占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

緊急事態宣言が解除されましたね!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら恋と運命の真実を試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

「この人生を終わらせて早く楽になりたい…」「生きていることに苦痛を感じる…もう楽になりなりたい」と生きる希望を見失ってしまっているあなた。

「もう楽になりたい…」という心の悲鳴はあなたに心があるから感じられる感情でもあります。

恋愛や仕事、人生の中で起こる様々な出来事に立ち止まり苦しんでいる、生きる苦痛を感じている状況から解放される方法を伝授しますので、あなたの心に止める勇気を持ちましょう。

この世にいるすべての人があなたの心に寄り添うことはできません。

しかし、同じ悩みや苦しみを抱かないわけではなく、それぞれが心に強く抱き、秘めている思いがあるから多くの人は乗り越えることができます。

「失恋から立ち直ることができない…」「経済面で大きな不安を抱え、生きる気力を失いかけてる…」など、人それぞれに悩むことは違っても、辛く悲しいという気持ちに縛られてしまう人が辿り着くのが「楽になりたい…」「死んだら、もう楽になれる…」という思いです。

生きる苦痛を感じやすい人の特徴を知ることで、あなたが人生を歩む際に心の方向性を向かわせるための大きな自信に繋げていくことができます。

また、生きる苦痛から解放される方法を熟知し、あなたの心に余裕を感じられなくなった時の対処法として、今知っておくことが自分の人生を変える大事な行いになるのです。

「早く楽になりたい…もう楽になりたい」と思う方のご相談

「失恋から自分の気持ちを立て直すことができず辛い」(20代/女性/H様)

(20代/女性/H様)
(20代/女性/H様)
私には、付き合って5年、結婚を本気で考えていた彼氏がいました。
学生時代から同棲を始め、お互いの両親にも大学卒業と同時に結婚の挨拶にも行っていた仲です。
ですが、彼が就職した先の女性と浮気をしていることを知り、その現場を目撃してしまったのですが、それでも何度かは彼のことを許していました。
本気で彼のことが好きだから、彼氏を手放すという選択肢がなく、許し続けていたのですが、浮気相手との関係を切ることができないことを告げられた…。
「お前のことはもう好きじゃない。彼女と本気で付き合いたいから別れてほしい…」と言われ、その時は怒りなのか、彼への呆れからなのか辛く感じる事はなかったのです。
しかし、日を追うごとに彼の存在を求めたくなり、「会いたい」「声が聴きたい」という思いが募るばかりで、そんな自分が嫌になり、それと一緒に私は「誰にも求められていない」「必要とされない人間」と気持ちが落ちていくばかり。
どんなに心を切り替えようと考えても、最終的に行き着く考えが「必要とされていない」というところに行き着くため、もういっそのこと楽になってしまいたいと思うようになりました。
5年も一緒にいた彼の存在は私の中で自分が思っていた以上に大きく、頭を過るだけで苦しくなります。
本気で好きになり、結婚を夢見て築いてきたこの町にいることも苦しく、どこに行っても彼との思い出が蘇り、私の心はボロボロになる一方…。
早く心を楽にしたい…忘れたい…何もかも消えて無くしてしまいたい…。
私は、彼がいたから笑うことができて、楽しい思いができて、挫けずに頑張ることが出来た。
今は、絶望でしかなく、何も感じることが出来ない。
ご飯も美味しくなくなって、人への興味もなくなり、自分が生きている意味が分かりません。
もうこの感情から解放されたくて、もう本当に早く楽になりたいです。

「私自身がうつ病を受け入れきれない」(30代/女性/R様)

(30代/女性/R様)
(30代/女性/R様)
私には、普通に物事を考えることが今までのように当たり前にできなくなっていて、何かを考え始めると凄くネガティブな発想になってしまうことが、辛くて堪りません。
うつ病であることを自分で受け入れることができれば、「私はこういう人」と思えるのかもしれないけど、自分自身で否定したくなっちゃいます。
「私は病気じゃない」「普通の女性でいたい」と思いたい。
だけど、そう思うことが心からできない…
自分がどうしたいのかも分からなくなり、何を感じているのか見失ってしまうこともあります。
その中で生きることが苦しい。
他の人のように笑っていたいけど、できない。
もう何もかもが嫌になる。
これがうつ病の症状だってことは知ってる。
だけど、受け入れられない…受け入れることができれば楽になるのかもしれないけど、私は我儘でそんな要領よく生きることができない人間。
親や姉が気遣ってくれる素振りは本当に辛く、申し訳ない。
「普通に接してほしい」と感じてしまいますが、そうされると心が痛んでしまう私がいます。
もうどうしたら良いのか分からない…出口が私にはないの。
次第に私は、本音で語り合える人を見失ってしまった。
唯一、私が心の内を吐けた父の存在は大きかった。
もう父はこの世に還ってくることはない。
「父に会いたい」と思うのと、私が「楽になりたい」と願い、向かう先はきっと同じ場所。
それなら、早く楽になるために死を選んでも悔いはない。
生きているだけで今は苦しい。
「生きたい」と藻掻きたいけど、その理由が見当たらないし、探す勇気も私には残されていない。
これが本当の絶望なんだなと感じる。
自分の病気を受け止めることができればいいけど、いざとなると「私はこんなんじゃない」とどこかで強く思い、否定してさらに苦しくなります。
矛盾していることは分かってるけど、もうこの辛い人生を終わらせ、早く楽になりたいです。

「仕事に失敗し、一番大切な家族を失ってしまった」(40代/男性/K様)

(40代/男性/K様)
(40代/男性/K様)
自分で会社を立ち上げ、「成功させるから」と言い続けてきた私は大借金を抱え、破産に追い込まれてしまいました。
当然、家族は愛想を尽かし、出ていってしまったのです。
これまで自由にしてきたことを反省したのは、家族が私の前からいなくなった時。
それまでは自分の好き放題にやりたいことをやることで頭がいっぱいで、奥さんの気持ちや子供のことを理解することができなかった…。
好きに会社を立ち上げ、ここまでの負債を抱えていることを知らなかった奥さんは大激怒…。
「もうあんたみたいな家族をほったらかしにする人は、救う価値もない」と言われ、今その言葉がやっと理解できるようになったのです。
それまでは、「もう一度どうにか家族の気持ちを変えられるかも」と思っていました。
しかし、家族がいなくなってから「ここ何年も家族と一緒の時間を過ごしていなかったな」「奥さんの話を聞くことがなかったな」とやっと気づくことができたのです。
私は、当たり前に家族がずっといてくれるという甘い考えがありました。
仕事が上手くいかなくなった今は、家族も離れていき、自分に残されるものは何一つありません。
窮地に立った時でないと当たり前にあったものが大切だったことに気づけない…情けない、やるせない思いで一杯です。
もう何も残っていない今の私を奮い立たせるものはなく、気持ちが前を向くことはありません。
日々、「もう楽になりたい」「ごめん」という言葉ばかりが頭を巡ります。
自分に与えられた罰だと分かっていますが、私には乗り切ることよりも、もう楽になることで全てを忘れたい思いの方が強くなってしまっています。
本当に一人になった今でしか分からないほど、私は何も家族の思いを理解できていません。
一人になり、残った借金を工面する毎日は精神的にきついものがあります。
自分がやったことであっても、本当に情けなく、この先の希望なんてありません。
絶望の中でもがくことはできず、気持ちを前向きに向かわせる気力がすでにないのです。
助けてほしいと願ったところで、誰も耳を貸す人はいなく、これが私の宿命であり、行ってきたことの罰だと受け止め、早く死ぬことに歩みを進めたい一心です。
スポンサーリンク

早く楽になりたいと思う方への僧念師匠のアドバイス

H様へ「乗り越える意識ではなく、自分に与えられた幸せだと感じてください」

僧念師匠

失恋で大好きな人を失い、H様が抱いてきた人を愛する感情が行き場を無くし、今は彷徨い続けているのです。

深い仲を築き上げ、そこには信頼関係が強く結びついた異性であるから、H様の心が癒されず苦しみが増しています。

しかし、あなたが深い悲しみに陥っている今の段階は、元恋人に与えられた幸せを実感できている時。

だからこそ苦しく、切なく、心に大きな痛みが出ています。

一人の相手を深く愛するということは苦しみや悲しみを背負いながら、その中で奇跡的に同じ方向に愛情を育んでいく一つの試練なのです。

瀬戸内寂聴の言葉に、”恋を得たことのない人は不幸である。それにもまして、恋を失ったことのない人はもっと不幸である。”という名言があります。

H様は、彼を愛し、愛されたことで、今心が離れてしまっている状況であっても、変わらず愛し、幸福を手にすることができているのです。

これは、本当に愛し、愛された者にしか与えられない感情となります。

今のH様は、彼の愛情の中で伸び伸びと人生を送れていたことで与えられている人格。

彼との出会い、愛があったからこそ、今あなたの心にある幸せを手にできているのです。

恋人との別れは、悲しみを多く含んだものであっても、必ずその苦しみは花咲き、H様に愛情の学びを教えてくれます。

苦しい今、H様が幸せを感じられたことを心に止めることが大切になるのです。

R様へ「お父様の魂はあなたの中で生き続けています」

僧念師匠

R様はご自身の病気を受け入れることができず、また本音で語り合うことができるお父様を失ってしまって、かなりお辛い状況ですね。

お釈迦様は”四苦八苦(しくはっく)”という教えを残しています。

四苦(しく)とは、”生まれる””老いる””病””死”という人間誰もが感じる、思い通りにはいかない苦しみの事を言うのです。

そして八苦(はっく)は、四苦に加えて、”愛別離苦(あいべつりく)”を指します。

愛別離苦は、愛する者の死で、自分からその存在が離れ去っていくこと。

救うことのできない、自分の無力さややり切れない離別の苦しみを言います。

R様の心を聞き、理解してくれる存在がこの世から姿を消したことは、大きな変化をもたらすものです。

しかし、人間は肉体が滅びても、魂である心はずっと生き続けています。

魂は、心配な人のところに駆け寄り、その相手を心で守ろうとするのです。

お父様の魂がR様と、私を結び付けてくれているのでしょう。

「何かをきっかけに生き抜く力を見つけ出してほしい」「私はここにずっといるから」と伝えてほしい思いを、ここに託しているのです。

R様は決して一人になったわけではなく、よりお父様と近く、常に一緒にいることが叶えられています。

辛い苦しみを抱えながらも、これまで生き抜いてくれたR様の行いに、お父様は感謝し、素晴らしいものだと讃えているのです。

お父様の声が聴くことができなくても、毎日自分の心に語りかけてください。

その言葉はお父様に届き、R様の心の病を軽くするための大事な行いになります。

生きることに苦しみを感じ続けることよりも、お父様が一緒にいてくれる、味方がそばにいてくれる強さを感じてみてください。

K様へ「過去を悔やむ強さは心が成長している証」

僧念師匠

K様が過去を悔やみ、そこで失った代償が大きく、生きることに苦しみを感じてしまっています。

しかし、人間は失敗を重ねることでまた一つ成長を遂げていくのです。

K様が家族を失ったことは大きな代償ですが、それでも悔やみ、「ごめん」と感じられていることは素晴らしいこと。

「ごめん」という言葉を「ありがとう」に変えることで、K様の心は少しずつ軽くなります。

奥様や子供さんの存在を常に感じていたことで、好きにあなたのやりたいことをしてきた事実がそこにはあるのです。

家族に直接「ありがとう」と伝えることができなくても、あなたがその思いを抱き続けることが次への歩みに必ずなります。

生きる気力を失っているK様に送りたいのは、お釈迦様が残された”生きることが一番の試練”というお言葉。

人間は、生きている時間が一番の試練であり、その人生を良くしたい思いで突っ切ることがあります。

生きている時間は、感情が動き、「楽になりたい」と感じている時は、本当に希望の持てない日々が続くのです。

その中で、あなたが後悔していることを悔やみ、生きている実感をもつことを意識してみてください。

それは、家を出た奥様やお子さんへ向けるメッセージであり、伝えることはできなくても、K様の中で納得のいくまで感じることが必要です。

その悔やみは決して無駄になることはなく、次への希望を必ず見出してくれます。

生きている事こそ試練であるため、自分の行いを悔やみ、人生の歩みを捨てない心が何よりも大切なものになるのです。

生きている今がたとえ辛くても、悔やむK様には必ず陽が差します。

悔やむことができる人は、自分自身に素直であり、前を向く強さのある人。

そのため、後悔を抱き、苦しくなるのです。

自分を攻め続けることではなく、今は違う場所で頑張っている家族のためにも、あなたが生きている事実こそが大事なことになります。

必ず、前を向き、前進できる日は訪れるので、それまで自分自身を清め、心を改めることを心掛けていきましょう。

K様が生きて、這い上がることが何よりの家族への償いとなるのです。

あなたが生活を立て直し、「家族の元に生活費を送る」という意識を持つことは、必ず自分の強さに変わります。

負債を抱えていることで、すぐには行えなくても、K様の行いで確実に未来を変えることができるのです。

自分自身で気づけた家族の大切さを、K様の活力にして今を生きる理由にしてください。

スポンサーリンク

生きる苦痛を日々感じやすい人の特徴

感受性が強い

生きる苦痛を感じやすい人は、感受性が強いため、生活にある刺激を強く受け止めてしまう特徴があります。

感受性が強い人と弱い人とでは、同じ経験をしても、感じ方や受け止め方が異なるのです。

与えられる刺激に弱く、変化にも敏感に対応することができません。

あらゆる物事を一つずつ深く考えてしまうことで、余計な考えや他の人が行き着かないようなところまで考えが及ぶことが多くあるのです。

人間に与えられている感情の感度が高く、自身の感じていることだけでなく、相手の気持ちも一緒に考えてしまう傾向があります。

そのため、自分の都合の良いように解釈すれば、楽しい明るい人生になるところを、真面目に相手の気持ちに寄り添い、自身の事かのように深く受け止めていくのです。

ドラマや映画で、その物語に感情が入り、涙すること、怒りを感じることが多いという人は、感受性の強い人と言えます。

自分が見て感じた感情のその後に、「この人が可哀想」「どうすれば良かったのかな」と作られた物語であっても、一つの事を深く考えようとするのです。

感受性の強い人は、人の痛みや人が感情的になっている時に、その場にいると自分自身も苦しくなります。

その光景が忘れられなく、気持ちが重たくなることも少なくありません。

感受性が強い人は、人の気持ちだけでなく、その場の雰囲気を敏感に感じ取りますが、変化に対応することが苦手なため、自分の中で上手く解釈しようと思っていても出来ないことがあり、不要な考えが頭を埋め尽くします。

それが、自分の心を追い込むことになるのです。

ストレスを溜めやすい

ストレスを溜めやすい人は、生きる苦痛を感じやすい人の特徴になります。

「気持ちを切り替えることができない」「ストレスを常に感じてしまっている」という人は、生きる苦痛を感じやすい人です。

ストレスは誰もが感じる感情であり、生きていて心があるからこそ、「疲れた」「嫌だ」というマイナスな気持ちを抱くことは当たり前にあります。

しかし、ストレスを感じることが悪いのではなく、溜め込んだままの人は要注意です。

ストレスは自分の中で溜め込んだままになると、その感情は次第にあなたの心を狭くし、受け入れる物事が極端に減り、脳のキャパは一気に満タンになります。

そうなると人は、「自分がダメなんだ」「私がこうしたらみんなが良いようになるかもしれない」と自分の存在価値を否定する考えが強くなるのです。

元にあった心の余裕がストレスにより狭まり、それを解消できないことで「自分は何もできない人間だ」と思い込んでしまいます。

しかし、ストレスをきちんと発散することができれば、感情を入れ替えることができ、気持ちを保つことができるのです。

ストレスを感じやすい人ではなく、溜めやすい人が生きる苦痛を感じやすい人になります。

生きるためには、人が抱える感情や目に入れた情報を常に処理していかなければなりません。

ストレスを感じたまま、自分で入れ替えることが出来ない人は、その莫大な情報を自身の中に溜め込んでいる状態となり、脳がパンクします。

自分の中に溜め込むことは、人の人格を変えてしまう原因にもなるのです。

それだけ、日常で抱えるストレスは人間を支配するほどの苦痛を与えてしまうものとなります。

完璧主義者

生きる苦痛を感じやすい人の特徴は、完璧主義者であることが挙げられるのです。

完璧主義者は、自分の中で計画性をきちんと持ち、それを行動に示している人がたくさんいます。

計画性を持ち、行動することは生きるために大事なことではありますが、それは時に自分自身を深く追い込むものにも変えられてしまうのです。

「この時期までには、こうなりたい」「私の目標は絶対にここ」という、自分を確実に成功に向かわせるシナリオが脳の中ででき、それに向かって努力し尽くします。

しかし、人生の中では何もかもが思い通りにいくことはありません。

それは許容範囲ですが、思い通りにいかなくなった時に、自分を貶してしまう人が多いのです。

自分の行動が物事を思い通りにいかせない原因だと感じ、「なんでこんな事が出来ないの」「私にはもう価値がないの」と責め立ててしまいます。

自分を責めることで、再び気持ちを奮い立たせられる人はごく僅か。

完璧主義者の人は、自分がどうなるかだけでなく、周囲にいる人のことも意識している人が多いのです。

「こうでないといけない」「あの人はこう言ったけど、私はこう思う」と考えを柔軟に持つことができません。

そこにライバル意識があれば、なおさら冷静に物事を判断する能力が欠けてしまうのです。

その感情が強くなっていくことで、日常に疲れを抱くことが増えてきます。

「私はこうでないと」「この時間までに絶対にしないと」と苦しい日常を自分で作り上げているのです。

計画性があることは良いことですが、時にはその場の流れで決めてみることも大事なこと。

あなたが抱える”自分”というものを、一度捨て、もう一度見つめ直すことは大切なことになります。

人は、毎日成長し続けているのです。

それと同時に環境は大きく変わり、常に同じモチベーションを持つことはできません。

計画性を大事にしながらも、自分を縛ることをやめると、生きることに苦痛を感じることが少なくなるのです。

早く楽になりたい…と思えば思うほど辛く苦しくなってしまう理由

視野が狭まっている

「早く楽になりたい…」と思えば思うほど辛く、苦しくなってしまう理由は、自分の視野が狭まっていることで、様々なことを受け入れられなくなっています。

「生きていることが辛い」「生きることが今の自分にとって一番苦しい現実」と思っている人は、何か一つの事をきっかけにこれまで色々なことを考えてきた人です。

しかし、物事を考え抜くことで、悪いことが自分の中で大きくなり、それが徐々に見えていた世界を狭めてしまうものになります。

最初の方は、「頼りたい」「誰かに聞いてほしい」という思いがあったとしても、物事を深く自分だけで考えていくことで、相手が何を感じているのかを深読みしすぎ、「私が迷惑なんだ」と自信を失うのです。

そこから得るものは何もなく、頭にあった周りの人の存在さえ見えなくなり、強い孤独感を感じてしまいます。

孤独感は人の心を殺してしまう、他人との繋がりを消してしまう原因になるのです。

「早く楽になりたい…」と自身が追い込まれている時こそ、今までの事を思い出す必要があります。

「あの時、この人に救われたな」「自分が辛いときに寄り添ってくれたな」と感じることで、その相手に今だから伝えたくなる思いを強く抱くようになるのです。

それだけ辛い状況だとしても、人との関わりは簡単に変わるものではありません。

人の感情は常に自分の気分やその時の環境や状況によって変わり続けるものです。

ふと感じた時に思い浮かぶ相手に「ありがとう」と感謝の気持ちを持ち、伝えることを意識してください。

辛い状況から、あなたが命を落とし楽になる方法にはならず、自分の気持ちをもう一度改めて知るものになるのです。

自分の求めていることが分からなくなる

自分の求めていることが分からなくなると、「早く楽になりたい…」と思えば思うほど辛く苦しくなってしまいます。

人は、生きていることで何かを常に求め続けているのです。

何気なく生きていたとしても、そこには必ず自分が求める未来や希望があり、それが生きる気力になっています。

しかし、何かに躓き、出口の分からなくなった時には、自分の求めていることが何か分からなくなり、「求めていることは、楽になりたいことだけ」と感じてしまう人が多くいるのです。

それは、求めているものではなく、自分から何もなくなっているからこそ芽生える考えでもあります。

当然、「こういう風に関わりたい」と思っていても、相手の事を考えると「絶対に無理だ」と自分の中だけで自己解決に結びつけてしまうのです。

それが、あなた自身を追い詰めるものとなり、欲を持たない心に変えていく原因になります。

人は欲深くありながらも、思考が最初に働くため、自分の行動を止めてしまうことは少なくありません。

「あの人に聞いてほしい」「そばに居てほしい」と求めることができれば、「楽になってしまいたい」と考える意識が薄れることがあるのです。

自分が考えを持つことの中に、少しでも希望を持てることがある時には、「あの人の元へ行きたい」「早く話しを聞いてもらいたい」と考えるものの選択肢が増えてきます。

一つの考えしか浮かばないことで、そのことを強く望み、それしか考えられなくなるのです。

「楽になりたい…」と考えることしかないと、その気持ちが強くなり、そのことで頭がいっぱいになり、目の前の光が失われます。

何か小さい願いでも抱くことができれば、それはあなたの心を救う大事なものとなるのです。

生きることは辛く、苦しいものですが、何か違うことを考えることで、一つの希望が見えてくる可能性が広がります。

感情がなくなっていく辛さ

感情がなくなっていく辛さを実感してしまうのは、「早く楽になりたい…」と思えば思うほど辛く、苦しくなってしまう原因になるのです。

人は、本当に「楽になりたい…」と苦痛から逃れたくなった時には、その物事にしか考えが浮かばなくなります。

そのため、本来持つ感情の様々なことを感じられなくなり、そこに寂しさを感じてしまうことがあるのです。

一輪の花を見て、「綺麗だな」と感じることも、動物を見て「可愛い」と感じる感情も失われます。

楽になるということは、自分の心にある感情をすべて無くし、痛みも苦しみも感じない世界へ行きたいということ。

それは、すでに生きている心地がせず、その変化に苦しさを感じてしまう相談者は何人もいるのです。

手放したい感情であっても、いざとなると「幸せになりたかった」「楽しみたかった」と欲望が溢れ出してきます。

それが生きる力であり、命を生かすものになるのです。

誰もが、苦しみながら生活する中で、生死を考えずに人生を送り続ける人は少なく、どんな状況にある人でも、抱える可能性のある悩みでもあります。

その大小が異なるのは、その人に訪れる物事のタイミング。

苦しいと感じることで、楽になりたくても、本当に生きる楽しさを味わってきた人は、感情を手放すことの方が恐れを強く感じるのです。

何も感じないこと、それ以上の苦しみはありません。

苦しい感情を抱いても、これまでの過去があるから生きていることができ、その先に望みたくなる思いも出てくるのです。

生きる苦痛から解放される方法

ストレスを心に留めさせないこと

生きる苦痛から解放される方法には、ストレスを心に溜め込まないことが挙げられます。

人が、「楽になりたい」と感じることの原因に一番多く挙げられることが人間関係でのもつれや恐れとなるのです。

「あの人から逃げたい」という感情を抱く人もいます。

それは、仕事であっても、友達同士の付き合いにでも起こり得ることです。

人間関係を、自分の思い通りに進めていくことは簡単にできることではなく、誰もが悩みを抱えながら、我慢し続けて関係を築いています。

上司や目上の人に向かって「こうしてください」と言えることは、現実には少ないものです。

そのため、心に嫌悪感を抱き、妬みや辛みを抱えながら日々を乗り越えていきます。

「もう楽になりたい…」と悩み、苦しんでいる人は、ストレスを自分の心に溜め込まないことを意識しましょう。

毎日、一日が始まる朝と、一日の終わりである就寝前に、心がすっきりするまで深い深呼吸を行います。

感情的になった日には、時間がある時にこまめに深呼吸を取り入れましょう。

家の中だけでなく、空気の気持ち良い場所で行うことも効果が強力に発揮されます。

深呼吸を行うことは、あなたの中に溜まる負の感情を吐き出し、心を安定に導くことが出来る大事な行いとなるのです。

憂鬱な日、嫌な出来事があった日、どの日であっても、あなたの体内の奥底まで空気を入れ替える意識を持ち行いましょう。

深呼吸で体内の空気を循環させることは、精神安定だけではなく、気持ちを前向きにできる効力もあるのです。

自分の人生を愛すること

自分の人生を愛することは、生きる苦痛から解放される方法となり、心を保つ大事なことに繋がります。

「自分が嫌だから楽になりたいの…」「この状況を好きになれないから、私が楽になれる道を選択したいのに」と感じている人。

ここで伝える自分の人生を愛するということは、今の状況や環境に向けて放っていることではありません。

これまでの人生で、あなたが「凄いね」「ありがとう」と言われた経験を思い出すということです。

楽になりたいと感じる自分の感情を乗り越えるためには、これまでのあなたの行いで自分自身をまず愛することが欠かせません。

人はそれぞれに悪い面もあれば、良い面も必ず持ち合わせているのです。

仏様は、みな平等に分け与えた魂があります。

その魂は、生を受けた時から始まり、そのすべては自分自身でしか分からないことでもあるのです。

「ありがとう」と言われたことは、あなたが人生に徳を積んできている行い。

その人は、あなたを必要とし、助けられたことによって、その思いを「ありがとう」という言葉で伝えてきているのです。

その思いを辿れば、今の自分に自信がなく、前を向くことができていない状況であっても、必ず未来がそこに見えてくるようになります。

一つの思い出を、自分を愛するための大事なものにしてください。

「こんな事したな」と思い出すことができ、自分の人生を愛することができれば、「もう少し望んでみようかな」「踏ん張ってみようかな」と考えが巡るようになるのです。

そこには、人と人が繋がる温もりを感じられることで、苦痛な日々から抜け出す方法へと変えられます。

人と比べることは一切しない

生きる苦痛から解放される方法は、人と自分を比べることは一切しないことです。

「あの人はできるのに」「私にはこれしかないのはどうして」と他人と自分を比べて生きることは、普通に生きるよりも、辛く苦しいものになります。

人間はどうしても、自分に近い人や同じ環境にいる人と比べ、優劣をつけることがあるのです。

しかしながらその行動は自分を苦しめるものにしか変わりません。

自分が優位に立った時には、良いことでも、その状況が永遠に続くことはないのです。

人と比べるのではなく、自分に足りないものを相手から探す方法として、比べてみましょう。

「あの人のここ良いな」と探すことができるのは、あなたが心の強い人であることを示します。

人の良いところは、思った以上に探すことは難しく、時には、自分の感情が含まれてしまうことで見えないものも出てくるのです。

「もう楽になりたい…」と気持ちが保てない時こそ、自分のことばかりに深い考えを抱かず、周囲を見渡す勇気を持ちましょう。

その行動が人生の価値観を変える大事なものに変わることもあります。

あなたが辛い状況にある時だからこそ、見えるものがあり、感じられるものがあるのです。

普通に生活し、人生に躓いた経験のない人では、絶対に感じることのできないものがあります。

「今、こう感じているんじゃないのかな」とあなたが経験したことで、相手に寄り添う心が持てるようになるのです。

「自分の事で精一杯で他人の事なんて見ていられない」という人も、周囲を見る勇気を出した時には、自然と新しい景色が彩を変えて見えてくるようになります。

僧念師匠のワンポイントアドバイス

僧念師匠

「早く楽になりたい…」と感じてしまう心には、必ず大切な人を思い、その相手がいない哀しみや自分自身の苦しみが募り続けることで、魂を離す選択をしたくなるのです。

あなたが抱えた感情を聞いてくれる人、そばにいつもいてくれた人、自分自身には欠かせない重要な人であるから、逃すことで心を閉ざし、目の前が真っ暗な世界へと向いてしまいます。

それでも、あなたが本当に感じなければならないことは、相手の為にこれからどう自分に尽くしていく心を持つことができるのかです。

あなたが前を向くことで、人生はいくらでも変えることができ、運命すら変える力を持ちます。

心にあった変化を不幸なものと捉えるばかりでなく、あなたが一歩踏み出すための生きる力に変えることが何よりも大事で、最愛の人を安心させるものになるのです。

micane公式LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

micaneの占いは楽しんで頂けましたか?

「micaneのあの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、micane公式LINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@ではmicaneで活躍する占い師の中から選抜された5名の先生に個別鑑定依頼ができると共に、定期的におすすめの占いを配信致します!

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事