占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

ウィズコロナの時代、新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのならアカシックタロットを試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

「職場のいじめに立ち向かう気力がもうなくなった…」「会社でいじめられている…」「毎日仕事で嫌がらせ行為を受け続けていることが辛くて堪らない…」というあなたへ。

職場でいじめられるタイプ、いじめられた経験や今苦しむ人の為に、大人いじめへのアドバイスや対処法をご紹介します。

子供の頃のいじめとは違う、大人いじめ。

逃げ出せない、逃れられないものだから「耐えるしかない」と一人で抱え込み、気持ちがボロボロになります。

しかし、大人いじめにも特徴や対処法が必ずあり、それを実践する勇気を持つことも大切です。

いじめられている状況、その環境が自分の中で当たり前の行為となり、我慢し続けていることに苦しさを感じないことはあってはなりません。

なかなか一人では立ち向かう事の難しい問題だからこそ、一人きりで抱え込まないようにしましょう。

あなたが無理なく行える、気持ちが少しでも前向きになれる手段となれば幸いに思います。

「職場でいじめられてる…どこの職場でもいじめられるタイプだ…」と思う方のご相談

「私はどこの世界でも他人の目障りになる存在」(20代/女性/H様)

(20代/女性/H様)
(20代/女性/H様)
私は入社して3年目ですが、ここ最近では自分の存在を否定されているようにしか感じられなくなってきた。
仕事だから任された仕事は当たり前にする。
だけど、それを毎度否定されるかのように「なんでこんなものしか出来上がらないの?」など、何をやっても文句を言われる。
終いには、私が任されたと同時に他の社員が同じことをやっていることに気付いた。
私に頼む時点で他の人のものが通ること。
それを知っていても私は言われたことをこなさなければいけない。
「何の為に私はしているの?」「必要ないよね?」と毎回感じながらやっている。
やらなければ言われる、言われたくないからする。
今の私には何も求められていないことは分かる。
周りの人の視線に苦しくなり、体調を崩し何日間か寝込んだことも。
だけど、逃げてばかりではいけないから出社するけど、私の存在はここにないと感じるようにあしらわれている気がする。
これだけ自分のやった事がないものとされ、挙句の果てには存在自体がなくなる会社。
もう何を頑張ればいいのかさえ分からない。
別に私は高い評価を上司に求めているわけではなくて、ただ仕事仲間の一人として受け入れてもらえるだけで嬉しいと思えるはず。
それさえ認めて貰えないから、何をすればいいのか分からない。
会社を辞めてしまえば、この問題は解決することかもしれないけど、転職することも恐怖に感じる。
私はどこにも通用しない人間で、何をしても他人の邪魔にしかならない。
じゃあ、どうすればいいの?
何が正解のやり方で、どこで間違っているのか誰かに教えて欲しい。
それに私が気付けていないから、言われないと分からないの。
だけど、これ以上自分を否定されることを受け入れるほど、強い心を持っているわけでもない。
自分の発する言葉が人の迷惑になり、行動が邪魔をする。
何もできない自分に情けないと感じることもあるけど、現状以上のことを自ら求めることの方が怖い。
心は簡単に傷つき、抉られていく。
だって人間そこまで強い人ばかりではない。
みんなは私を馬鹿にしたような目で見てくるけど、その目に怯えている人の事を見て笑えている人たちが恐ろしい。
恐怖心・喪失感・劣等感どれもをこれまで感じてきたけど、もう何も感じられないほど、私の心は苦しくて、逃げ出したくて、死ぬことさえ選択肢の中にある。
誰も認めてくれない世界では上手く生きてはいけない。
笑われるためにこの会社に入ったわけではないし、自分の心を押しつぶすことを願って好きな仕事に就いたわけでもない。
私に向けられるのは「もう邪魔はしないでくれ」「何もするな」「目ざわり」「触るな」と視線を見ただけで相手が思っていることを察知できるようになった自分に悲しくもなる。
いじめられて心が傷んでも、どうして人間って人を求めたくなるの?
私を見て欲しいとか、もっと受け入れてほしいと他人に縋ろうとする気持ちが出てくるのかな…。
ここまでには、人の視線が怖くなって誰とも会話ができないほどにまで陥った経験もある。
誰かに背を向けることが怖くて、何度も振り向いて、立ち止まってと自分が自分でいられないことに恐怖を感じて、毎晩泣いてきた。
それでもいつでも、自分の存在を認めてほしいと願ってしまう気持ちが全くなくなることはないの。
「いつかは」と願った日だってある。
もちろん見事にその気持ちは打ち砕かれてきたから、今は苦しさよりも絶望感の方が強いし、孤独を感じているというよりも、自分の存在は誰にも見えていないと感じる。
助けて欲しいけど、誰も味方になんてなってくれない。
群がることが好きな日本人には、いくら「辛い」「助けて」と縋っても手放されて終わり。
もうこの人生に期待なんて抱けないし、仕事は私を滅ぼすためにある場所としか思えない。

「私はどこに行っても受け入れてもらえないのかな」(30代/女性/K様)

(30代/女性/K様)
(30代/女性/K様)
私はシングルマザーになり、仕事を何度も変えてきました。
融通が効かないことが原因であったり、仕事の内容を見てもらえずにただ環境のせいにされることであったりとなかなか上手くいきません。
シングルマザーであることは確かに働くには、経営者側からすれば不安になることは理解しているけど、私にも生活があるから働かざる終えない。
小さい子供を抱え、3人の子を持つと、シフト通りに毎回出勤できるとは限りません。
体調が悪くなった時には保育園に受け入れてもらえない、発熱の症状がでると迎えの電話が職場に掛かってくることもあります。
自分の環境を理解してもらうことは難しくても、すべてを子供の体調で休むことや早退だけで見てほしくはないと感じるのは、私の我儘でしかないのかな…。
突然休むことで周りの人に迷惑を掛けているのは分かっているし、申し訳ないと感じているから、誰かが休みを希望すれば「その日に入りましょうか」という言葉も自ら発します。
自分が迷惑掛けている日があるから、率先して行うし、仕事で手を抜くことは絶対にしなかったのに、「やっぱり一人親は」「子供の管理ぐらいしっかりしろよ」「本当は子供を理由に自分が休んでいるんじゃないの」と言われたこともあるのです。
だから、子供の行事に参加したくてもしなかったり、勤務時間が終わってもギリギリの時間まで働いている事の方が多くありました。
今の職場に限らず、前の仕事先でも同じようにしてきたのです。
何がダメで、どれなら許されるのか分かりません。
協力者のいないシングルマザーは働きに出たらいけないのかなとも考えてきたけど働かないとどうにもならない。
だから職場の人に向けられる言葉に傷つくことは毎日のようにあるけど、頑張ろうと思うこともできてきたのです。
ただ、私の心はいつまでも保ち続けられることばかりではありません。
出勤すれば「最近子供の体調管理が出来ているなら、その調子でしっかりやってよ」と親でも無理なことを言われてしまう。
職場でのストレスで子供に当たってしまうこともあります。
「お願いだから熱を出さないで」と子供に言ってしまう自分も。
仕事内容で手を抜いているわけでもないし、どうにか仕事で認められようと勉強もするし、お客さんとのコミュニケーションは大事にしてきました。
だけど、何をやっても必ず心無い事を言われてしまいます。
「お客さんとの距離感が近すぎるんじゃないの」「雑談が多すぎる」とか、仕事としてやっていることでさえ認めてもらえない。
同じ職場には、私と同じようにシングルマザーの人はいます。
だけど、その人達は親と同居をしている人や子供に何かあった時には動いてくれる協力者がいるのです。
私は親が協力できないから、自分でやるしかありません。
仕事を持つ祖父母がいて、自分がシングルマザーだとどう頑張っても受け入れては貰えないのかな…。
もちろん周りの人たちは昇給もしているし、プチボーナスも貰えている。
私は休むことがあるから貰えない…。
それを見せつけないで欲しいし、どうして言葉にしてくるのかが分からないです。
予約商材では誰よりも売約を獲得した実績を残しているのに、そこに関しては評価されません。
「色目を使って獲得したもの」「誰かに頼み込んできただけでしょ」と全く認められることがないことに苦しさを感じます。
何をやっても認められなくて、育児でさえも否定されているような状況で本当に逃げ出したいくらい毎日が辛くて堪りません。
みんなは何を見ていて、私に向かって言葉を放っているのかが分からない。
心が落ちて、これ以上状況を変えたくても、条件の悪い私ではなかなか雇ってくれる所はないから、ここで踏ん張るしかありません。
だけど、心が折れそうで、私は気持ちを保つ方法が分からず、ただ苦しいです。
「行きたくない」「辞めたい」と思っても生活のために続けなければならないから、自分が自分でいられなくなるような気がして怖くて堪りません。

「俺の行っている場所はただ気力を失う職場」(30代/男性/J様)

(30代/男性/J様)
(30代/男性/J様)
俺はこの会社に入ってもう10年が経ちます。
入社当時は本当に「いい会社だな」「ここに入って良かった」と思えていました。
だけど6年前に上司が変わり、その日からは地獄の日々でしかありません。
何かを率先してやろうとしても馬鹿にしたような言葉で止められることもあります。
会社の飲み会の場では、説教が始まってしまう始末。
それでも不参加という事にはできないのが現実です。
上司に気に入られれば問題なくやり過ごすことができます。
俺は気に入られることはなく、何をしても文句を言われ、大事な会議ほど出席させてもらえません。
これまでは次々に新しいことに挑戦させてくれる上司でした。
今の上司は、本人が気に入っている、口答えもなにもしない、ただ言われたことをやっている者だけが成長させてもらえるシステム。
仕事以外のところでも、トイレが同じタイミングになれば「仕事もできないのに休憩か」と言われ、ミスをしてしまえば物が飛んでくることもあります。
「大人の世界にあるいじめなのかな」と気付き始めたのは、ここ最近です。
それまでは、ただ俺が何もできない奴だから仕方のないことだと感じていました。
ただ、周りを見ると俺よりも出来ない奴はたくさんいて、まだ自分は仕事ができる方。
それなのに色々言われて、肉体的にも精神的にもつぶれそうなほど苦しい状況です。
俺のプライドとして相手には弱っている姿を見せたくなくて、何も感じていない振りをすることが当たり前になっています。
部署内が上司の言うことは絶対だから、俺に話しかけてくる奴もいなければ、誰も近寄ろうとはしません。
学生時代とかにあるいじめと全く同じ状況です。
違うのは、自分の心を守れる器量ができていること。
それに俺は自信を持っていたのです。
「いつかは終わる」「自分が認められれば必ず変わる」と思っていました。
ですが、俺の心の方が先に沈みそうで最近は不安で仕方がありません。
いつまでも耐えられるほど人間強くはない。
どれだけ仕事が好きでも、自分を蔑む言葉を毎日掛けられ、「何言われるのか分からない」「何をされるのか分からない」という状況ではいくら自分でも対処しようがありません。
出勤するときには、胸が苦しくなることがほぼ毎日で、休日にはゆっくりできる安らげる時間がありました。
だけど、休日には順番かのように部署内の人間から「ミスばかりするな」「何をしに会社に来ている」「目ざわり」など、陰湿なことが続いています。
結婚を考えていた彼女もいたけど、自分の状況を話すことができなくて、「もうあなたの事がわからない」と振られ、本当に孤独となってしまったのです。
どうしてもこの状況から抜け出せない自分が辛くて、会社に行き頑張ることに何の意味があるのかさえ分からなくなってきました。
もう生きていることが間違っているような気がしてなりません。
好きな仕事を訳も分からない奴らに奪われています。
本当に仕事をしたいだけの俺には、もうここを乗り切る自信がありません。
スポンサーリンク

職場でいじめられてる方への僧念師匠のアドバイス

H様へ「周囲を守るためにあなたの生活があるわけではありませんよ」

僧念師匠

H様は職場内で辛く、苦しい日々を送り、その中で感じている感情をどこに吐き出せばいいものなのか、それを誰に向ければいいものなのかが分からなくなっているのですね。

H様は今自分がやるべき事を考えるよりも、相手の顔色を伺い、周囲の視線を気にしながらご自身の行動を取っています。

このことは決して悪い事ではありません。

人間はもちろん、周囲の人に作られる感情や行動があります。

そのため、本来の自分ではない姿になることも少なくはないのです。

しかし、人間はどのような状況であろうと自分自身をさらけ出したくて、どうしても気持ちを理解してほしくて、寄り添ってほしいという願望は少なからず抱くもの。

願望を打ち消されるような言葉や行動を起こされることで、どんどん負の感情が高まり、自分を見失い、見つけられなくなります。

人間は一度自分自身という心を見失うと、探し出すまでに何度も同じことを繰り返し、何度も何度も心を失いながら探し求めることもあるのです。

それが自分を守る行動であり、本来のあなたを探すために必要な行い。

しかし、人は、目の前にある物事にしか視点を向けられません。

だから、苦しくなり、辛くなり、自分が必要とされていない、認められない存在だと感じます。

”世界の不幸や誤解の四分の三は、敵の懐に入り、彼らの立場を理解したら消え去るであろう”というガンジーの言葉。

H様に訪れている不幸は、職場内であなた自身が受けているいじめです。

そこには、H様自身を見てくれている人はいなく、周囲があなたを見る視線のほとんどは間違った捉え方をしています。

つまり、誤解をしながらH様を見ているのです。

相手がH様を誤解して見ているように、実はあなた自身も職場の人を間違った目で見ている可能性もあります。

すべてを完璧に理解することや受け止めることは、まったく別の人間だから難しいもの。

それでも人は、自分自身を理解してくれようと向かってきてくれる相手に対しては、跳ね除けるばかりではなく、徐々にでも受け入れる姿勢を向けることがあります。

H様からまずは相手の考えを汲み取る勇気を持ちましょう。

これまで受けた言葉や行動は、H様にとって消えることのない深い傷です。

それでも関係を切ることのできない職場では、仕事中だけでも自分を偽り、努力することも大切。

「仕事だから」と相手と接する時には、毎回心で唱えても構いません。

「仕事相手だから求められていることが何か知ろう」「言われた事以上に私が今出来ること、あの人の為に出来ることは何かな」と考え方を変えてみることで関係性に変化をもたらすこともできるのです。

K様へ「自分の良さを理解してもらおうと高望みするほど心苦しくなります」

僧念師匠

K様はご自身以外の誰も責めることのできない現状に悩まれているのですね。

職場は仕事をする場所であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

きっとお互いに色々な気持ちを抱きながら毎日顔を合わせることで、吐き出す感情を受け取ります。

しかし、どれもが確かに納得のいくことだとしても、誰もが同じ境遇にはならず、同じ人生はありません。

だからこそ、人間は支え合うことをしなくてはならないのです。

K様の職場の人は、誰もがあなたの境遇に心を寄せる人はいないのかもしれない。

それでも、自分を貫き通すことは大事なことであり、守ることは時に酷く心を傷つけることにもなるのです。

「私を理解して」と思うほど、相手に対して望むことが増えていきます。

K様の職場環境は相手が居やすい場所を提供する場ではなく、ただお金のためにやっていること。

毎日長い時間を一緒に頑張る職場仲間は確かに大事な存在です。

それでも、K様が理解されようと言葉を紡ぐほど、相手は受け入れることをしなくなります。

”なぜ、このように悪口が絶えないのか。人々は他人のちょっとした功績でも認めると、自分の品位が下がるように思っている。”というゲーテの言葉。

人間は誰かの悪いところを集中攻撃して、自分自身を守ることを当たり前に行います。

K様が周囲に心無い言葉を吐き捨てられている現状でも、真面目に仕事に向き合っているからこそ、周りの人たちはその態度に嫌気が差しているのです。

それは、自分自身がK様のように仕事をこなすことができないから。

K様が行動を起こすほど、「私にはあの人の為にやってあげた」「休むことはするのに良いところだけを取らせたくはない」という人間の悪情。

同じシングルマザーでも一人で育てながらも毎日頑張っているK様は、他の人に頼ることのできる人よりも何に対しても一生懸命であることが分かるものなのです。

できない歯がゆさがK様への嫉妬心へと変わり、言葉を吐き出してきていることもあります。

それに同調してくる周囲。

K様は自分が守らなければならないこと、やるべきことを貫くことを全うしましょう。

誰かにK様自身を潰されないように、「子供の為に働いているからしょうがない」という考えを持つ事も大事。

何も問題なく進められている状況の人はいません。

何が起こっても、凛としているあなたの姿に周囲は嫉妬や負の感情を吐き出すことで、弱さを見たいと少なからず思っているのです。

K様自身が弱さを見せることを信用のできていない職場の人に無理して行う必要はありません。

しかし、人間関係で心が深まる一つには、自分の弱さを見せることにあります。

もちろん勇気のいることであり、相手を選ばなければできないもの。

少しずつでも心を開ける相手が職場内にできれば、心を潰すことなく、仕事だけを頑張れるようになるのです。

J様へ「万人に好かれることはできないけれど一人心を開く相手を見つけることも大切です」

僧念師匠

J様は、職場に自分の事を見てくれている人がいないと感じ、ご自身のプライドの高さで大事な人を失っているのですね。

人間は誰もがプライドを大事にしなければなりません。

しかし、それは時に相手を傷つけることになり、必ず自分自身へと返ってくるもの。

男性の多くは「弱さを見せたくない」「自分は強い」と言い聞かせ、無理をしてしまいます。

それで自分を保ち、前に進むことができているのであれば問題ありません。

J様はプライドの高い自分でいるから、様々なものを失っている可能性があります。

あなたが他人に少しでも隙を見せることや受け入れる姿勢を自ら取る行動も大切です。

いじめを行う者たちが良い行いをしているわけではありません。

ただ、周りの人たちがJ様の行動で何かを感じ取っているのは確かなことです。

態度なのか、身なりなのか、言葉使いなのかなど、すべてにおいて万人に受け入れられることはできないことですが、一つでも変えてみると近寄ってくる人は必ずいます。

”人が意見をするときはだいたいその伝え方が気に食わないときである”とニーチェの言葉。

自分自身では何がいけなかったのかは分からないことがほとんどで、それを大人になるほど誰も教えてはくれません。

伝え方一つでJ様が傷つくように、もしかすると相手を不快に感じさせていることも考えられます。

毎日一緒に仕事をする仲間だからこそ許せないことも、J様が納得のいかないことも目に付くのです。

いじめられることに苦しさを感じているときには、まず自分自身を変える意識を持つというよりも、一旦ご自身を休めることをしましょう。

「俺はこうだから」と考えるのではなく、「俺もこうした方が楽なのかもな」と自分にない行動を行い、少し張っている気を緩めてみてください。

そこから見えてくるものは必ずあります。

スポンサーリンク

大人いじめの特徴。職場などでの大人いじめはどんな傾向がある?

何をしてもきつい言葉を向ける

大人いじめの特徴や職場などでのいじめの傾向は、何をしてもきつい言葉を向けることです。

「どうして自分がそこまで他人に言われないといけないのか分からない」「一生懸命やっていることだから心が壊れそう…」と感じている人は少なくありません。

職場いじめを受けている人の中には、真面目に任されたことをやっているという人はたくさんいます。

しかし、何をしても「何してるの」「本当に迷惑なんだけど」と心無い言葉を向けられ、それ以上の会話もなく終わってしまうということが傾向としてあるのです。

何がいけないのかの原因も分からないまま、ただ傷つけられて終わり。

大人いじめは、子供の頃によくある「気に入らない」「そういう所がむかつく」などと言葉には出しません。

「邪魔」という言葉を向けられ、そこに加わるのは存在がそこにはないかのように扱われる完全なる無視。

そのため、職場で大人いじめに遭う人は、どうすればいいのか、何がいけないのかが見つけられないままでいることが多くあるのです。

精神を崩壊させる

精神を崩壊させられるのが、大人いじめの特徴であり、職場などでよくあるいじめの傾向に挙げられます。

「もう自分が本当にこの会社には必要のない存在」「私は誰にも認められないままなのかな」と感じ始めるのも、職場でいじめを経験している人が感じやすい思いです。

いじめは誰かの為にやっているわけではなく、加害者側の自分勝手な行動に過ぎません。

そのため、いじめられている側の精神を崩壊させることは簡単で、罵声を浴びせ、陰湿な方法でメンタルを破壊してくいくことができてしまうのです。

「もう無理」「私はこれ以上この会社で仕事ができない」「出社するのが怖い」と悩む人は多くいます。

精神的に大きなダメージを食らうことで、正常に物事を考えられなくなり、それが日常生活をも脅かすものへと変わってくるのです。

エスカレートしていくのが目に見えて分かる

大人いじめの特徴や職場でどんな傾向があるのかは、エスカレートしていくのが目に見えて分かるようになることが挙げられます。

「私がやった仕事はかき消されてしまった」「大事なプロジェクトからは外されるようになった」など、仕事上で実感することさえあるのが大人いじめの特徴です。

嫌いな人に向けて、言葉を投げかけてしまうことで終わってしまえばまだマシなこと。

職場だからこそ、自分自身の仕事を奪われることもあります。

それは仕事でのチャンスを失うことであり、自分の能力を発揮できる場を奪われてしまうこと。

好きな仕事を嫌いになってしまい、やりがいを感じられずに何も残らない職場で何に打ち込めば良いのかも分からずにただ居るだけになることもあります。

職場でのいじめはチャンスに大小関係なく、他人に故意に奪われることでいじめられた側の気力を失うものとなるのです。

職場でいじめられるタイプとは?大人になってもいじめを受けやすい人とは?

嫉妬心が生み出す

職場でいじめられるタイプや大人になってもいじめを受けやすい人は、嫉妬心が生み出すことが挙げられます。

「あの人は何をしても優秀だから足を引っ張ってやろう」「どうしてあの人ばかり上司に気に入られているの」などという他人からの嫉妬心を集めてしまう人はいじめの対象です。

自分の出来ない事を簡単に出来る人が身近にいれば「邪魔だな」と感じることもあります。

「凄いな」という気持ちが自分自身のモチベーションになり、良い方向に変えられていくことができる人ばかりではありません。

大人の世界ほど成績や評価がすべてで、そこまでの努力は何にも結びつかないこともあるのです。

そのため、何かに優れた能力を持つ人は、他人に足を引っ張られやすく、どんどんいじめも加速します。

仕事の邪魔をされることや伝達ミスを故意にされてしまうことで、あなたの評価が下がることを楽しむように見ているのです。

言葉で伝えられない

言葉で伝えられないのは、職場でいじめられる大人になってもいじめを受けやすい人に挙げられます。

「どうしてはっきりした事を伝えてくれないの?」「あなたの意見はないの?」と職場内で聞いたことのある人もいるはず。

自分の考えを言葉にできない人、上手く伝えきれない人はいじめられる対象になりやすいのです。

いじめる側は、物事を言葉に出してはっきり伝えない相手に向かい、苛立ちを感じます。

その思いを言葉や暴力によって相手を傷つけることで自分の苛立ちをかき消したくなるのです。

大人になればストレス発散する時間を持つことにも余裕がなくなるからこそ、目に見える相手に感情的に言葉や暴力で攻撃します。

それを見えない場所ですれば、何も問題は起こらないと軽率な考えを持っているからこそ、大人いじめが蔓延していく原因です。

甘えがあることが見てわかる

職場でいじめられるタイプや大人になってもいじめを受けやすい人は、甘えがあることが見てわかることだと言えます。

仕事に就いている以上はどんな理由があっても甘えなどの考えは許されません。

友達関係ではなく、仕事を一緒にしている仲間であるから、甘えた考えを持つ相手に分からせたくなる気持ちを抱くようになります。

「これで良いと思ったので」「ここまでは私がやったので、最後はお願いします」など、職場で「考えが甘すぎる」と感じること。

人の考え方はそれぞれにありますが、仕事に対してはみんながプロ意識を持ってやっていることでもあります。

その中で一人でも甘えた考えを持つ人がいれば、いじめられる対象となるのです。

なかなか気付いてもらえない甘えた気持ちに、毎日一緒に仕事をしている人だからこそ、感情的になってしまうことも少なくありません。

そこからいじめをしても良いという理由にはなりませんが、現代ではいじめられるタイプの特徴に挙げられています。

大人いじめを受けた時の対処法

距離を置き徐々に離れる

大人いじめを受けた時の対処法は、距離を置き徐々に離れることです。

「いつまでこのまま我慢し続ければいいのかな」「もう苦しくて会社に来ることが辛い」という人は、自ら距離を置く行動を取りましょう。

仕事を簡単に辞めることもできず、同じ社内にいれば関わりを一切持たないということはできません。

しかし、あなたの事が目についていじめの行動に走ってしまうのであれば、仕事上で距離感を保つことは大切です。

話しを聞いてくれる人や頼れる存在の人がいるのであれば、「この作業からは抜けさせてください。その代わりにあれをやります」など、いじめてくる人と距離を詰めない方法を取ること。

近くにいれば、必ずあなたの行動が目につき、それが新たな感情を湧かせる原因にもなります。

少しずつでも距離を取り、相手の視界にできる限り入らないようにすることで、徐々に自分を守れるようにもなれるのです。

新しい理解者を別の場所で求める

新しい理解者を別の場所で求めることは、大人いじめの対処法に挙げられます。

「職場でいじめられている事を誰にも話すことができない」「今の状況が苦しくて堪らない」と感じ、一人きりで悩み続けている人は少なくありません。

しかし、いじめられている職場内だけがあなたを理解してくれる場所ではないのです。

家族や友人、他の部署にいる同僚、SNSで同じ境遇にいる人に話しを聞いてもらうだけでも気持ちが楽になります。

一人で抱え込む状況では次第に気持ちがいっぱいになり、自分を見失うことや人間不信に陥ることも。

だからこそ、あなたの気持ちを素直に吐き出せる場所を探しましょう。

いじめを見ている人に助けを求めたくなる気持ちは分かりますが、まずは新しい理解者を別の場所で求め、あなた自身がありのままの思いを吐き出せる環境を作るようにしてください。

内容よりも状況や立場を考える

大人いじめを受けた時の対処法は、内容よりも状況や立場を考えることが挙げられます。

職場で大人からいじめを受けることで、その時に起こった事を考えてしまう、目に焼き付いてしまうことは当然にあること。

しかし、いじめられている内容を理解するよりも、相手が何を感じてしてきた事なのか、その人の立場がどうなのかを考えることをしましょう。

「私のこの行動がダメだったのかな」と自分を責め立てるための対処法ではありません。

相手がしてきているこの行動が何に対して触れてきてことなのか。

また、相手の立場がどうであるのかを考えることで、「これを会社に私が言ったら、この人はどうなるのだろう」と考えてみてください。

いじめられている側は、自分の事で悩み続けてしまうことの方が多いのです。

考え方を変えて、この事実が公になった場合のこと、社長などの会社のトップに伝える選択肢が自分にあることは一つの方法だと思いましょう。

会社のトップで意味がなければ弁護士などの専門家という考えを持つこともできます。

いじめられている現状を受け止めるのではなく、自分自身を守るための術がすぐそこにあることを感じることが大切です。

僧念師匠のワンポイントアドバイス

僧念師匠

職場でいじめを受けてしまえば、そこから苦痛を感じ続ける日々になることは逃れられない現実。

「いつ終わるの」ではなく、「次何をされてしまうのかな」という考えになるばかりです。

しかし、大人いじめはどれもが強力で、たった一度の事で精神的に追い込まれることもあります。

ただ、それを自分の中だけで相手を許してしまう行動を行い続けないようにしましょう。

なかなか辞められない仕事だからあなた自身も傷つきながら、その場に通っているのです。

誰かの手を借りる手段があること、自分の気持ちを吐き出すことを忘れないようにしましょう。

未来が好転する?衝撃の占い【フューチャーオラクルカード】



こちらの記事を読んであなたの悩みや不安はなくなりましたか?

もしも、「まだ不安がある…」「悩みがまだ消えない…」というのなら、当サイトおすすめのオラクル鑑定士「鳳条先生(ほうじょうせんせい)」の未来が好転するフューチャーオラクルカードをお試しください。

micane公式LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

micaneの占いは楽しんで頂けましたか?

「micaneの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、micane公式LINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@ではmicaneで活躍する占い師の中でも、最も人気のある聖子先生が「恋愛運」「結婚運」「金運」「仕事運」「妊娠・出産・子供運」「健康運」の中であなたの選んだ運気を無料鑑定!また定期的におすすめの占いを配信致します!

生年月日と簡単な4択だけで今すぐ鑑定できるので、是非試してみてくださいね!

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事