占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

ウィズコロナの時代、そして来年2021年は新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、来年2021年の運気もわかる神秘のタロットカードを試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

「婚約中だけど自分の中で不安が拭えなくて、どうすればいいのかが分からない」「結婚を約束したのに、本当にこの人でいいのかと考え直してしまう…」「私は幸せになれるのか、マリッジブルーに陥っている」と気にしているあなた。

自分の人生においてのターニングポイントとなる婚約をし、結婚生活や新しい環境に入ってから原因不明の落ち込みを感じる女性。

環境や状況がどんどん変化し、周りの反応や相手からの期待が一気に押し寄せてくると、気持ちが不安定になる場合があるのです。

自分さえ良ければ良いと考える一人の生活から、好きな人との人生を歩みを始めるっ為の責任から、あなたの負担は増えます。

婚約中に感じる不安や大好きな彼なはずなのに、「本当にこの人でいいの?」と思い直そうとする気持ちが強まる原因、乗り越え方をアドバイスとともにお伝えしますので、参考にしてください。

女性としての幸せを掴む結婚に期待を抱きながらも、なかなかあなた自身が自信を持てないと苦しくなります。

あなたの心の中で少しずつ大きくなっている不安や悩みを解消できるよう、こちらでご紹介する相談者の方からの言葉に同じ気持ちを抱けるのを、一つの救いとしてください。

人生の大きな選択だからこそ、踏み出す勇気が必要で、新たな環境に飛び込む自分に恐れを感じてしまうもの。

あなたが心を軽くできる一つとなれば、幸いに思います。

「婚約中だけど不安」と思う方のご相談

「念願の結婚だったはずなのに幸せを感じられないのはどうしてなの…」(20代/女性/K様)

(20代/女性/K様)
(20代/女性/K様)
私は大好きでずっと「結婚したい」と思い続けてきた人がいます。
彼が先日プロポーズをしてくれ、新しい生活を始めるための準備を進めている段階です。
ずっとずっと私は、彼との結婚を望み続けてきました。
私の方からプロポーズしたこともあるほど、本当に彼との将来しか考えることができなくて、「この人しかいない」と初めて思えた人です。
彼の方からプロポーズしてきてくれた時には泣いて喜び、たくさんの人に「結婚する!」と伝え、自分の中でも気持ちが抑えきれないほど舞い上がっていたことも。
それなのに、家具や日用品を一緒に探しに行ったり、「好きなように家の配置は決めていいよ」と言われたり。
私はどの言葉も自分の理想の中に浮かんでいました。
ただ、一緒に住む日が近付くにつれて、徐々に彼からの言葉に気持ちが集中できなくなります。
願っていたことを叶えられる日を期待している自分と、泣きたくなるほど寂しさや不安が襲ってきて言葉にできないほど気持ちが落ちてしまう私。
「どうすればいいの?」と考えながらも、もう「このまま進むしかないのかな」「彼との人生を歩むしかない」というのは分かっています。
私自身が願って願って叶えたかったもので、最終的には決断した事。
頭では分かっていて、それが私が幸せになれる道だというのも理解しています。
それなのにどうしてだろう…。
母親の顔を見れば安心して離れたくなくなるし、実家が物凄く恋しくなるのです。
これまで特別親子関係が良いわけでもなければ、私は一人暮らしを6年していて、今までに実家に帰る機会が多かったわけでもありません。
婚約してから「実家に顔出そうかな」「両親とご飯を一緒に食べたいな」と家族で過ごす時間が楽しくなり始めたのか、最近では頻繁に家に帰ってしまいます。
両親はいつも優しく迎え入れてくれて、「泊っていく?」「何が食べたいの?」と普通の会話をしてくれ、自分が無理して話さなくてもいい状況。
本当に何を私自身が求めているのかを明確には分かりませんが、実家に帰ることで安心し、ただ両親の顔を見たくなります。
しかし、実家に帰る度にどんどん結婚への恐怖心が強まることを感じているのは確かです。
「私が母親のようにできるのかな?」「これだけの家事をきちんと毎日こなしていけるのかな?」と現実と理想を別に考えていた自分の甘さを今になってやっと感じています。
まだまだ何もできない私が、やっと見つけた大好きな彼と今結婚してもいいのか。
これでもし、彼に愛想を尽かされてしまう日がきたらどうしようか。
何を毎日して、どういった事に気を付け続けなければならないのか。
彼に聞きたくても、前みたいに私が思っている事を言葉に出来なくなっています。
「どうしよう」という焦りと、「できるのか」という不安や恐怖。
失くしてはいけない相手だからこそ、恐怖心も強くなります。
母親にことをこれまできちんと見てこなかったけど、いざ自分が同じ立場になろうとすると考えてしまうのです。
「こうしないといけないんだな」と考えるけど、それを自分がこなせる自信がありません。
結婚生活が長い両親と比べてはいけないのは理解しています。
だけど、私の目の前には両親の姿しかなくて、他に見えてくる夫婦がいません。
私が尊敬しているのが両親だから。
「こうなりたい」という夢や期待はあるのに、どうすれば良いのかが全く分かりません。
考えれば考えるほど、私は自分の未熟さやまだまだ幼い心を持っているのだと感じます。
誰かに「できないよ」「本当に大丈夫なの?」と言われたわけでもありません。
それなのに、今は友達に会うことも嫌になる。
どうしても会話が結婚のこと、新しく始まる生活の話しが多くなるのを分かっているから。
結婚したくないわけでもないし、婚約できている今が幸せであることは間違いありません。
なのに、どうしてこんなにも不安がつき纏い、抜け出せないでいるのかな…。
今になって両親を求めてしまうのはどうしてなのかな…。
しっかりしなければいけないのに…。
彼との生活がスタートすれば、もう両親に甘えることはできないのに…。
このままじゃいけない事は分かっているけど、自分がどうしたいのかが分かりません。
見えない明日が怖くて、何も出来ない自分が恐ろしくて堪らないのです。
誰かに聞いてもらいたいけど、それすら怖くなります。
だから両親にどうしても甘えてしまうのです。
大好きな人だけど、このまま結婚してもいいのかな…。
本当に私と結婚して、彼は幸せになれるの?
私が彼との生活をスタートさせるために何を考えれば、幸せを感じ合えるようになるのかが知りたいです。
今の気持ちのまま状況だけが進んでいくことが怖くて仕方ありません。
誰かに助けてほしくて、求めたいけど、手を伸ばしても良い相手が誰なのかが分からないまま。
新しい生活が始まりを迎える不安にいっぱいで、気持ちが追いついていません。
少し前のただ恋愛を楽しんでいた自分に戻りたいです。
今が辛くて、苦しくて、この不安から抜け出せなくて怖い…。

「婚約した後にたくさん考えるようになりました」(30代/女性/S様)

(30代/女性/S様)
(30代/女性/S様)
婚約して、もう入籍まで終わった私ですが、今だにマリッジブルーから抜け出せていません。
結婚して今日で5日目なのに、楽しくて、幸せで仕方ない時期のはずなのに、私は真逆です。
好きな人と結婚できたのは嬉しい事なのに、プロポーズされた時には心の底から幸せで仕方なかったのに。
結婚して同じ家に住み始めてからは、「ザ・新婚生活」というワクワク感もありません。
彼の方は楽しそうにしていて、温度差を感じている部分もあります。
私が上手く振る舞えば良いのかもしれませんが、どうしても冷たくあしらってしまうのです。
嫌いになっているわけでもないけど、彼に構うという気持ちの余裕がありません。
幸せな光景を夢見ていて、私もやっとここまで辿り着くことができたと感動していたのに、現実味を感じるのはすぐでした。
一緒に住み始めると自分のことだけではいけない。
彼の事に気を遣いながら、やる事はこれまでの倍です。
付き合っている時は、私の家に彼が泊りに来ると張り切っていたのに、今はどうしてこんなにも窮屈に感じてしまうのかが分かりません。
彼に対する気持ちは付き合っている頃よりも増しているはずだけど、自分の行動が伴わないのです。
上手く笑えないし、食欲が湧かない、寝つきも悪くなるなど、新婚生活を始めてから良い事がありません。
本来あるべき幸せの形を私も楽しみたいのに、それを叶えることができないのです。
無理して彼に話しかけても、途中で「面倒くさくなってきた」と感じる始末。
どこかに出掛けようとする彼の言葉にすらイラっとします。
結婚してからの彼の行動は、付き合っている時に私と話していた夢を叶えてくれようとしていることには気付いているのです。
それなのに、私が上手く反応を返せません。
昨日、彼から「マリッジブルーなの?」と聞かれました。
私は言葉や大体の意味は知っていましたが、自分では気付けなかったのです。
まさか自分がマリッジブルーになっているとは思わなくて、受け入れ方が分かりません。
彼との関係を壊したくないし、私が幸せな気持ちを抱けるようにと願うのも諦めたくはないのです。
自分でも「我儘だな」と思ってしまうのですが、どうしても幸せになりたいし、彼と一緒にいたい。
私は、いつになったらマリッジブルーを終わらせられるのかな?
このままの状況は一刻も早く終わらせて、普通に会話ができて、楽しい時には笑い合って「楽しいね」と話しながら幸せなひと時を大切にしたいです。
幸せになるということがどれほど大変なものかは分かっていて、簡単には手にできないもの。
お互いに思いやりを持たなければ継続が難しくなるなど。
彼と結婚する前に何冊もの幸せになる為の本を読み漁りました。
「私が変わらなきゃいけない」「私が彼の安心できる唯一の場所を作りたい」「家庭が彼にとって癒しの場所であり、帰ってきたい場所であるように」と思っていたのです。
その為に行った行動でも、何もかも上手くいっていません。
体調は崩すし、彼に素直になれなくて、気持ちとは真逆の行動を取ってしまいます。
直したくても、不安や迷い、「私と結婚して彼は本当に幸せ?」と感じてしまうのです。
要らない考えが頭をかき乱し、平常心ではいられません。
早く彼との幸せを感じたいです。
マリッジブルーを克服する方法を早く教えてほしい…。

「俺の選択は間違っていたのかなと考え込むと気分が冴えない」(30代/男性/R様)

(30代/男性/R様)
(30代/男性/R様)
俺は付き合って4年になる彼女との結婚を真剣に考えて、プロポーズした。
プロポーズするまでは本当に彼女とずっと一緒に居たくて、早く同じ家に住みたくて、手料理を毎日食べられることや「おかえり」と言ってくれる姿に憧れを強く抱いていたけど。
実際には自分で結婚に進むための言葉を吐き出したのに、俺自身が今一番焦っている。
「好きだけど、この人でいいのか?」「彼女ときちんとした家庭を持つことができるのか?」など。
彼女はしっかりしているし、年上というのもあり、俺の方がどちらかと言えば頑張らないといけない。
感情的に「結婚しよう」と言ったわけでもなく、数カ月も悩んだ結果として「やっぱり彼女しかいない」と思い、プロポーズもした。
だけど、プロポーズした日から俺の中で気持ちがふわふわしてるのは事実。
彼女に何を求めたいのかもはっきりしないし、俺自身が二人の間で望むことすら分からなくなっている。
だから、気持ちがあちこちに向き、彼女と一緒に居たくないと感じてしまうのです。
この気持ちがどうして突然俺の中で大きくなってきたのか。
どうしてこのタイミングで考えるようになったのかの答えも分からないまま。
言葉にした以上、俺自身が頑張らなければならないのは承知の上。
分かってる、ちゃんと頭の中では「けじめをつけよう」という意識はある。
それでも結婚への気持ちが整理できなくて、分からなくなる。
だから今は完全に彼女から逃げている状況。
彼女を傷つけたいわけでもないし、不安にさせたいわけでもない。
俺が勝手にプロポーズして、自暴自棄になり、混乱している。
どうすればいいのかの答えが本当に見えてこない今が怖い。
みんなはどうやって結婚に真剣に向き合っているのだろうか。
プロポーズした自分が言う言葉ではないけど、不思議で知りたくなります。
俺には、結婚という縛られた環境が向いていないから今更逃げたくなったのかな。
本当は彼女への気持ちがないのか。
どうしたいのかも、この先のプランも、今は白紙状態で何も見えてはきません。
「彼女に悪いことをしているな」と感じる生活に疲れを感じ始めたし、自分の気持ちをどこに向かわせればいいのかも分からないから心が抉られるほど窮屈に感じる。
結婚したいわけじゃないのかな…
俺の相手はそもそも彼女ではないの?
答えを示してくれれば、俺は行動できるのに、誰かが教えてくれれば簡単なのに。
誰も口出ししてくれないから、余計に分からないまま。
こんな自分を知るほど悲しくも、虚しくもなります。
スポンサーリンク

婚約中だけど不安と思う方への僧念師匠のアドバイス

K様へ「あなたは別の場所で幸せを育む時です」

僧念師匠

K様は大好きな彼からのプロポーズの言葉により、現実を真摯に受け止めようと葛藤している時期ですね。

誰もが未来の見えない想像や理想の中で考えを大きくさせるのは難しく、それが人生においての大切な分岐点ほど苦しくもなります。

女性にとって結婚とはK様の幸福そのものとして表しても過言ではありません。

だからこそ、悩み苦しみ、さ迷いながらも必ずご自身の答えを見つけ出してくるのです。

K様がきちんと結婚に向き合うと、ご両親の愛情の深さや大切さ、愛のある家庭で育ってきたことを身に染みているはず。

夢や想像の中でご自身が考えを巡らせられないほど、不安で心が乱されているから現実を見ていたいということ。

辻仁成の言葉に”いつか幸せになりたいとか、夢を現実にさせたい、と願いを待つことは悪いことじゃない。それはつまり未来を信じているということだし、まだまだやらなきゃならないことがあるってことだ”とあります。

見えない何かに押しつぶされる心があったとしても、K様が抱く希望は決して失ってはならないもの。

旦那様になる人ときちんと真正面から語り合い、不安を少しずつでも解消する心掛けをしましょう。

このままマリッジブルーの終わりを待ち続けるのは、K様が幸せを感じたい時に得られなくなる原因に成り兼ねません。

幸せとは、いくつあろうと欲深く追い求めるもの。

K様が大切にしたい価値観や結婚後に何をして、どのような夫婦を望むのかなど、夢のある話しを積極的に行いましょう。

男性の中でも結婚を間近に迎えたからこそ、抱える不安は必ずあります。

夫婦とはお互いに補い合い、支え合うということ。

言葉にしなければ分からないし、伝わらないからこそ、マリッジブルーである今が二人の関係性をきちんと固めていく絶好のチャンスです。

悩みの多い時に相手と対話する心掛けは、決して無駄にはなりません。

一つずつの積み重ねを行い、お互いに気持ちを高め、安心して結婚生活に挑めるように行動を起こしましょう。

S様へ「失敗を恐れてその場を立ち去ることが何よりの恐怖です」

僧念師匠

S様はこれまでに経験のないものに立ち向かおうとしている最中です。

壁が高くて、先が見えない見通しの悪い場所でも、何か術を見つけることができれば、簡単に乗り越えられます。

人間の人生はこの繰り返しです。

物事や状況が変化しているだけであり、基本的には何も変わりません。

S様がマリッジブルーに陥り、自分に自信を失くしている状況であっても、必ず光が差し込む方角はあります。

どこからも光の差さない未来などないのです。

”人間である限り、誰でも過ちはある。しかし賢者や善人は、自分の過ちや失敗の中から、未来に備えるための知恵を学び取る”というプルタルコスの名言。

あなたの中で強い気持ちを抱き突き進む状況を作らなければ、当然のように成功を掴みとれないということ。

失敗を重ねるほど、良いものをS様が生み出し、確実な爪痕を残す。

それは、S様に意欲があるから言える言葉でもあるのです。

自分に自信を失うのは、「どうにかして改善していきたい」「状況をとことん変えてみたい」という欲があるから。

不安なまま終わらせるのではなく、「失敗してしまった」と頭を抱えるほどの行動を起こしてみましょう。

そこまで到達すればS様にふと答えが降りてくるのです。

R様へ「過去を見て考えている時は未来への想像が半減しています」

僧念師匠

R様はご自身の行動に「間違っていたのかな」と憂鬱に感じるほど、躊躇っているものがありますね。

しかし、R様が女性の為に交わした約束は、決して嘘の言葉にはなりません。

本心であり、一大決心をしたR様の功績です。

人間は過去を振り返り、「あの時はこうだったからな」「ああだったからな」と考える傾向があります。

これまでにあった事を振り返っても、未来に良い影響をもたらすものは何一つとしてありません。

過去を考える中でも、自分の行動や言葉に責任を持てた時に初めて結果が伴うのです。

考えるだけは容易く、また人の心を簡単にかき乱す最大の要因。

良いように考えたければ思考もそのように良い方向へ向く。

悪いように考えれば、同じように悪い瞬間として捉えることが多くなるのです。

フランクリン・ルーズベルトの名言に”未来の実現を制限している唯一のものは、現在への疑いだろう”とあります。

今のあなたを信用しなければ、過去を誇れることも自分ではできないのです。

未来を幸せなものにするには、現在の考え方が重要。

女性と新しい生活をする楽しみを、考え方一つで無駄にはしないように。

R様はご自身の行いに自信を持ち、考えを前向きにすれば幸せを引き寄せられるのです。

スポンサーリンク

婚約中に不安を感じてしまう原因【マリッジブルー】

気持ちの保ち方や前向きな姿勢が失われる

婚約中に不安を感じてしまうマリッジブルーの原因は、気持ちの保ち方が失われること。

気持ちを保つのが難しくなると、徐々に前向きな姿勢は失われます。

「結婚したかったから本当に嬉しくて堪らない」と抱けたとしても、気持ちを保てなくなると、せっかく希望を抱けていた現実を見失う可能性も。

幸せは望みたくて、叶えなくて誰もが奮闘します。

だからこそ、目の前に訪れる新たな環境や心境により気持ちを保てなくなるのです。

しかし、あなたが少しの期待の中で「結婚」という大きな人生の節目を迎えるよりも、漠然とした内容であっても夢を大きく抱きましょう。

夢に「怖い」「本当に叶えられるの?」とマイナスに考える必要はありません。

抱く気持ちにやり過ぎだと言うことはなく、あなたの気持ちがあればそれは気力となり自分を前進させてくれるきっかけです。

大切な人を失いたくなくても、気持ち一つで最悪の状況を招いてしまうのがマリッジブルー。

関係良好な二人が、マリッジブルーを原因にお互いに距離を感じ、離れてしまえばもう戻すことができなくなります。

不安から後ろ向きな考えを持つのではなく、期待を精一杯背負いましょう。

結婚はそれが許される時でもあります。

あなた一人で成し遂げるものではないからこそ、叶えられる可能性に満ち溢れているのです。

新たな人との出会いがストレスだと感じる

新たな人との出会いがストレスだと感じるのは、婚約中に不安になるマリッジブルーの原因に挙げられます。

結婚を視野に入れ、お互いの了承を得れば、それぞれの両親に正式な挨拶に向かうものです。

しかし、結婚となれば互いの両親だけではなく、親戚周りとの付き合いも欠かせないものとなります。

婚約者と繋がりのある人でも、あなたと波長の合う人ばかりではありません。

嫌味を言ってくる人もいれば、過去の知りたくもなかった話しを持ち出されることもあるのです。

また、親戚だけではなく仕事関係の人や友達と関わる機会や挨拶をすることも増えます。

彼の為にやらなければならないけど、一度でも嫌な思いをしてしまうと気持ちが重たくなるのは当然です。

あなたが関わりを深く持たなくてもいい相手に傷つけられる必要はありません。

自分自身を守るためにも、パートナーになる人ときちんと話しをしましょう。

夫婦になるのであれば、お互いの認識は知っておかなければならないのです。

他人との生活が自分への負担に

婚約中に不安を感じてしまうマリッジブルーの原因、それは他人との生活が自分への負担になること。

「朝起きる時間が違うから変に気を遣ってしまう…」「どうして洗濯物をこういう風に扱うのかな」など。

生まれてきてから、結婚に至るまでに自分のやり方がすでに出来上がっている人がほとんどです。

そのため、結婚してから相手に合わせることが難しく、押し通す考えばかりを抱けなくなります。

必要以上に他人との生活で感じる不安や不満が大きくなるのです。

上手くいくこともあれば、いかなくて喧嘩になるというのも珍しくありません。

お互いに思い合うことが必要だと分かっているからこそ、窮屈な生活に慣れずにどこにも吐き出せない不満となり心の中で大きくなるのです。

「私だけが我慢すれば生活が上手くいく」という物事ばかりではないから、どれなら伝えてもいいのか、これは相手に合わせるべきなのかと慎重になり、頭を悩ませる問題が増えます。

一度我慢すると、今後の負担に切り替わるのです。

婚約中に不安に感じやすい事とは?

自分にできるのかという葛藤

婚約中に不安を感じやすい事は、自分にできるのかという葛藤です。

男性も女性も関係なく、結婚に対して抱く不安が全くないという人はいません。

「彼女が喜ぶための生活を送り続けることができるのかな」「何かサポートできることを自ら見つけられるのかな」「毎日家事に追われる生活をきちんとこなせる?」とこれまでとは全く違う環境に身を置くという結婚。

それが自分たちで作り上げる家族の形になるからこそ、責任感を強くするのです。

相手との生活を上手く進めるには、自分のやらなければならないことはしないといけない。

それがこれまでのように後回しにはできず、自分のペースでやり続けることもできません。

それをお互いが、実は感じ合っているのです。

男性も何も考えていないようで不安を感じていることは山ほどあります。

収入面や生活面など、奥さんに生活の不安を与えないようにやり続けられるのかを気にしているのです。

辛くなった時は、お互いに支え合い、出来ないところは補い合う優しさを持ちましょう。

これは夫婦円満の秘訣でもある大切なことです。

すべてが変わることへの苛立ち

すべてが変わることへの苛立ちは、婚約中に不安を感じやすいこと。

結婚は、あなたの状況を一変させるもの。

女性の中には姓を変更し、慣れない状況が続くことも。

住居が変わり、新しい環境で一からスタートするカップルも少なくありません。

しかし、一つでも何かを変えるのは、ストレスを感じてしまうものですが、結婚は一気にたくさんの生活の基本となるものを変えていきます。

最初はそれが嬉しくても、徐々に不安を感じさせる要因となり、「これでいいのかな」と変化に心が着いていけない辛さを味わうことも。

慣れた環境から不慣れな場所に行くのは、何よりも恐ろしいと感じるのです。

恐ろしさを一気に背負うから、マリッジブルーになりやすく、他人と比較して自分を蔑む人もいます。

自分なりのやり方さえ見つけられれば、気兼ねなく生活を送れますが、不安を感じている時はなかなか難しいものです。

お互いに慣れない環境ではあるものの、女性の方が役割が多いから、不安を感じやすくもなります。

彼に手伝ってもらう事、時間のある時は気晴らしになる場所へ連れて行ってもらうなど日常の生活から少し離れてみましょう。

苦しい中に楽しい事を挟むと、新たな気持ちで挑めるからあなたが幸せを感じやすくなります。

経験のないものを作り上げる見えない壁

婚約中に不安を感じやすい事は、経験のないものを作り上げる見えない壁です。

婚約した時は、何もかもが分からない状況のまま進められるもの。

「この後どうしたらいいのかな」と考える瞬間も多く、それをその場で聞けない人もいます。

しかし、経験のないものだからこそ、二人で作り上げる意識を持ちましょう。

「こういうやり方をしてみない?」と二人で模索しながら行うと、自然とコミュニケーションは良くなります。

婚約や結婚に不安を感じる人の多くは、相手とのコミュニケーション不足ということも。

目の前の大きな行事に手いっぱいで、相手の気持ちを考えられなくなるのです。

二人がお互いにきちんと会話を大切にすれば、不安を感じても「彼が私にはついているから」と勇気に変えられます。

恋愛のゴールインを果たしても、まだまだ関係を深めていく意識を持ちましょう。

会話や触れ合いが、結婚してからの日常に欠かせないものとなります。

婚約や結婚をしたら終わりではなく、ここからが二人のスタートです。

お互いに自分たちの住みやすい環境や幸せを感じられるための行動をしましょう。

婚約中の不安(マリッジブルー)の乗り越え方

相手ととことん話し合う

婚約中の不安の乗り越え方は、相手ととことん話し合うことが挙げられます。

好きな人と幸せになるために決断しても、お互いに話し合う機会を設けなければ心の距離は開くばかりです。

心の距離は一度離れると簡単に戻せなくなるもの。

しかし、相手との関係を何よりも大切にし、生活の一部だと感じれば、これまで以上に深い話しを積み重ねられるのです。

付き合っている期間では絶対に会話に出さなかった仕事の愚痴などを、結婚して相手ととことん話す機会に盛り込まれるようになるもの。

行動に意味を感じられると、二人でいる空間も、見えない未来に突き進み見続けることも頑張れます。

目標を持てばそれに向かい努力できますが、婚約中は不安を抱える方が強まり、プラスに物事を考えられなくなるからこそ、二人で話し合う時間を大切にしてください。

どれだけ時間がなくて忙しくても、最低限の言葉に一言付け足すなどの工夫をし、辛い状況を乗り越えましょう。

婚約という幸せでありながらも不安を感じる気持ちに、二人の愛情で打ち勝ち、本来の愛を手にしてください。

周りの環境を自分の視点で見ていく心掛け

周りの環境を自分の視点で見ていく心掛けは、婚約中の不安(マリッジブルー)の乗り越え方です。

「彼の環境に合わせることや先に話しを聞いてしまうから上手く付き合えないことがある」と悩む人も少なくありません。

しかし、婚約してあなたの環境が変わり、相手を受け入れる中でも、自分の視点を持つことは大切です。

あなたがどう捉えるのかで、状況を変化させられる場合も。

彼に合わせてばかりで自分の得られる幸福を遠慮するよりも、あなたの視点を大切にして望みを叶えていく方が幸福度が増します。

自分自身がどう感じられるのか、必要としていくのかで状況はいくつでも変えられるものです。

環境が変わる時こそ、自分が感じる思いなどを大切にしてください。

それはきっかけの一つとなり、結婚生活に彩を与えられます。

彼が苦手な相手でもあなたにとっては波長の合う人であれば、その人の存在を失うことはしなくても良い事。

二人が一緒になる婚約は、相手を縛るものではありません。

あなたが大事にするものと、彼が大切にしたい事の区別をきちんとつけられるようになりましょう。

お互いに守りたい感情や考えがあると、どんどん状況を楽しめるようになり、不安を抱えるというよりも、チャレンジ精神を高められるのです。

「あの人とお話してみようかな」「あの場所に私だけで行ってみてもいいかな」とそれぞれに前向きな考えを保てるようになります。

夫婦でもお互いの時間を大切にする

婚約中のマリッジブルーの乗り越え方、それは夫婦でもお互いの時間を大切にすること。

「結婚したら自分だけの時間がなくなってしまう」「彼と一緒にいる時間は、それぞれのやりたい事は我慢すべきなのかな?」と悩む方。

しかし、婚約中に不安を感じる自分の時間を持つ大切さは、今後の結婚生活の中でも単純にタイミングが変化するものです。

結婚当初は二人の時間を大切にしようと、自分の時間を我慢し続けてきても、環境に慣れれば状況も変わります。

それが、二人の時間から自分の時間にしていくこと。

最初にどれだけ自分の中で気持ちを隠したとしても、次第に相手に伝えなければ辛くもなるのです。

それなら最初からあなたが苦しまない方法を取るのは、最善のやり方。

小さな気持ちのズレから、関係破綻になるカップルもいるからこそ、マリッジブルーは恐ろしいものとなります。

そのため、あなたが彼に知っておいて欲しい事、大切にしたい事はきちんと伝えてあげてください。

相手も伝えなければ分からないからこそ、後悔を抱く要因に成り兼ねません。

夫婦生活の中でどの時間帯にそれぞれの時間を作るのかは、しっかりとお互いが意識し合いましょう。

僧念師匠のワンポイントアドバイス

僧念師匠

婚約した途端から、あなたの心の中で抱き続けた感情と真逆の気持ちを抱くのがマリッジブルーです。

あなたは幸せになりたいだけであり、大好きな人との未来だからこそ大切にしたいもの。

しかし、自分一人でやってきた経験が婚約すると、二人の未来に変わります。

これがあなたの人生の中でも明暗を分ける大切なものだから、マイナスな感情を抱くことも否定できません。

自分だけの人生であれば、自業自得と気持ち一つで終わらせられるのです。

マリッジブルーは、お互いに相手の人生を背負っているから、その分苦しみも、辛さも倍増していくことになります。

マリッジブルーの乗り越え方を参考に、あなたが真実の愛を見失わないように努力しましょう。

未来が好転する?衝撃の占い【フューチャーオラクルカード】



こちらの記事を読んであなたの悩みや不安はなくなりましたか?

もしも、「まだ不安がある…」「悩みがまだ消えない…」というのなら、当サイトおすすめのオラクル鑑定士「鳳条先生(ほうじょうせんせい)」の未来が好転するフューチャーオラクルカードをお試しください。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事