占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

沖縄以外は緊急事態宣言が解除されましたね!運命の大きな分岐点です!!

2021年は風の時代となり、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、オラクルカードを試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

「母親の死の深い悲しみを乗り越えることがなかなかできない…」「親の死が訪れてからは、無気力状態が続いてしまってどうしたらいいのか分からない」「親の死を受けてから、後悔ばかりで気持ちの整理がつかない」と色々な事情を抱え、親の死を乗り越えることに苦しんでいるあなた。

大切な存在である親の死に直面し、深い悲しみの渦中にいる人へ、現実を乗り越える方法や抱く気持ちの向き合い方をお伝えします。

あなたにとって親の死は、なかなか受け止めることのできない深い悲しみを与えるだけでなく、心身ともにストレスを感じるものとなるものです。

人間には必ず訪れる死であるものの、現実を目の前にした時には、親に対する言葉にならないほどの後悔や今までの親子関係を思い出さないことはありません。

親の死を受け入れ、どう乗り越えていけばいいのか苦しんでいるあなたに、大切な人の死に向き合う方法を伝授します。

親の死を乗り越えることは、あなたの生き方を大きく変えることに繋がるのです。

あなた自身が親の死を乗り越えることを諦めなければ、親から与えられた深い愛情に触れることもでき、幸せをも感じられるようになります。

目次

「親の死に直面」「親が死の直前」で悩んでいる方のご相談

「親の死から精神的なストレスを拭うことができない」(20代/女性/W様)

(20代/女性/W様)
(20代/女性/W様)
私は、両親とこれまでずっと仲が良く、友達のように過ごしてきました。
先月母を突然亡くし、気持ちが今でも付いていかず、何をしても自分の感情は全くないのかと思うぐらいに無気力状態です。
父は、どうにか私達家族の前では気丈に振る舞ってくれるのですが、最近ではその事ですら辛くなり、父の顔を直視できなくなりました。
私はずっと小さい時から母に「花嫁姿を見るまでは死ねないね」と言われ続けてきたので、その後悔も強く、どうにかして時を戻したくなり、いつか帰ってきてくれるんじゃないのかと感じる瞬間もあります。
事故に巻き込まれ、歩道を歩いていた母が死んでしまい、これまでの感謝の言葉も何もかけられないまま、離れてしまい、私はどうしたらいいのか分かりません。
髪の毛が抜けてしまうようになり、心は疲れているのに、眠ることができず、何も考えたくないのに、母との思い出ばかりが蘇り、毎日泣くことしかできていません。
大学に行かないといけないのは分かっているのに行くことができず、ご飯を食べないといけないのに、口にすることができません。
母がいなくなったストレスが大きすぎて、何もやる気が起こらず、このまま母のところへ行ってしまいたいと感じることが多くなっています。
母が亡くなってすぐは、「母の為に頑張らないと」と気持ちを保つことができていたのですが、日が経つごとに本当に帰ってこないことを感じると苦しくて家にいることさえ辛くなってしまうのです。
もう自分でもどうしたら良いのか分からず、心の疲れを取ることもできず、ただ生きていることが苦しいと感じます。
なんでこんなに早く死んじゃうの。
私を置いていかないでよ…
日が経つごとに本当に胃が痛くなるぐらい考え込んでしまいます。
もう楽になってしまいたい。

「後悔ばかりが募り、無気力でも自分を強く恨んでしまう」(30代/女性/S様)

(30代/女性/S様)
(30代/女性/S様)
お母さんは、女手一つで私たち兄妹を養ってくれていました。
しかし、ある日祖父母と一緒に暮らすようになり、お母さんは家に帰ってきている時間がほとんどなく、帰ってきても夜中の遅い時間帯で、家を出るのも早朝という幼少期時代。
祖父母と暮らすようになってから、最初の頃は可愛がられている実感もあり、楽しく生活できていたけど、おじいちゃんが死んでからおばあちゃんは私に暴力を振るうようになった。
助けてほしい時にお母さんに電話しても出てくれない。
「怖いから連れて行って」と言っても、「お願いだから家にいて、帰ってくるから」としか言われず、おばあちゃんからの暴力はエスカレートする一方でした。
私が中学生になったタイミングで引っ越しをして、状況は良くなると思ってた。
でもそれは叶わず、暴力だけでなく、家に入れてもらえることさえできなくなり、遅い時間に帰ってくるお母さんを寒い中待ち続けていたことが頻繁にありました。
でも何度お母さんに訴えても、「仕事に行かないと」と助けられることはなく、私は中学3年生になった時、家を出てしまったのです。
年齢を誤魔化しバイトを始め、一人で暮らすようになり、家族との連絡は一切とらずに20年以上が経った頃、一つ上の姉から知り合いを通し電話がきました。
「お母さんが会いたがってる」と言われ、私はもう家族と思っていなかったので「会うつもりはない」と伝え続けていたのです。
それから2年後、姉が私の知り合いと一緒に家に来て、「最後にお母さんと会ってほしい」と頼まれました。
この頃は、お母さんが病気で倒れているとは知らず、会うことを拒否したのです。
その翌日、電話でお母さんが亡くなったことを告げられ、聞いたときには「寂しい」「辛い」という感情が湧かず、通夜にも葬式にも行くことはありませんでした。
でも、兄妹が揃って家に来て、これまでの事をすべて聞かされ、「ずっと会いたがってた」「もう一度一緒に住みたいと頑張ってた」「私を連れ戻すために家を建てようとずっと願ってた」と聞かされ、私の心は痛みに押しつぶされたのです。
「なんで求められたのに会いに行かなかったんだろう」「ごめんなさい」という言葉しか浮かばず、それからは心がどこかに行ってしまった感覚になっています。
我が子を一度でも会わしてあげればよかった、結婚式にちゃんと呼べばよかった、本当はずっと会いたかったことを伝えればよかったと今になって後悔ばかり。
兄妹の話しを聞いてからは、もう何もやる気にならず、無気力だけど自分を恨んでしまう、最後まで安心させることができなかった。
「子供のために生活はきちんとしないと」と思うけど、体が動かない。
本当に辛くて、立ち直り方がわかりません。
助けてほしいです。

「親の死を受け入れる覚悟ほど怖いものはありません」(30代/男性/T様)

(30代/男性/T様)
(30代/男性/T様)
俺は、養子としてここの両親に育てられてきました。
本当に自分の子供の様に育ててくれた両親には感謝でいっぱいです。
母親は、2年前に他界し、先日、父親が癌という事を告げられました。
余命2ヵ月だと言われ、なんで一緒に暮らしているのに、父親の異変に気付かなかったのか。
悔やんでも仕方ないけど、残された時間をどう向き合えばいいのか分からない。
母親を亡くした時、俺を支えてくれたのは父親で、もう俺だけが残されてしまう。
死なないでほしいけど、目の前にいる父親は、もう話すこともまともにできない状態。
死を受け入れる覚悟ってなに。
どうしたらこんなに愛情を注いでくれた両親の死を受け入れることができるのか、俺にはわからないし、できる気がしない。
覚悟したくてもできなくて、どう話しかければいいのかさえ分からない。
「生きてくれ」って言いたいけど、これ以上負担をかけるわけにはいかないから。
父親まで俺の前からいなくなることを考えるだけで、すごく怖くなる。
俺ってこんなに弱かったかなと感じるほど、本当に失いたくない存在。
家に帰ると、何も変わらない状態だから、「また帰ってくるんじゃないか」と期待してしまう自分がいる。
父親には残された時間がないから、俺が親の最後の為にお世話になった人たちに連絡入れないといけないけど、誰にも電話することができないでいた。
残り少ないと分かってしまうと病室に入ることも苦しくなり、やせ細っていく父親を見ると辛くて仕方ない。
どうしたら父親の死を覚悟できるのか?
最後にいい別れ方をするにはどうすればいいのか?
目の前であんな状態の父親を見ているのに、死を受け入れる覚悟ができません。
父親の為にも覚悟しないといけないのは分かってるけど、俺を一人にしないでほしい。
考えるだけで怖くて、震えが止まらなくなる。
感謝することはいっぱいあるのに、自分の気持ちがついていかない。
死んでほしくない、まだ一緒に暮らしたいと願ってしまうばかり。
スポンサーリンク

親の死に直面し深すぎる悲しみから乗り越えたいと思う方への僧念師匠のアドバイス

W様へ「あなたが生きることがお母さんの幸せになる」

僧念師匠

お経の一説に、「我々は一度この世に生を受けたからには、必ずその命を返さなければならない時が来る」という言葉があります。

親の死は、W様が経験したように、簡単に拭いきることのできない深い悲しみを背負ってしまうものですが、それでもあなたには、まだ命が残されているのです。

これは、親の死を受け入れることで、悲しみを背負い、苦しみ、辛い状況を乗り越えるべきものであり、最後に親が我が子に残す最大の愛情と受け止められます。

順番に行けば、親が子供より先に死を迎えることは当然のこと。

たとえ突然の死であっても、親があなたに残したものは大きな愛情でしかないのです。

肉体に触れ、お母様の体温を感じることはできなく、寂しい思いを抱いてしまうもの。

お母様はW様に与えてきた愛情は、自分がいなくなった時に、誰かから与えられる愛情の深さを知っておいてほしいことを願った、心の籠った贈り物です。

あなたが愛される人、愛情の深い人であってほしい。

そう願い続け、いつでも近くにいて、あなたに寄り添い、愛情をかけて育ててきたのです。

お母様が亡くなられた今、W様にはお父様もそばでW様に愛情を注いでくれています。

今度は、お母様から受けた愛情をW様が他の人に与え、心を成長させていかなければなりません。

お母様を亡くした悲しみを忘れることはしなくても、受けてきた愛情を与えることを目標にしてみてください。

そのお相手がお父様でも良いのです。

お母様の大事にしてきたこと、W様を守りたい思いから、愛情を深く注がれ、それをきちんと受け取ることができているから、深い悲しみを感じられています。

深い悲しみや苦しみは、決して悪いことではありません。

W様が経験したことで得た、成長に必ず繋がるものとなるのです。

それを無駄にしないことが何よりのお母様へできる最大の恩返しになります。

食事を摂取し、睡眠を取ることは、今まで意識せずとも行えてきたことです。

それを当たり前にしてくれたのは、お母様の深い愛情があったからこそW様は生きることができ、苦しみを感じられ、お父様の様子を伺うことができています。

お母様が亡くなられてW様が感じてきたことは、どれもお母様が大事にしてきたことであり、守り抜きたかったことなのです。

それを次に守ることができるのは、最大の愛情を受け継いできたW様への宿命という母親の愛情と言えます。

S様へ「天国へ向かい、毎日あなたを近くで支えてくれる存在になる」

僧念師匠

S様は、最期の時までお母様の本心を知ることができず、S様自身も苦しみを背負ってきたことで別れを受け止めることができていても、それ以上の苦しみを感じ続けているのです。

お釈迦様は、「無常を観ずる菩提心(ぼだいしん)の一(はじめ)なり」という言葉を伝えています。

このお言葉に込められている意味としては、「死を真面目に見つめることは、本当の幸せになりたいという心の第一歩である」と言われているのです。

S様が育ち、抱えてきた心境や苦痛、孤独感は決してなくなることはありません。

それでも、お母様の死を受け止めたことで、S様の中に抱いていたわだかまりは解消されていることもあるはずです。

「すべてを許すことができない」「死んでも何も感じない」ということは、今はまだS様には心の本音が訪れていないと言えます。

それは兄妹がS様とお母様を幸せに導きたいと、あなたにお母様が抱えてきた後悔を知らせたい気持ちがS様の心を溶かしてくれているのです。

S様がお母様の死を受け入れられたことで、心に温かい感情が芽生えています。

「なんで会いに行かなかったんだろう」「ごめんなさい」という言葉が紡がれているということは、S様が本当の幸せを手にしたかったからであり、後悔を抱いていることで許してほしいと願う思いでもあるのです。

死を真面目に受け入れることができたS様には、本当の幸せを感じる未来があります。

それは、お母様があなたのために繋いだ大切に思わなければならない人生です。

過去を変えることはできず、苦しい思いをしてきたけど、ここから先は幸せだけを感じてほしいという愛情になります。

S様が現実を受け入れたことで、そこにある幸せの第一歩を踏み出そうとしているのです。

お母様の死を受け入れる事がなければ、今でもS様の中にはわだかまりが癒えない状態であったことを告げています。

お母様が望まれた本当の幸せを感じるために、今はゆっくり自分自身を受け入れることもしましょう。

それがお母様が本当に望まれた未来であり、いつも傍にいて見守りたいという想いから与えた愛情となるのです。

T様へ「死を受け入れることは魂を受け継ぐという事。本当の愛を与えられたから心で感じるものがあります」

僧念師匠

T様を本当に我が子のように愛したご両親を、T様は大事にしながら、愛を感じ続けていくことで、お母様もお父様も幸福になれるのです。

これまで深く大きな愛で包み込んでくれたご両親の死を受け入れることは、簡単なことではありません。

人間は、親の死を受け入れるほど苦痛なことはなく、それ以上の悲しみはないのです。

そう感じられているのも、親から最大の愛情を分け与えられた確かな実感がT様にあるから、死を受け入れる覚悟をすることが困難であり、ご自身を奮い立たせることに難しさを感じています。

血の繋がらないご両親であっても、目に見えなくなる未来が近づいていても、決して魂は無くなることはありません。

ご両親の魂を受け継ぐ心を強く持つことを考えてみましょう。

幼少期にどんな言葉をかけてもらい、悲しいことや嬉しいことをT様が乗り越えてこられたのか。

どんな表情でT様の帰りを待っていてくれたのか。

一緒に食事している時には、どんな会話をし、一緒に出掛け、思い出として残してくれたのか。

T様にしか残されていない思い出はいくつもあるのです。

T様の心が喜ぶ行いとしてご両親がしてきてくれたことを、今度はT様が受け継いでいくことが家族を守るという事になります。

T様がお父様に与えられるのは、悲しみの深さだけでなく、与えられた愛情を受け継ぐという意思を感じることです。

心から愛を与えられたT様だからこそ、受け継ぐことこそが最大の親孝行になります。

お父様の笑顔や優しさを思い出すことができれば、T様は必ずこれからも嬉しくなったその気持ちを守りたいと感じ、それは自然と行動に表れ、最期を良い形で見送りたいと感じることができるようになるのです。

先に旅立たれたお母様の元に近づくお父様にT様がこれまで与えられた愛情を返していきましょう。

スポンサーリンク

親の死は悲しく辛いだけでなく心身ともにストレスとなる理由

不安や恐怖が押し寄せる

親の死は悲しく辛いだけでなく、心身ともにストレスとなってしまう理由は、不安や恐怖が押し寄せることで強くなるのです。

親の死を受けることで、徐々にあったはずの存在が失われている現実を感じ、不安が強くなります。

身近な存在であるからこそ、感じる不安感はなかなか拭えるものではなく、強さを増すことの方が多いのです。

あなたが生まれた時から常にそばに居てくれた親の存在は、失うことで大きさを感じ、深い悲しみを生み出します。

息を引き取る瞬間、肉体との最期の別れを見届けることで、恐怖心が強く出てくるようになるのです。

これまで当たり前に傍にいた人の存在が、突如目の前から消え、親の死を迎えた人は、心をどこに向かわせていいのか分からなくなります。

「行かないで」と言いたいけど、自分自身の中で受け入れようとしている感情もあることで、なんとか自分を保つことができ、現実感がない状態で行われるから取り乱さずに見送ることができるのです。

しかし、近い存在である親であれば、亡くなった直後ではなく、数日経った頃に深く思い詰めてしまう時期が訪れます。

親の存在を確かめられない日々が続くことで、恐怖心が表れ、本当にいなくなったことを痛感することで「どうしよう」「これからどうすればいいの…」と考え込んでしまうのです。

いつも頼り、喜びも悲しみも一緒に乗り越えてきた親の存在であるから、不安でいっぱいになり、自分の無力さを感じることが増えていきます。

不安や恐怖心を感じ、それがあなたの行動の重たさを表し、食欲不振、睡眠不足を引き起こし、体も心も疲れ切った状態になるのです。

無理に頑張ろうとする気持ちが強い

親の死で残された人が受けるのは、悲しみや苦しみだけではありません。

親の死を迎えたことで、最初に訪れるのが現実を目の当たりにした時のショック期です。

そのショック期から立ち直ろうとするのが、「私がしっかりしないと」「今母の為に頑張らないと」という無理をして、乗り越えようとすることになります。

親の死を受け入れようと努力する心の強さは、誰にでもできることではなく、前を向こうとする良い行いです。

しかし、「頑張らないと」「これもやらないと」と大切な親を亡くしたことで、すべてを背負ってしまう人は少なくありません。

自分で心を支え、一人で頑張ろうとする人には、気持ちを奮い立たせている間は大きな苦しみを少しでも紛らわせることができています。

一方で、無理に頑張っている人ほど、脆く崩れる可能性が高く、一人になった時間に無気力となってしまう場合があるのです。

抱えた傷を癒しきれていない状態で無理に頑張り続けてしまうことで、心も体も強いストレスを感じ、後に「私も親の元へ行きたい」とうつ状態になる人もいます。

親の死を経験した時には、「頑張る」というよりも、「今を乗り越える」というように心構えをしてください。

無理に親のしてくれていたことをすべて完璧にこなす必要はないのです。

あなたが今できることは、親の存在を受け止め、その偉大さを感じることが大切になります。

偉大な親の元で生きている今を大事な命と捉え、自分なりの幸せを探していくようにしましょう。

心の揺れ動きが激しく、感情をコントロールできなくなる

親の死は、特に個人差が大きく、感情の揺れ動きがどの時期に出てくるのかは分からないものです。

死を目の前で見てすぐに受け入れられる人。

現実をすぐには受け入れられず、時間とともに「現実なんだ」と感じる人。

死を受け入れたくなく、現実からできるだけ逃れようと気持ちの整理を行わない人。

どの状況であっても、その人が感じるストレスは大きく、深いものとなるのです。

精神的に追い込まれ、情緒が安定しなくなり、感情を自分自身でコントロールできなくなります。

「涙が止まらない」「どうして私は残されたの」「人と目を合わせることができない」「誰の言葉も耳に入ってこない」という症状を起こす人は多く、うつ病に似た状況が訪れるのです。

自分の変化に気付きにくく、知らない間に「笑えていなかったんだ」と周りに言われて気付かされることは少なくなく、そのような一言でもストレスを感じるものになります。

自分は必死に耐えて生きているのに、できていない事を指摘されることで、普段以上のストレスを与えられ、人との関わりを拒絶してしまうことも少なくないのです。

心身ともにストレスを強く感じているため、思うように行動を行える状態ではありません。

無意識のうちに涙を流しているのも、笑えていないのも、あなたが強く生きようと踏ん張っている証です。

自分を追い込みすぎずに、心を休める時間、故人を偲ぶ期間を設けることも大切な親への恩返しになります。

心が揺れ動く中で、無理をして受け入れる必要はないのです。

あなたの親御さんは常に身近に魂として生き、必ず見守っています。

親の死と向き合う方法。親の死を受け入れるには?

思い出を大切にする

親の死と向き合う方法は、思い出を大切に思うことで死を受け入れられるようになるのです。

あなたにとって一番近い存在であり、どんな時もそばに居てくれた親であるため、いくつもの思い出が心の中にあります。

親の死を迎えた時には、その場にある悲しみを感じ、過去の思い出を振り返れないという人もいるのです。

しかし、あなたとどんな時も一緒にいた両親であるから、思い出を良いものとして心に刻むことは大切なことになります。

亡くなった親との思い出は、思い通りに進まなかったことも、今まで怒りを感じていたことも、あの日の喧嘩や失敗も、今だから笑える内容へと変えていくことができるのです。

兄妹や身内などは、あなたの知らない親の姿を知っていることがあります。

それを知ることで、「もうゆっくり休んでね」「見守っててね」と感じられるようになるのです。

常に一生懸命に生きた姿を見た人に対しては、たくさんの思い出が蘇り、それが絶えることはありません。

あなたの心にも、親の魂にも残り続ける大切な思い出となるのです。

故人を供養するときに、「思い出を話すことが何よりの供養になる」と聞いたことがあるでしょう。

これは、本当にあることで、思い出してもらえることは何よりの供養になるのです。

亡くなった人の魂は生き続け、この世に存在しています。

肉体が無くなったことで目には見えていなくても、思い出を語り合ってくれていることを喜んでくれるのです。

忘れることをしてはいけない

親の死と向き合うためには、忘れることをしてはいけません。

人間は亡くなった人を悲しんだ後には、姿がないことで「忘れないと」「頼れないんだ」と感じることで、忘れようとしてしまうことがあります。

しかし、頼ることができなくても、忘れる必要はないのです。

存在はなくても、残してくれたものや形は必ずあなたの生活の中にいくつもあります。

あなたが当たり前に「いただきます」と言えるのも、親に伝えられたことが生き続けているからなのです。

「頼れない」「いない」と考えるのではなく、今あなたが当たり前に行っている行動に感謝することが大事なことになります。

いくつもの経験を積ませてくれた親には、どんなに感謝したくてもしきれないのです。

あなたが親の残してくれた教えを大事に思い、その心を大切なものとして取っておくことが向き合うことに繋がります。

親の行動を受けて育ってきたあなたには、何よりも家族と生活した日々や教えが自分と家族が向き合う大事な時間になるのです。

「忘れない」「いなくならないで」と動かなくなった親の姿を見て、悲しみが深く押し寄せてくることも少なくありません。

親の死に向き合うことは、どんな状況よりも一番苦しく、自分の中で上手く感情を整理できないことでもあります。

無理して向き合うよりも、良い形と捉えて死を受け入れる方法を行いましょう。

泣くことも、後悔することも親の死を受け入れるためには大事なことです。

感情を閉じ込めて、きちんと向き合うことをせずに忘れようとすることはしないでください。

今を大事にする

親の死を受け入れる方法は、今を大事にすることで向き合うことができるようになります。

「こうしておけば良かった」「まだ約束したことできていないのに」ともうできなくなった現実を見て、後悔を募らせる人はたくさんいるのです。

しかし、過去の後悔や叶うことのない未来への希望ばかりを抱くことは、亡くなった人が一番心残りにしている事でもあります。

それでも、あなたが強く生きるために魂として支える覚悟があるから、死期を迎え姿を消してしまったのです。

どんなに辛い状況でも安心できないと、この世にしがみつき、死ぬことができません。

それでも亡くなったという現実は、あなたの今を大事にすることを選択してほしいからなのです。

過去に戻り、楽しむこともできなかったことを成し遂げることはできません。

しかし、あなたが今を生き、今目の前にあることを一生懸命進めていくことが死と向き合う大事なことになります。

「今、お母さんが天国に行ったのは、私にこれを残すためだったのかな」「今お父さんの大きさを感じているよ」と素直に感じることです。

あなたの素直な今の感情は、親にとっては子供の成長を感じられる何よりのご褒美となります。

生きている時では聞くことのできない事はたくさんあるのです。

今、感じていることを言葉に出し、親を褒めてあげることで、受け入れることができ、あなたの生きる気力となります。

親の死を乗り越える方法。立ち直れないと諦めないでください。

最愛の人を活かす

親の死を乗り越える方法は、最愛である人を活かし、あなたの人生の成長に繋げていくことです。

親の死は順番であっても、誰もが経験しているものではなく、実際に悲しみに暮れた人でしか知ることのできない想いがたくさんあります。

深い悲しみを知った人には、それを活かすことができるのです。

「こうしてもらったな」と思い出し、それを人に与えることができます。

本当に大切な人を失い、深く落ち込んだ人にしかできない、見つけられないことでもあるのです。

あなたが親の死を乗り越える方法として、両親の良いところを受け継ぐということ。

「母親はこうして待ってくれてた」と親がやってきてくれたことを、あなたが活かすことで死を乗り越えることができるようになります。

自分自身の中で、親が残してくれたものを実感し、自身で行うことで、「自分の心の中にいる」と強く感じることができるようになるのです。

「そんなことあるわけない」と否定する人もいますが、徐々に親の死を受け入れる準備は行っていくこと。

その段階に来た時には、親がしてきてくれたことを一つのあなたの生きる力とし、自分の中に強く残ることで、死を乗り越える大きな変化になるのです。

これが出来た人は、喜びを感じやすく、親の有難さにいち早く気付くことができます。

当たり前にあることを、「こうしてくれた」と感じ、自分に取り入れることは難しいことでもあるのです。

その当たり前に気付いた時は、心から親の存在を愛すことができ、死を乗り越える第一歩となります。

周りの人を頼ることを忘れない

親の死を迎えた人は、周りの人を頼ることを忘れないことが、乗り越えるための一つの方法となるのです。

親の死を目の当たりにして、感情を塞ぎ込み、誰にも助けを求めることができない人はたくさんいます。

親が亡くなった時だから、「甘えられない」「強くならないと」と奮い立たせようとしてしまうのです。

しかし、親の死ほど人生で悲しく、辛いことはありません。

そんな状況だから周りに助けを求め、頼ることが必要です。

あなたの想いに共感してくれるのか、分かち合ってくれるのかではなく、自分自身の中にある今の感情を吐き出すことが大切になります。

一人で溜め込んでしまうことで、精神的に疲れが出始め、脆く崩れていくのです。

人間はそう強い生き物ではありません。

一人で生きることはできず、寂しさが一番の強敵となるのです。

一番寂しさを感じている状況で、一人で抱え込むことはしないでください。

身内でも兄妹でも、友人でも近所の人でも、話しができる相手を求めましょう。

孤独に圧し潰されてしまわないように、自ら周りの人を求めることで、親ほどの温かさは感じられなくても、「一人じゃない」と感じることができます。

孤独感を緩和することで、次第に親の死を乗り越えるために前を向こうとすることができるのです。

乗り越えるという考えよりも、感じるという考えを持つ

「親の死を乗り越えることはできない」「どうして乗り越えなければいけないの」と親の死を乗り越える必要がないと感じる人もいます。

乗り越える事は、決して親の存在を薄れさせることでもなく、消してしまう事でもありません。

親の死を乗り越えるという事は、現実を受け入れ、親にあなたの姿を見て安心させることの一つです。

乗り越えるという考えよりも、親の生きた証をあなたの心で感じてください。

どんな人に育てられ、どんな愛情を受け、どうなってほしいと願われたのか。

心で感じることが出来れば、あなたが親に感謝や伝えたいことで溢れてくるのです。

その気持ちを素直に抱き、投げかけることは、天国に向かった親を安心させることになり、あなた自身が強い心を持てるきっかけになります。

自分だけだった心が、親の心を感じたことで強く、逞しくなれるのです。

僧念師匠のワンポイントアドバイス

僧念師匠

親の死に直面した時には、様々な状況や環境から残された人の想いはそれぞれに形が違ってきます。

「癒されたい」と感じても、簡単に癒えることのできない感情であるため、苦しみ続け、自分自身で受け入れようと努力するのです。

しかし、親の死は簡単に立ち直ることのできない深い部分まで到達してしまう悲しみ。

一人で抱え込めば、心が保てなくなり、誰かに聞いてもらおうとすれば、強がる姿を見せてしまうのです。

深い悲しみを受けた人は、必ず愛情深くなり、人の気持ちを深く感じられる人になります。

辛い経験こそ、人を成長させ、魂を成長させることになります。

「ダメだ」「もう頑張れない」と感じた時こそ、親が残してくれた魂を感じてください。

あなたが生きることを望み、そのためにこれまで愛情を注ぎ、尽くしてきたことを感じるものは思い出にいくつも込められているのです。

親の温かさ以上に感じられる温もりはなくても、十分に与えられた愛を感じて、「ありがとう」と告げる言葉を大事にしましょう。

「ありがとう」という言葉は、親にとっては、子供から与えられる最高の言葉になります。

本当に愛してきた我が子だから、大切な唯一無二の存在であるから、「ありがとう」と言われることが何よりも救われる大切な言葉になるのです。

親の死を受け入れることは、成仏させるために大事なことになります。

あなたの心に親の生きた証を残し、魂は消えないと感じ、死を受け止める勇気を持ち、心から笑える日の訪れを望んでいきましょう。

あなたを導く神秘のタロットカード【神秘のタロットカード】



私達を魅了し続ける占い、タロットカード。
現在、過去、未来等を占う事ができます。

神秘のタロットカードは身近な悩みから、将来の事まで、幅広く占える特別なカード。
さっそくあなただけのカードを選んで、幸せの扉を開きましょう。



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事