占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

緊急事態宣言が解除されましたね!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら恋と運命の真実を試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

「生きていたくない…死にたい…。どうすれば楽になれるの」「もう生きるのが辛く嫌になった時、何を感じれば人生をもう一度頑張ろうと思えるの…」と生きていることに苦しさを感じているあなた。

生きていることが辛くなり、嫌になってしまった人が抱えた相談や死にたい気持ちを軽くする方法をご紹介します。

日常は様々なことで溢れかえり、それがあなたにとって辛く苦しく、抜け出せない状況に陥ることもあるのです。

「死にたい」「生きているのが辛い」と感じた時、「生きたい」と思う理由には何が挙げられるのか、一つの命綱として知ることも大切なことになります。

人生を懸命に生きようとしている人だからこそ、「死にたい」と感じ、この先の見えない未来に希望を持てなくなることがあるのです。

明確な答えがない人生では、自分の行動が全てであり、そこに考えが入ることで良いことも悪いことも引き寄せてしまいます。

あなたが絶望の淵から抜け出すことができるよう、世界に溢れるお言葉を心に留め、気持ちを軽くする方法で今の状況から這い上がる勇気にしてください。

「生きていたくない…もう死にたい」と思う方のご相談

「何もかもを手放して楽になりたい」(30代/女性/S様)

(30代/女性/S様)
(30代/女性/S様)
私は、家族内で一人だけで幼少期から受け続けている孤独感が強くあります。
幼少期から小さな事ですが、姉には買い与えるけど、私には「いらないでしょ」の言葉で片付けられてきた事は今でも忘れることができません。
それは大人になった今でも感じてしまうことがあります。
この気持ちがなくなることはないと強く感じたのはここ最近のことです。
私は、どこかで大人になれば関係性は変わる、と信じていた部分が強くありました。
だけど、結婚しても祝福されることはない、子供を産んでも祝われることはない。
姉の子供の誕生日には欠かさずプレゼントを渡し、顔を見に行っている両親の姿を見て、いつの間にか自分と姉を比べるようになり、徐々に心が乱されてきていることに気付き始めたのです。
「もう比べるのはやめよう、考えないようにしよう」と思っても、結局最終的には我が子が人に愛されない辛さを考えてしまい、「私と同じようになるのではないか」と考え出すと、「もう耐えられない」と思うようになってきました。
それから夢でも、子供を連れて自殺する夢を見たりと、忘れたくても忘れることができません。
いっそのこと全て手放した方が楽だと感じ、死にたい思いが募るばかりです。
家族と関わらないことは簡単にできる事ですが、それを自分自身ができていないから苦しい…。
何か連絡が来れば、今でも期待してしまう自分がそこにいるのです。
期待したらいけない、自分の今築いている家族の幸せがあれば良いと感じるようにしても、もう私の心がそうさせてはくれません。
長年のこの変わらない状況に疲れました。
何を望んでいるわけではなく、私自身がただ楽になりたいだけです。

「家族に理解されない、うつ」(40代/男性/K様)

(40代/男性/K様)
(40代/男性/K様)
私には、奥さんも娘もいます。
3年前に鬱と診断され、それほど気にかけて生活を送っているつもりはなかったのですが、ここ最近の家族の反応が私にはきつく、耐え難いものがあります。
もう、どうすれば良いのかさえ分からない。
この病気を分かってほしいとも思っていないけれど、心ない言葉はいくら家族内だとしても深く圧し掛かるものがあります。
ストレスを感じた時、躓いてしまった時にはうつ症状が出てしまい、人を避けたくなり、上手くコミュニケーションを取ることができなくなります。
「いいな、そうやって悲劇のヒロイン面して逃げれる病気って」「目の前の事から逃げることが鬱病なんだ」など、今までにも散々言われ続けてきました。
私がどうにか出来るのなら変えたい気持ちはあります。
でも自分でもひどい状態の時には分からなくなり、自分の事や周囲の視線で頭の中がパニックになるほど色々なことを考えてしまいます。
逃げたいわけではなく、立ち向かいたい気持ちはあるけど、その勇気が持てずにいます。
家族に迷惑をかけていることも十分承知しています。
私が投げかけられた言葉はどれも心の中から消えることはなく、ずっと引っかかったまま…。
もう私自身がこの病気を受け入れることも、家族を信用することもできなくなっています。
こんな状態が続くならこれ以上傷つく前に死にたい。
死んで楽になりたい。
何も感じる事がない世界へ連れて行ってほしい。

「死んだ方が楽」(20代/女性/N様)

(20代/女性/N様)
(20代/女性/N様)
私は、特にこれといった原因はない。
ただ、これまでの人生を振り返っても楽しいことはあったけど、死んで後悔するほどの出来事って本当にない。
それに、この先にもあると信じられない。
何もやりたいことはないし、ただ今生きているだけ。
この何もない状態が私には苦しい。
毎日変わらないことの繰り返しで何をやってるのか分からない。
別に「生きていた方が良いことあるよ」とかっていう言葉を望んでいるわけじゃない。
生きるなら何かが欲しい、与えられたい。
それが見つけられないことが辛い。
生きていたら良いことがあることは分かってる。
だけど、私にはそこに何かを求めたいと考えてしまう。
中学生の頃にも一度死にたくなった。
だけど、社会人になったら変わるかもしれないという期待を持ち、ここまで来たけど何も変わらない…。
本当にこんな毎日から抜け出したいし、もっと私自身の考え方を変えたい。
もっと楽に考える方法や生き方はあるはずなのに、どうしても人生に何かを求めてしまう…それが見つからないことで生きる気力を失う。
人に対しての興味もなく、趣味もなく、つまらない生活をただ送り続けているこんな状況に生きる意味がない。
スポンサーリンク

もう生きるのが辛いと思う方への僧念師匠のアドバイス

S様へ「あなたが受け伝えるものを感じてください」

僧念師匠

幼少期からの悲しく、辛い心の秘めた思いは、簡単に消し去ることのできない大きな思いへと変わります。

それは、S様が育ってきた環境が生み出したものであり、本来であればS様自身が深く背負う必要のないものです。

しかし、これまでの家族との確執を考えると、「何かしたのかな」と考えてしまうことは仕方ありません。

それでもあなたには、自分の命とも引き換えられるほど大きな存在である、お子さんが目の前にいます。

どんな状況であろうと、S様がこの世に命を産み落としたことは奇跡の出会いであり、あなたを守るための存在です。

S様が「苦しい」「辛い」という感情を抱いた時、「楽しい」「嬉しい」と感じた時、どんな時でもあなたの側を離れず、必ず向かってきてくれる子供のことを守ることを第一に考えるようにしましょう。

マザー・テレサの言葉には、”孤独と誰からも望まれていないという思いは、最悪の貧困”という名言があります。

心が孤独のままであることは最悪の貧困であり、あなたが愛を伝えることをしなければ、我が子を今度は貧しい心に向かわてしまうのです。

孤独を解き放つためには、家族からの深い愛情を感じるためにS様がお姉さんよりも愛の深い心を持つことが大切になります。

「嫌われている」「求められていない」と感じながらも、ご両親の記念日や誕生日には、心のこもったプレゼントを自らの手で渡すことなど、S様から行動を起こす勇気を持つことも大切です。

家族も大切な繋がりではありますが、ただ、拒否した感情で無理をして距離を縮めようとすることほど恐ろしいことはありません。

S様が死を考えるほどの深い感情を抱いた時には、空を見上げ、あなたとお子さんに秘められた未来があることを感じてみてください。

苦しい時ほど、人は下を向いてしまいます。

死を考えている状態がその時です。

これからあなたが生き抜くためには、様々な困難は必ず訪れ、今ある悩みを完全に解消することができなくても、何かS様の心を変えるものに出会うことが必要になります。

空を見て、感じる事は、いつも変わらないということ。

どんなに泣いても、死にたいと思っても、楽しい時でさえ空は変わらずにあなたを照らしています。

空を見上げて、あなた自身が溜め込んでいる感情を吐き出すことをしてください。

溜め込んでしまうから、怖さが増していきます。

これからは、あなたの人生をS様なりに歩む決断をし、常に自分の味方である存在がいつも近くで見守っていることを感じてください。

K様へ「本心を見抜く大切さを感じてください」

僧念師匠

家族に邪魔のように扱われているというのは、K様からすれば残酷に感じてしまいますよね。

家族の方々は、本心からK様に放った言葉でなくても、人の心を追い詰めることは決して許されることではありません。

病気と闘いながら一生懸命に生きようと努力しているK様は、本当に心の強い人間です。

病気を告知されたときに、自殺をしてしまう人は世界中で何千人といます。

しかし、K様は病気と闘う覚悟を持ち、懸命に人のために尽くそうとしている善意があるのです。

自分の強さをまずは知ってください。

あなたは本当に芯が強く、心の綺麗な人です。

家族の方々がK様に放った言葉は許されるものではありませんが、時間が経つにつれて今の状況になったことでしょう。

病気の告知があった時には、絶対に言わなかった言葉。

K様に心を許し、あなたを本当に必要だと感じていたからこそ、感情的になってしまった時に放たれた言葉だと感じます。

心を許した人にしか人間は本音をぶつけることができない、弱い者です。

家族の本心を知ることはK様にとっても、病気に打ち勝つために大事なことになります。

その言葉があるから「やってやる」「悔しい」と感じる感情が湧き出てくるのです。

家族は、その姿を望み、K様の通常を取り戻したい気持ちの表れのように感じます。

言葉は酷く人の心痛め、命を捨てる決断をもたらす危険なものです。

それでもK様は、心が綺麗であり、強い芯を持つ人であるから、自分のできていない部分に「申し訳ない」と感じているところがあります。

これからは頼れる人に頼り、頑張れるときには精一杯踏ん張ることをすると、K様の罪悪感は晴れ、生きていることに感謝できる日々が訪れるのです。

N様へ「自分の存在を確かめる術を探しているのですね」

僧念師匠

生きている意味がないと幼い時から胸に秘め続けてきたN様は、周りの人達に比べて求めているものの大きさが違います。

どんな事に対しても興味を抱くことができず、苦しい日々を送り続けていることは、経験している本人でなければ、誰に話しても理解されない苦しさも抱いてきたことでしょう。

しかし、N様は本来であれば目の前の事にだけ集中して楽しむことが出来る、周りに比べて特殊な考えを持ちます。

あなたは凄く遠くの未来まで見続けることができる、成功者になれる人が持つ脳を持っているのです。

先に何があるのか、私には必要な事なのか、どれに対しても考えを深く持ち、身になることが判別しています。

N様は、この先何かに引き込まれた時には、必ず開花する能力を持ち合わせているのです。

誰にでもある能力ではないため、「変わってる」「つまらない」と言われてきたことも多いことでしょう。

それでも一度、死を止め、生きる希望を抱いたことは、必ず将来に自分を必要とするものが待ち受けているから立ち止まることができているのです。

今の生活を苦痛に感じ、生きる意味がないと思っているのは、本心の言葉。

それよりも私は、N様が自分の存在を確かめる術を探し続けているように感じます。

N様の存在は、「楽しい」ということで確かめられるのではなく、さらに上の感情を抱いた時に感じるものです。

仕事で成果を上げ、人の役に立つことやボランティアで人の命や環境を救うことなど、大きなことに向かった時に得られるものになります。

N様は、人に動かされるのではなく、自ら動き始めることが生きがいになるのです。

与えられた事だけで終わらず、自分の世界をもっと広げていくと「生きたい」「救いたい」と感じる心を持っています。

死を一度止めたN様に与えられた力であり、その信念の強さは必ず違う形で良い未来を実らせる日の訪れを示しているのです。

スポンサーリンク

生きていたくない…人は死にたいと言うとき「生きたい」と感じている理由と考え方

幸せな感情がふと蘇る

人は死にたいというとき「生きたい」と感じてしまうのは、幸せな感情がふと蘇ることが理由に挙げられます。

「死にたいときに幸せなことが思い浮かぶと、余計に死を望みたくなるんじゃないの」と考えてしまう人は少なくありません。

しかし、人間は「死にたい」と感じても、そこに迫りくる恐怖は大きなものがあります。

「この後どうなるんだろう」「怖い…」と死にたいと感じていても、そこに飛び込むまでに様々な感情が渦巻くのです。

過去に訪れた幸せなことは、特別なものだけでなく、日常に溢れる些細なことでもあります。

死を意識し、自殺を試みようとする人は、今の状況で胸が一杯で近くにある物事にも目を向けられていない状態でもあるのです。

「死にたい」と感じれば、誰もが自殺方法を考え、そこまでの経緯を辿ります。

全ての準備が整った時、いざとなると様々なことが思い出されるのです。

窮地に追い込まれたとき程、人は、周囲の温かさ、自分がいた環境の良さを感じ、「死にたくない」と心から思うことができます。

それは、「死にたい」と自らの意志で感じている人であっても、同じことが起こるのです。

人間の脳は、命が絶えるほどの危険を察知したときには、楽になる方に進めるではなく、これまでの事を走馬灯のように思い起こします。

それが自殺志願者の生きる希望になったケースは少なくありません。

行き詰まり、今の状況でしか死を考える人は見えなくなる傾向があります。

それは、死を受け止めようとした人でしか、感じられないものでもあるのです。

一度、死を意識してしまうと、自然と考えは悪い事ばかりになり、頭の中の記憶も良いことが排除されたように思い起こすことができなくなります。

誰かに話せば楽になることでも、頭を悪い事ばかりが埋め尽くしているため、最悪の状況を想像し、行動を起こそうとしてしまうのです。

本当に死を目前にすると、今までの悪い事ばかりの考えから、急に良いことや幸せだったことが胸を締め付け、「もう一度頑張りたい」「生きたい」「死にたくない」と感じ、止めることができます。

伝えたい事がある

人は死にたいと言うとき「生きたい」と感じている理由と考え方には、伝えたい事があるのです。

「死にたい」と言葉に出すことで、本当にそれが現実に訪れることになるのか、相手を試すためにも言ってしまう人は少なくありません。

「死にたい」と言っている本人がどんな気持ちで、他者に自分の感情をぶつけているのか分からないことでもあります。

死を告げることは、自分自身に一番素直になることができる状況でもあるのです。

「死にたい」と発した先には、生きる事への興味、この世界への未練がないことで発する人もいます。

しかし、本心で「死にたい」と言葉にした時には、その人の心は何も考えられないほど一杯です。

それでも、伝えたい事を伝える思いがあるときには、「生きたい」と心で思ってしまいます。

人の感情は変わるもので、それは小さなことでも変えられるものでもあるのです。

あなたに向かって大切な人が「死にたい」と声に出して訴えてきたときには、それは伝えたい事がある可能性があります。

一番自分に素直になれる時、その言葉を発することは「私はこうなの」と伝えたい思いがあるからです。

それを聞いてくれる相手を必ず選んでいます。

そして、何よりも一番の理解者や頼ってきた人、迷惑をかけた相手にこそ放つ言葉になるのです。

伝えることで、その人の生きる希望を引き出せる可能性は十分にあります。

あなたと相手との心の距離を一番感じられる状況であり、何よりも聞いてくれる人がいることに安心感を抱けるのです。

誰かに助けてほしい

人は死にたいと言うとき「生きたい」と感じるのは、誰かに助けてほしいという考えが頭には浮かんでいるから。

「死にたいって言葉に出す人は、本当に死ぬ気はないんでしょ」と言う人がいますが、これは間違った捉え方です。

「死にたい」と言葉に出している人は、その本気度は違っても、本心で伝えていることの方が多くあります。

本当に自分の感情で一杯一杯で、他のことに目を向けることが出来なくなっている状況です。

その中でも、誰かに助けを求めたい気持ちは少なからず抱いています。

それは、死を恐怖に感じていない人は、この世にいないため。

本気で自殺をしようとしている人であっても、絶対に恐怖心がないという人はいません。

恐怖心よりも、自分が抱えている闇が深いことで、それを感じさせないだけなのです。

誰もが助けを求め、自分を正常な考え方に戻してほしい、普通の生活に戻したいと願っています。

しかし、それが叶えられないと分かることで自殺行為に及ぶ人もいるのです。

「死にたい」と「生きたい」は常に隣同士であり、どんな状況であろうと、その人にとっては大きな問題でもあります。

それを簡単に考える人がいるため、「死にたい」と感じた人が報われない事が起こってしまうのです。

人の心は深い時と浅い時と状況や物事によって許容範囲が異なります。

「あの人つい最近まで楽しそうだったのに」という人が、自殺を考えていることもあるのです。

普段笑い飛ばせることでも、今は受け付けられないなという経験をしたことがある人はたくさんいます。

人の感情は常に変わり、毎日同じではないからこそ、苦しみ、誰かを求めようとしているのです。

「生きたい」と感じられた時には、さらに人を頼り、どんな些細な事でも話していくようにしましょう。

そうすることで、今見ている世界観が違うように見えてくるのです。

もう生きていたくないと生きるのが嫌になったアナタに送る言葉

逃げた人だからこそ、立ち上がれる

もう生きていたくないと生きるのが嫌になったアナタに送る言葉は、逃げた人だからこそ、立ち上がれる。

「生きていたくない」という思いが強くなっているということは、あなたがその先を望もうとしていない時。

逃げ出したくなった時に、人は死を考えることがあります。

何をやっても上手くいかない。

どう頑張っても、自分には無理なんだ。

と、何度も挑戦し続けた中で、結果が出ない状況に苦しんでいるから、終わりを告げたくなるのです。

しかし、何度も挑戦し続け、這い上がろうとした精神を持つ人は、必ず立ち上がることができます。

「生きていたくない」と感じているのは、何度挫けても諦めなかった過程がそこにはあるのです。

ここまでの努力が報われないことで、諦めたくなり、「自分にはもうどうすることもできない」と感じてしまいます。

しかし、「もう生きていたくない」と感じている人は、ここまでの感情を抱く前にたくさんの事に挑み、様々な感情を抱き続けているのです。

だからこそ、あなたにしか立ち上がることのできない壁がそこにはあります。

挑戦することすらしない人には、立ち上がることのできない大きな壁。

「死にたい」と感じている人は、弱いのではなく、自分の人生を一生懸命生きようとしたからこそ、死を考えてしまう強い人。

誰もが越えられない壁を越え、一度逃げようとした人だから立ち上がることができるのです。

逃げることは、決して悪い事ではありません。

ただ、今の考えや行動を冷静に思い起こすことで、見え方が変わったり、はっきりと分かったりすることがでてくるのです。

毎日、同じ事が頭を巡ることはなく、人間の脳は常に新しいことを受け入れようとしています。

その努力をしている人にだからこそ、生きるために立ち上がる勇気を持ってほしいのです。

生きることは、本当に勇気にいること。

恐怖の死を受け入れ、逃げようとしたあなたには、それを乗り越えるだけの力があるのです。

自分を愛することで、人生を愛すことができる

生きるのが嫌になったアナタに送る言葉は、自分を愛することで、人生を愛すことができるというメッセージ。

人は、これまでの積み重ねや経験で自分の弱さ、できない部分をよく理解しています。

そのため、「もうここまでしかできない」という事も分かっていれば、「こうした方が自分には向いてる」と考えることができているのです。

それは、自分知ろうとしている良い行いではありますが、自分の能力を試せない勿体ないところでもあります。

自分を愛するということは、最大限にできるところまで自身を高める挑戦をすること。

「こんなの無理」と感じたことでも、「できる限りやってみる」と自分の事を知ることです。

「できない」「やれない」は、自分を愛することが出来ていないから、信じることができていません。

自分自身を信じてみると、思った以上のことが出来る時があるのです。

自分を過信するのではなく、愛することで認められる部分を増やしていくこと。

自分の失敗した過去であっても、きちんと受け止め愛すことが出来れば、次の行動は変わります。

自分自身を愛することができれば、次は自分の生きてきた人生を愛することができるのです。

失敗や成功、挫折も含め、全てを受け入れ、愛情を持つことができれば、自然と自分を好きになることができます。

自分に与えられた試練や困難な状況を思い起こし、どう藻掻いてきたのか、思い出してください。

それは、あなたが懸命に立ち向かった姿であり、未来を繋ぐために、希望を感じる為に行動してきたことです。

このような姿を愛することができれば、一つの喜びも深い感情を抱き、苦しさを乗り越える種になります。

一つ一つの経験が、あなたという人間を育成し、幸福の元へ向かえるように歩んでいるのです。

出来ないから愛せないのではなく、その過程で自分がしてきた事を「凄いな」「よくやったな」と褒めてあげることは大切なこと。

躓き、前が見えなくなった時こそ、自分を愛する努力を欠かしてはならないのです。

何ができないか知ることは、その先の希望に繋がる

もう生きていたくないと生きるのが嫌になったアナタに送る言葉は、何ができないか知ることは、その先の希望に繋がるというメッセージ。

自分に何ができるのかを探すことは簡単にできる事。

それでも反対に、自分に何が出来ないのか探すことは難しい事です。

しかし、その事が出来ているのは「死にたい」「生きていたくない」と感じている人。

本来であれば、自分が出来ないことを認めることは難しく、それを受け入れることを心から出来る人はそう多くはいないのです。

出来ないことが分かり、完全に立ち止まった状態であるから、苦しさだけが心を埋め尽くし、生きる気力を失ってしまいます。

恋愛での失敗、スポーツでの挫折、営業成績が上がらない、どれも自分の出来ないところが分かること、叶えられないものを知ることで脱力感が出てくるのです。

同じ失敗をしても、自分の出来ないことを深く考えない人もいます。

そのような人は、次に行動を起こすことで自分の感情を保つことを心掛けているのです。

しかし、「死にたい」と感じる人は、すべてを自分の責任だと感じ、悪い方向に考えてしまうことも少なくありません。

あなたが今考えている、自分にできないことを知ろうとし、藻掻いてきたことは、必ず未来に繋がるのです。

自分の出来ないことを知り、それに苦しさを感じた経験は決して無駄にはなりません。

あなたが苦しんだ過去があるから、この先の未来で自分が成長するための行動になるのです。

何も考えずやり過ごしていれば、必ず同じ失敗を繰り返し続けます。

しっかり出来ないことを認め、それに向かって考えてきた知恵は、あなたの未来で大きな成長を遂げるためのものです。

人は、考えることで成長し、自分を知り、愛することで様々なことを乗り越える力が備わります。

急いで成長する必要はありません。

何かに立ち止まった時には、ゆっくり時間をかけて、自分をもう一度見つめ直すことも必要です。

本当に自分自身を理解し、出来ないところを認めることができれば、今後上手く試練を乗り越えるための知恵になります。

生きる実感を得ることは、大きな幸福を呼び寄せる

死にたいと思っているアナタに送る言葉は、 生きる実感を得ることは、大きな幸福を呼び寄せる。

生きるということは、学びであり、成長を感じ続けるものです。

それは、良い死を迎えるための試練でもあります。

人生の中での辛く苦い経験は生きる糧になり、多くの人を助けたり救ったり徳を積みながら納得する答えを見つけるために努力をすることです。

自分のため、他人のため、という意識を持てるようになれば、生きる喜びを強く感じられるようになります。

困難は生きる意欲を失いやすいけれど、その次にやってくるちょっとした良いことが大きな幸福として、あなたの元に呼び寄せられるようになるのです。

生きる実感を得て、また前に進めるようになります。

生きたくない…死にたい気持ちを軽くする方法

今の気持ちをノートに書き綴る

「生きたくない」と、死にたい気持ちを抱いた時に心を軽くする方法は、今の気持ちを素直にノートに書き綴ること行いましょう。

「生きたくない」「死にたい」と感じている人は、自分の素直な感情を吐き出すことができていません。

自分一人の中で溜め込んでしまうことで、さらに追い込まれてしまう状況になってしまうのです。

あなたが感じている想いをそのまま字にして書き起こしてください。

死にたい

生きたくない

人生に疲れた

もうこれ以上頑張れない

など、あなたが感じていることをできる限り書き綴ってください。

ノートに自分の思いを書くだけでも、心は軽くなり、誰かに訴えているわけではないけど、気持ちを吐き出せたことで身も心もスッキリします。

どんな小さなことでも書き、それはあなたが心で感じている大切な感情です。

決して間違った感情ではなく、大事なあなたの人生に欠かせないものになります。

この経験をしたことは、あなたが人からの愛を受け、深い悲しみや苦しさを感じたもの。

パソコンやスマホで文字を打つのではなく、自分の大事な感情はきちんとあなたの手で書くことで生きるのです。

生きている字を書くことは、あなたの心に深く入り込み、心を穏やかにするものになります。

死ぬまでに成し遂げたい事を思い起こす

死にたい気持ちを軽くする方法には、死ぬまでに成し遂げたい事を思い起こしましょう。

「死にたい」という気持ちが強くなるほど、あなた自身の事を徐々に考えられなくなります。

未来を感じなくなり、絶望に立たされた時点で、希望など全てあなたの中から失われてしまうのです。

「もう生きたくない」と感じていても、死ぬまでに成し遂げたいことはいくらでも出てきます。

あなたは全てに絶望を感じているわけではなく、一つの事に大きな痛みを感じているからこそ、死ぬまでに何をしたいのか思い起こすことが重要なものになるのです。

死を迎える前に、あなたが本当に成し遂げたい事を思い起こすことで、「これもやりたい」「あれも」と次々に様々な事が上がってきます。

それは、全てあなたの本心にあるもので、大きな問題を抱えてしまったことで、見えなくなっていたもの。

その気持ちを少しでも取り戻すことで、意識が死だけに向かわなくなります。

大切な思いである、死ぬまでに成し遂げたいことは、今の「死にたい」という感情とは別として考えてください。

「死ぬつもりだから…」と考えることを辞めてしまうと、あなたがこの人生で何を望み、何を得たかったのか分からなくなります。

この方法は、あなたが来世に残す意志の一つでもあるのです。

きちんと自分の人生に最後まで向き合う姿勢を持つことは、あなたの未来を繋げるための大切な行いになります。

どんどん出てくることを想像し、それをノートなどに残しておくこともしてみると良いのです。

次の日になれば忘れてしまうこともあるため、残すことも大切になります。

瞑想を行う

瞑想を行うことは、死にたい気持ちを軽くする方法の一つとなるのです。

目を瞑り、深く深呼吸をして瞑想を行うことは、あなたが心に抱える邪気や不要な感情を手放すことが出来ます。

瞑想を行う際には、必ず心を無にし、何も考えないようにしましょう。

一日の終わりを告げる就寝前に、瞑想を行います。

姿勢を正しくして座り、両手を足の上に乗せてください。

目を閉じ、心を無にします。

雑念を抱かぬよう、心をゆっくり保つことが大切です。

あなたが体に感じる感覚だけを意識し、鼻から息を吸い込み、口から吐き出します。

呼吸をすることで、あなたが体に感じる意識は変わり始めるのです。

5分を目安に行うようにしましょう。

頭でどうしても考えてしまうという人は、深呼吸をゆっくり何度も行い、自分のしている呼吸に意識を向けてください。

あなたが生きている証である呼吸だけを感じることで、不要な考えは一切なくなり始めます。

瞑想を行う際には、あなたの心が無になることは絶対条件です。

何も考えず、呼吸を繰り返し、その状態を保つようにしてください。

瞑想は、あなたの気持ちがスッキリするまで行っても構いません。

「もう何も考えたくない」「気持ちを落ち着かせたい」と感じているときに、瞑想を取り入れている人はたくさんいます。

様々な感情が埋め尽くす生活環境にあるからこそ、自分を保つために瞑想を行うことが大切になるのです。

普段では行わない、深呼吸を深く行うことは、あなたの体中に溜まる悪いものを入れ替える大事な行いになります。

意識して行うことで、効果は大きく表れ、「気持ちが落ち着いた」「考え方が変わった」という人も少なくありません。

常に考え、感じていることを一度手放すことを行うと、人の感情は薄れ、その事だけに執着せず、新しい何かを見つけ出そうとする気持ちに切り替えることができます。

僧念師匠のワンポイントアドバイス

僧念師匠

愛を知り、裏切られる悲しみを知ることは人生に大切なことではありますが、それは多くの悲しみや絶望を感じるものにもなるのです。

多くの感情を知ることによって、たくさんの人の気持ちに寄り添うことができ、信頼関係を結んだり、絆を深めたりすることで、一緒に生きる気力を生まれさせることができます。

”誰かのために””誰かが見ていてくれる””誰かが応援してくれる”という気持ちがなくなるとそこで生きる意味を見失い、自殺を選んでしまうこともあるのです。

生きていることが嫌になった時には、自分に愛情を抱き、周囲を見渡すことにも意識を向けることができれば、新たな人生のスタートを切れます。

人は、誰かに触れ、感じることで前を向き続けることができ、一人の力では限界を感じる瞬間があるのです。

そのような時には、知り合いだけでなく、全く関わりのない相手と繋がりを持つことも行う心掛けも必要になります。

死にたい思いを少しでも軽くするために、周りの温かさ、あなたが秘めている感情をゆっくり解いていきましょう。

micane公式LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

micaneの占いは楽しんで頂けましたか?

「micaneのあの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、micane公式LINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@ではmicaneで活躍する占い師の中から選抜された5名の先生に個別鑑定依頼ができると共に、定期的におすすめの占いを配信致します!

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事