいだけ。
家族という形を私が望み過ぎているの?
周りを見れば、お父さんは張り切って子供の行事に参加して、触れ合っている光景がある。
どうして我が子なのに笑顔にさせてあげることができないの?
子供のことで本気で言い合った日でも、エッチになれば旦那は別問題。
普通に求めてくるけど、私はそれに応えることができない。
感情のないエッチをして、何が楽しいのか分からないし、本当に馬鹿だなと思う。
朝起きれば「また一日が始まるのか」と最近は気分が乗らなくて、何もする気になれない。
スーパーや子供と遊びに出掛けても、どうしても無意識のうちに他の家族を見ては「良いな」と感じてしまう。
自分に何が足りないのか考えて試行錯誤してきたけど、結果として旦那が変わることはなかった。
どうすれば私と子供は旦那を嫌いにならずに済むの?
私は旦那の言う事だけを聞いていればそれで良いの?
じゃあ、子供はどうすればいい?
これから色々な事が分かり始める年齢に差し掛かるのに私はどう対処すればいいの?
誰かに旦那の扱い方を教えてほしい。
離婚が許されないのであれば、もうこのまま傷を深めて行くことだけを待てばいいのかな…。
傷を負うことばかり…そんなこと私は望まないし、子供には絶対にしたくない。
私にとって子供は何よりも大切な存在だから…この子たちがいるから今、頑張れているのに、あの人に傷つけられたくない…早く旦那に死んでほしい。
離婚を望めないのなら、私には旦那に死んでもらう事しか願うことができません。

「私は旦那の何?もう疲れた」(40代/女性/R様)

(40代/女性/R様)
(40代/女性/R様)
私は旦那の「ここが嫌い」とはっきり一番嫌いなところが言えません。
今ではもう存在を見るだけでも嫌で仕方ない。
どうして一緒に生活しなければならないのか、旦那と同じ空間にいたくなくて出ていきたいのに、子供を置いて出ていくことができません。
高校生の娘は思春期だからか、ご飯を食べるときも家族で一緒に食べようとしないのです。
最初の頃はこの家族の光景を見て苦しくなり、悩み続けていたけど、今となっては丁度良いと感じてしまいます。
娘が一緒にいれば気を遣うことも多くなるから、いないことでありのままの自分でいられる。
旦那とは目も合わしたくないし、話しもかけないで欲しい。
旦那と一緒にご飯を食べる時には、食事が全く喉を通りません。
食べたいのに、食べられない。
結婚して娘が産まれてから旦那は変わった。
それまでは優しくて、夫婦での会話も楽しくできていた。
それなのに、娘を産んでからは育児に協力してくれない、だからといって家事を手伝ってくれるわけでもない。
私が体調悪くても、代わりに娘を抱っこしてくれることもなければ、実家に帰らせてくれることもありません。
一番苦しくて、辛くて、誰かの協力を望んでいるときはいつだって私は一人で孤独。
娘が小さい時には、「これが母親の使命なのかな」と感じていたこともあった。
だけど、どう考えても違う。
子供を一緒に育てる意思がないのなら作らなければいい。
今も一緒にいなくても良い。
だけど、私が離婚できないのは、自分が働くにしても娘にまだまだお金がかかるから。
娘には私の我儘で不自由な思いをさせたくないから、今は踏ん張り続けていられる。
それでもいつかは私に限界が来てしまうことは分かってる。
その時にどうしたら良いのか、娘に話すべきなのかも悩んだけど思春期だからなかなか言い出せない。
「これやっといて」「なんでこんなことが出来ていないんだよ」と言われることも。
あなたの為に私は生きていないし、休む時間が必要なことが分からないの?
深夜でも平気で叩き起こされ、ご飯を作っている状況でも旦那が言ったことをすぐにやらなければ怒鳴りつけられる。
どうして私に自由がないのか、自分の考えで優先順位を持つことが許されないのか分からない。
昔みたいに手を出されることはなくなったけど、怒鳴りつけることは変わらず続いている。
いつ、また暴力を振るわれるのかも分からないから、ただ旦那に従うしかありません。
心は疲れ切っているのに、旦那の前では動くことができる。
本当は正気な状態ではないのに、旦那の前ではいつも通りで居られる。
私が不機嫌そうにすれば何か言われる。
口答えすれば倍以上で返ってくる。
旦那のことが嫌いで憎いのに、死ぬまで一緒なのかと考えると私の人生は何のためにあるのか分からない。
私は誰のために生きて、自分自身をどこで失ったのか。
毎日が苦しくて、辛くて、悲しい。
逃げる場所もない、そんな勇気もない。
年齢が邪魔することもあるけど、何よりその先を考えてしまうと行動できません。
助けてくれる人なんていないのかな…。
期待するだけ無駄で、辛抱することの方が正解。
辛抱した先に良い未来が待っているのは、死ぬことがあるからだろうか。
私の幸せはきっと死ぬまで訪れない。
スポンサーリンク

嫌いな旦那と離婚したいけど出来ないと思う方への僧念師匠のアドバイス

M様へ「旦那様のご機嫌取りだけを考えてはいけません」

僧念師匠

M様は自分の感情を押し殺しながら生活を送り続けていることで、結婚生活に苦しさを感じているのですね。

結婚して態度が急変するという男性は少なくありません。

それに対して奥様の方が旦那様の言いなりになり、心が癒されず家庭内で何を望めば良いのかさえ分からない瞬間があります。

しかし、M様にも希望としていることが日常生活の中で大小関係なくとも抱くものはあるのです。

その気持ちを「自分が幸せになるために」と大きな希望を抱えて望むのではなく、家庭を回す一つの考え方にしましょう。

レーマンの言葉に”悪妻を持つ男に悪魔の必要はない。”とあります。

M様が「これをやってしまっては旦那を裏切ることになる」と感じることをやってみること。

それはアナタたちの関係性が夫婦だからこそ許されるものです。

もちろん浮気や借金など、人として相手を傷つけることを行ってはいけません。

軽い気持ちで、「今日は手抜きのご飯をバレないように混ぜよう」「掃除したことにしておこう」と生き抜く時間が大事です。

我慢する日常は、M様ばかりが耐え頑張っていると感じるから、苦しさがどんどん膨らみ、吐き出せなくなります。

男性は安定を求め、家庭の変化こそ恐れるものです。

お子さんが欲しいのに叶えてくれない現実に限界を感じているのであれば、子供を想像させることも日常の中に盛り込みましょう。

金銭的に旦那様がお子さんを欲しがらないのは、一つの言い訳です。

M様が本気で子供を欲しがり、「その為であれば何をするのか分からない」と思わせることも大切であり悪妻になれること。

一つの安心感や安定が旦那様に新しい未来を描かせない原因です。

気持ちを言葉にして伝えていくことも大切ですが、M様の方から行動を変えていき、徐々に旦那様に変化を求めていきましょう。

M様の心に余裕ができた時には、旦那様があなたに対する接し方も必ず変わり始めます。

「今日はどこかに出掛ける?」「何か手伝おうか?」など、男性ほど女性の変化に不安を感じることはありません。

男性は、女性が目の前で変わっていく姿ほど、自分に起こるどんな試練よりも不安を大きくさせます。

「俺の事を見てくれていない…」「どうして急に変わったのかな」と自分に分からない事だから寂しさゆえの不安を抱くものなのです。

F様へ「夫婦でも同じように心は成長しない」

僧念師匠

F様は旦那様の行動や言葉に日々悩まされ、その機会が多いからこそ苛立ちが募っているのですね。

F様にとって我が子ほど守りたいものはありません。

それが旦那様との認識の違いであり、意識の持ち方での大きな差。

男性は自分自身がお腹の中で愛情を注いで来たわけでもなければ、都合の良い時にしか育児には参加しないということも許されるのです。

女性は、男性に期待するがゆえに裏切られることになる。

「こうしてほしかった」と思うことは一緒に生活を送っているからこそ抱くもの。

しかし、愛し合って夫婦になっても二人が同じように心の成長を遂げるとは限りません。

夫婦では、お互いに補い合うことで良いバランスを整えられ、それが夫婦円満に向けての成長となります。

F様に出来ないことは旦那様がサポートする。

旦那様にできないことはF様がサポートしなければなりません。

夫婦間に何も問題や不満を抱えていない人はいないのです。

F様が他人夫婦を見て羨む状況でも、本来の家庭の姿は見えてこないもの。

どの家庭も自分の望み通りにならないからこそ、少しでも「変えたい」「変わりたい」と思いながらそれぞれが試行錯誤します。

しかし、F様の家庭では子供を裏切る父親と体を求めてくる行為が最も気がかりで憂鬱なものとなっていますよね。

それは旦那様の意識を変えなければ、何も変えられないと言うわけでもないのです。

結婚した男女はそれぞれが変わらなければなりません。

一つの家庭を築くため、家族を自分たちの手で守るための方法を探し出したいのです。

旦那様と結婚する前には、「こんな人だとは思わなかった」と感じることもありません。

結婚して状況が変わり、F様が望むことも変わっているから不満を感じます。

毎日の営みが何の為のものなのか。

子供への嘘がこの先どんな意味をもたらすのか。

旦那様の行動に関して意味を感じないからこそ、どんどん嫌いになっていくばかりとなるのです。

旦那様と自分は同じ価値観を持たないこと、物事を見る着眼点が違っていることをまずはきちんと知る必要があります。

旦那様であるから諦めたくない気持ちもありますが、夫だからこそ彼自身を知ることは必要となるのです。

R様へ「期待という不安を抱くよりも希望という強さを持つ」

僧念師匠

R様は旦那様に言われたことを素直に受け入れないけど、聞く姿勢は持っています。

夫婦は簡単に離れられるものではないから、何かを追求しなければならないのです。

相手を理解すること、自分を表現すること。

R様は旦那様の願いを叶えるためには行動を起こせるけれど、恐ろしさがあるから自分の感情を出せないまま。

R様の生活サイクルの中に自分の為にだけ使う時間や集中できるものを見つけましょう。

R様の心を壊さないためには、あなたがまずリラックスできる環境を整えてください。

「何を言われるのかが怖い…」「どうなるのかが不安だから言えない」という気持ちを最初は抱いていても問題ありません。

生活の中にR様が自分の気持ちを保つために行動できることがあれば、心の保ち方が変わります。

「今日も言われた」ではなく、「ここまで頑張ろう」「まあ、いいか」と思えることが増えてくるのです。

”夫婦というものは、それを構成する二人の人間のうち、低いほうの水準で生活するものである。”とモロアは残しています。

R様と旦那様は形式上は家族ですが、どこまでいっても血の繋がりはありません。

違う環境で育ち、違う物事を見て成長しています。

そのため同じ場所に立ちたくても、どちらかに合わせないとできないことも。

夫婦は家族を作るための基本、共同作業の相手であり、いつまでも同じ場所に立っていられない状況でもあります。

旦那様がR様に向かって放つ言葉は、時に自分を守る為の行為として使っている可能性も挙げられるのです。

男性はプライドの高い人間であり、身近にいる相手に程強い自分を見せたいもの。

それが言葉や態度として出てきているから、女性は口答えできなくなり、自分自身で抱え込むだけで相手に何かを求めることができなくなります。

それでは夫婦関係を築くことはできません。

R様が水準の低い旦那様に「こうすれば良かったのかな」と相手の事を考えながら行動を起こすことで夫婦の形は変わってくることもあります。

威圧的な攻撃をされている状況ほど「どうして私が」と思うことももちろん出てくるのです。

しかし、夫婦関係はL様の将来の幸福に繋がるものですから、今のから少しずつ変化をもたらす努力を必要とします。

スポンサーリンク

妻が旦那が嫌いになる理由

価値観が合わない

妻が旦那を嫌いになる理由は、価値観が合わないことが挙げられます。

「どうして分かってくれないの?」「どうしたら上手くいくのか分からない」「こんなお金の使い方をされたら困る…」などと旦那に対して不満を持つ女性は少なくありません。

夫婦一緒になり、お金を共有財産にしていてもぞれぞれの価値観を急に変えることは難しく、金銭の使い方が違うこともあるのです。

お互いに生まれ育った環境が違うことで、「俺はここにならお金をいくら使っても無駄だとは思わない」ということ。

夫のお金への考え方に賛同できないけれど、それを一緒に管理している妻からすれば不満となり表に出てきます。

お互いの価値観が違うほど、目につき、気になって仕方ありません。

誰もが自分のやり方が正しいと思っているからこそ、相手が間違っていると思うのです。

それは、どちらか一方だけが我慢し続けることが解決策にはならないことで、不満ばかりが募り、感情で相手を嫌いになってしまうこともあります。

大人になるほど、相手の生き方に合わせられないから苦しくなることも多く、不満を十分に出しきれません。

家庭を築く相手だから女性は一生懸命我慢しようとします。

自分よりも下に見てしまうから

自分よりも下に見てしまうことは、妻が旦那を嫌いになる理由です。

夫婦になれば、お互いの性格も分かり、一つ一つを自分と重ねて見てしまうことがあります。

どうしても女性よりも男性の方が家庭を築くにあたり、考え方が甘いことが多いのです。

家庭内の事を把握しているのは妻であり、女性は目の前のことだけでなく、将来の事を常に考えられるからこそ旦那を下に見てしまいます。

意識的に見下しているわけではなく、「どうして要領良くできないのかな」「今これやっても後で同じことをしないといけないのに」「今必要な事は絶対にこっちだよ」と思うことも。

しかし、女性はそれを旦那の前でその都度伝えることはありません。

それは男のプライドの高さを知ってしまっているから。

「言えば喧嘩になる」という考えに行きつくから伝えたい事であってもすべてを口にはしません。

自分の考え方よりも見えてないことが多い旦那を自然と下に見てしまうことで「頼りない」「私がやった方がまし」と考えます。

存在自体を受け入れたくないと思う

妻が旦那を嫌いになる理由は、存在自体を受け入れたくないと思うからです。

夫婦であればお互いにだらしない一面を目にすることもあります。

お互いの意識が恋愛状態のままではないからこそ、かっこつける場面もありません。

「ずっと休日ゴロゴロしている夫が目ざわり」「旦那のご飯の食べ方が汚い」など、毎日の生活の中から見たくないものまで見えてくることがあるのです。

旦那の直してほしいところの積み重ねが女性にとっては嫌いになる十分な理由として挙げられます。

「家の中にいたら邪魔」「休みの日でも家に居なくていい」「自分の好きなように予定を立ててくれればいいのに」と感じる妻は少なくありません。

女性が自立しているからこそ、旦那の存在を求め過ぎずにいられます。

「家族でいつも出掛けたい」と感じている妻は、旦那の嫌な一面を見たとしても、他の部分でカバーできているのです。

嫌な部分を上回る優しさや愛情がなければ女性だって愛想を尽かすこともあります。

女性が旦那が嫌いでたまらない…と思っても離婚できない女性心理

夫に反抗する力が有り余っていない

女性が旦那が嫌いでたまらないと思っても離婚できない女性心理には、夫に反抗する力が有り余っていないからだと言えます。

「旦那に何を言っても聞いてくれないから」「夫婦で話すことの方が精神的に疲れを感じる」という女性はたくさんいるのです。

夫婦で築いてきたものがあっても、そこまでの道のりで女性はいくつもの経験をしています。

それは男性からしても同じ。

しかし、男性は女性のように物事を深いところまで考えようとはしません。

その場が難なく過ぎていけば大丈夫だという考えを抱いているから、同じことを繰り返し行います。

女性は家族のために、家庭を守るために常に様々なことを考え、行動を起こすことの方が多いのです。

それをいつまでも旦那の為だけにやってはいけないから、相手に注ぐ力を持つことができずにいます。

自分の考えだけで進めること、旦那の意見は必要ない、無駄だと感じるから余計なところで力を使いたくはないのです。

「なかなか話しの内容を分かってもらえない」「説明することに時間がかかる」「一つの話しを持ち掛けても、話しが二転三転して定まらない」となれば話すことが疲れに繋がります。

離婚したい事を伝えても「どうして」「なんで」と同じことの繰り返しで、理解してもらえないと感じるから話すことさえ苦痛となるのです。

先に見える不安が強い

先に見える不安が強いのは、女性が旦那が嫌いでたまらないと思っても離婚できない女性心理に挙げられます。

「離婚したら家計が苦しくなる」「まだ子供にお金がかかるから今は我慢しないといけないのかな」と離婚をしても人生がそこで終わるわけではないから、女性は悩むのです。

離婚することが簡単にできても、その先にある未来に不安を大きくする女性は少なくありません。

「自分一人の力で家族を守ることができるのか」「これからどれだけのお金が必要で月にどれほどのお金がいる?」と生活に直結することだから離婚を躊躇う理由になります。

自分が抱く感情のままに行動を起こせたら、それほど女性を救えるものはありません。

しかし、離婚しても生活を支える責任が女性にはつき纏うからこそ、旦那のことが嫌いでも我慢し続けます。

子供に悲しい思いをさせられない

女性が、旦那が嫌いでたまらないと思っても離婚できない女性心理は、子供に悲しい思いをさせられないからです。

「子供にとって父親は必要だろうな」「子供からパパを奪うことはできない」と考える女性は多くいます。

自分たち夫婦で作り上げた家庭だからこそ、大人の我儘で子供と親を離れさせることに苦しさを感じるのです。

子供は親の感情や気持ち、行動をすべて見通すことはできません。

母親こそ、子供には不要な部分を見せたくない気持ちが強いのです。

そのため、旦那と離婚したくてたまらないと考えが過っても、即行動できるものとはなりません。

「子供が責任を感じたらどうしよう」「子供から父親を奪ったらどうなるのかな」と毎日一緒にいて、失くしたことのない存在だからこそ奪ってしまうことに恐怖があります。

あなたが大事にしている我が子の存在だからこそ悩み続け、「奪ってはいけない」と思ってしまうのです。

旦那が嫌いで離婚したいけど出来ないと悩む時の対処法

生活の中に自分自身の感情を解放することを取り入れる

旦那が嫌いで離婚したいけど出来ないと悩む時の対処法は、生活の中に自分自身の感情を解放することを取り入れましょう。

女性は家庭へ感じる責任感が強いから、自分の感情は常に後回しとなるのです。

「私がここで感情的になると家の雰囲気が悪くなる」と我慢する。

女性の多くは自分に言い聞かせるように溜め込む傾向があります。

旦那が嫌いでたまらない時には、毎日の生活の中で一日5分間だけでも、自分自身の気持ちを整えるようにしましょう。

その方法はあなたが毎日続けられることで行います。

毎日ジムで体を動かすことができない人が、出来ないことをやってしまうと、次はそのことがストレスへと変わるのです。

瞑想や深呼吸、好きな匂いのお香を朝いちばんで焚くなど、自分に合った方法で実践してみましょう。

自分の中で心を整える行動を取れる時間があるだけで、気持ちに変化をもたらします。

誰のことも考えず、自分のことだけに集中する時間です。

一人の時間として毎日の生活リズムの中に取り入れることができれば、そこがあなたにとっての癒しとなり、力を与えてくれるものとなります。

不満を書き溜めて捨てる

不満を書き溜めて捨てることが、旦那が嫌いで離婚したいけど出来ないと悩む時の対処法です。

「旦那が本当に憎いぐらい嫌いでたまらない」「旦那の気持ちに余裕のないところが本当に許せない」など。

日々の中で溜め込んでいる旦那に感じている不満を自分の中でだけ募らせることは辞めましょう。

人間の心にも限界はあります。

溜め込み、吐き出せないことは心を乱す要因となり、それがあなたの生活に表れるようにもなるのです。

悲観的になったり、自信をなくしてしまったり、どんどん悪い方向に進み兼ねません。

そのため、あなたの中に抱いている感情を字に起こし、一度その内容を受け止めてください。

受け止めたものは、何日間も引きずらないように捨てましょう。

吐き出すことを行動に変えればあなたが意識していなくても、気持ちは軽くなります。

自分の目で見て、感じることを大切にしましょう。

吐き出せない状況は辛いものへと変わるので、どんなに小さなことでも書くことをしてください。

「こんなことも?」と笑ってしまう内容があっても良いのです。

吐き出す時には、目いっぱい感情を解放してください。

家族以外の繋がりを大事にする

旦那が嫌いで離婚したいけど出来ないと悩む時の対処法は、家族以外の繋がりを大事にすることです。

旦那のことが嫌いになると周りのことが良く見え、そこに壁を感じてしまう人もいます。

しかし、旦那を嫌いになって一緒にいることに苦痛を感じている状況こそ、周囲に目を向けることが大切です。

自分の周りばかり見ていては、悲観的になり常に負の感情が押し寄せます。

あなたの周りにいる友人や両親など、人との繋がりを大事にする意識を持つことが大切です。

今は、旦那のことが嫌いで思うように笑うことができなくても、周りから与えられるエネルギーは必ずあります。

あなたを安心させてくれるものなのか、勇気づけられるものなのか、相手によっても様々です。

だからこそ、色々な人との繋がりを重要視しなければなりません。

旦那が嫌いでたまらない時こそ、自分の周りにもっと目を向け、そこから得られるエネルギーを十分に吸収していきましょう。

僧念師匠のワンポイントアドバイス

僧念師匠

毎日顔を合わせる旦那を嫌いになった時には、日々の生活に苦痛しか抱けないことが多くあります。

それでも我慢し続けて、一緒に生活を共にしないといけない夫婦は少なくありません。

しかし、いつまでも一人で抱え込むことは精神崩壊を招く危険があり、その先の未来を壊すものとなる可能性も。

旦那が嫌いになった時には、あなたが自分を責めるのではなく、相手に求めている事や求められている事、一緒にいられない原因を改めて見つけることが必要です。

自分の毎日の生活にあることだから考えを変え、新たな感情を抱ける日常に変えていきましょう。

一つでも何かを変えることができれば、これまでのような苦痛ばかりとはならないので、一つ一つを積み重ねる意識を持つ心掛けを大切にしてください。

未来が好転する?衝撃の占い【フューチャーオラクルカード】



こちらの記事を読んであなたの悩みや不安はなくなりましたか?

もしも、「まだ不安がある…」「悩みがまだ消えない…」というのなら、当サイトおすすめのオラクル鑑定士「鳳条先生(ほうじょうせんせい)」の未来が好転するフューチャーオラクルカードをお試しください。

micane公式LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

micaneの占いは楽しんで頂けましたか?

「micaneの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、micane公式LINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@ではmicaneで活躍する占い師の中でも、最も人気のある聖子先生が「恋愛運」「結婚運」「金運」「仕事運」「妊娠・出産・子供運」「健康運」の中であなたの選んだ運気を無料鑑定!また定期的におすすめの占いを配信致します!

生年月日と簡単な4択だけで今すぐ鑑定できるので、是非試してみてくださいね!

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事