占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

ウィズコロナの時代、そして来年2021年は新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、来年2021年の運気もわかる神秘のタロットカードを試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

「人生をやめたいと思うほど苦しい…」「人間であることに意味を感じないからやめたい…」「こんな人生もう終わらせて、楽になれることを選択してもいいのかな」と思っているあなた。

人生をやめたいと感じている人が抱える悩みを少しでも溶かすための方法を伝授します。

人間の生活には、肉体にも精神にも心が宿るため、苦しさが強くなることがいくつも訪れてしまうものです。

その辛さを一人で悪い方向へと考え込まないための救いになれる対処法で、この先の不安を解消してみましょう。

あなたが望んでいない出来事が次々に起こり、立ち直る自信を持てなくなることで、「人間やめたい…」と感じることが多くなるのです。

あなたの中にあるわだかまりを溶かし、あなたが生き生きとした未来を少しずつでも描いていけるように試みてください。

「人生やめたい…人間やめたい…。」と思う方のご相談

「幸せになるつもりだったのに、なんで私なの」(20代/女性/H様)

(20代/女性/H様)
(20代/女性/H様)
私には、結婚を控えている男性がいます。
彼とは、未来の事をたくさん話し、この先には希望しか見えていませんでした。
だけど、ある日から体調を崩すことが多くなり、まともに一日を過ごすことが出来ない日も出てきたのです。
彼に「病院に行ったほうがいい」と言われ、かかりつけのいつもの小さな病院を受診したのですが、「もっと詳しく検査したほうがいい」と大きな病院を勧められました。
体は辛いけど、大きな病院に行くことが怖く、私の体で何が起きているのかと考えると恐怖で怖くて、寝ることもできず、最悪な状況ばかりが頭を巡り、徐々に精神状態がまともでなくなっていることは分かっていたのです。
彼が私の母に連絡をし、「病院に行くよ」と無理矢理連れて行かれました。
検査する直前になっても「逃げだしたい」「もういいよ…どうなっても」と考えながらも、彼の事を思うと「ちゃんと検査しないと」と、自分に言い聞かせながら受診したのです。
その結果は、最悪なものでした。
卵巣摘出と言われ、私はその時には何も分かっていませんでしたが、医者の一言で頭が真っ白になったのです。
「卵巣を全部取り除くと、この先赤ちゃんを望むことは難しくなります」という言葉。
今でも、その光景だけが頭に鮮明に残っていて、忘れたくても忘れることができません。
母が隣で、泣きながら説明を受けている姿を見て、申し訳なさを感じていたのです。
しかし、時間が経つごとに、「お母さんは子供産んでるじゃん」と僻むようになり、自分の感情を抑えることができず、同棲している彼にも当たり散らしていました。
その頃から私たちの関係は悪くなり、私は一旦実家に帰ることになったのです。
彼は、「赤ちゃん産めなくてもいい」「元気ならそれでいい」と言ってくれたけど、過去に二人で話したことを思い出すと、その言葉が嘘であり、彼なりの優しさだと感じ、余計に自分のことが嫌になってきました。
手術が終わってから彼に別れを告げることを決心し、母にもその思いを伝えると、「○○くんはそんな人じゃないでしょ」と言われたのです。
その言葉に私の中で何かが弾けてしまい…
私の気持ちが持たないの。
彼が言ってくれても、私が無理なの。
結局お母さんも他人事でしか考えていないんだよ。
自分の赤ちゃんが欲しいと願うのは当たり前でしょ。
なんで何不自由ない体に産んでくれなかったの。
と最低な言葉を母に吐き捨ててしまったのです。
「ごめん」と思いながらも、その時には伝えることができず、次の日からも普通に接してくる母を見て、苦しさが募っていくようになりました。
手術当日になり、私の心は空っぽの状態だったのです。
「頑張ってね」と言われる言葉さえ、素直に受け入れようとしない自分と、「もう死にたい」と思ってしまう感情が埋め尽くし、自分が何なのかさえ本当に分からなくなっていました。
手術を終え、退院してからも同棲している家に帰ることはできず、母との関わりを持たないように誰からも避けて生活をしています。
寝る前になると、赤ちゃんができないこと、私には卵巣が残されていないことを思うと、生きる元気がなくなってきたのです。
なんで私なの?
なんで私の未来を壊してくるの?
私は、子供を産みたかったのに…
どうして幸せを邪魔することが起こるの…
もう辛くて、どうなってもいい。
こんな人生早く終わらせたい。
大好きな彼と一緒になる勇気も持てず、母に一言謝ることもできていません。
手術の事を思い出すと、自分が自分じゃなくなるほど、胸が締め付けられ、苦しくなります。
もう楽になりたくて、私を知らない世界に連れて行ってほしいと考えるようになりました。
今、自分で産みたくても叶えられない女性がたくさんいることは知っているし、他の手段で自分の子を持つことができることも知っています。
でも、私は自分の体で産みたかったし、それが小さいころからの夢で、その幸せももう間近に迫っていたのに。
もうこんな未来に期待は抱けないし、望むこともなくなった。
早く人生を終わらせてしまいたいです。

「この借金地獄に終わりがないから」(30代/女性/A様)

(30代/女性/A様)
(30代/女性/A様)
私は3年前に離婚し、それをきっかけに借金を抱え、返済する日々に追われています。
子供を3人抱えながらも、すでに離婚前に自己破産をしていることで、これ以上何もできないことは分かっている。
結婚している時には、元夫が給料を持って帰ってくることもまともになく、それが原因で離婚をしたのですが、その後に訪れたのは多額な借金だけ。
養育費も払われることもなく、私が働いたお金で返済するしかありません。
離婚して楽になれると思っていたのに、それは私の甘い考えでしかなかったのです。
実家に帰ることも、頼ることもできず、朝から晩まで働いても、残るのはギリギリの生活費のみ。
給料が少ない時には、電話をかけて遅らせてもらう。
国や市から受けられる援助のお金は全て返済に充てることになる。
子供たちに「これほしい」「これ買って」と言われても、買ってあげることができない。
誕生日やクリスマスにはケーキを買うことも、プレゼントを当日に用意できることもありません。
毎日がギリギリで、どう頑張っても今の状況から抜け出すことができず、「どこかからお金を借りたい」と思っても、自己破産しているため、借りることもできない状況。
クレジットカードも作れず、何かあったときには毎回手元にお金がない事への不安が大きく、それが毎日のストレスです。
子供に必要以上のものを与えることは望んでいませんが、このまま誕生日やクリスマスといった行事でも、子供が保育園で楽しく会話することが出来ない今の状況が辛くて堪りません。
あと何年この生活なんだろう。
いつか働いたお金が子供の為に使えるお金になるのかな。
早くこの生活から抜け出したい。
と日々感じるようになってから、寝ている時に子供が死んでしまう夢や私と一緒に死んでくれる夢を見るなど、最近はまともに寝ることが出来ていません。
本当は子供の為に別れたつもりだったのに、苦しい状況にさせてしまって申し訳ない気持ちです。
周りの人を見ると、好きにご飯を食べに行ったり、頼る人が近くにいたりと、「羨ましい」「いいな」と感じることばかりが目に入り、涙が止まらなくなることもあります。
借金を返せなくなった時には、この生活がどうなるんだろう。
このまま大人になってしまったら、この子たちには私との思い出がないよね。
イベントをどう過ごすか知らないまま育ってしまう我が子を見ると、「もう終わりにしようかな」と思ってしまいます。
期待を持つこともあるけど、現実を見ると望んではいけないと言われているような感覚で、何を望んでもいけない気がする。
子供たちは幸せなの?
私が聞いた時には必ず満面の笑みで「幸せー!」と言ってくれる子供たちに感謝は大きいですが、これ以上無理させたくない気持ちもあります。
周りは子供が大きくなったら楽になれると言ってくるけど、この小さいうちは一瞬でしかなく、この間だからできることも限られているから苦しくて、この先どうなるのか怖いのです。
どう楽になろうか。
子供と一緒に死んだら、それこそ恨まれる気がするな。
でも子供たちとは一緒にいたい。
毎日感じることは違っても、楽になる方法だけは見つかりません。
もう人生を終わらせて、この苦しい感情を抱く日々から去りたいです。

「もう生きる意味を感じない」(20代/男性/D様)

(20代/男性/D様)
(20代/男性/D様)
俺は、保育園の時からずっとバスケをやってきて、大学までずっとそのことだけを頑張ってきました。
だけど、昨年末に事故をしてしまい、足が動かなくなったのです。
医者からも「自力で歩くことは難しいだろう」と言われ、絶望を味わいました。
バスケだけをして生活してきたから他に取柄もなく、趣味もない。
何よりも自分からバスケを奪われたことに苛立ちが募ります。
事故だからあいつを恨みたいと思っても、それで満足できることはなく、日々感じてしまう自分の動かなくなった足を見て、絶望を感じるだけです。
バスケがないのに、生きている意味が分からない。
こんなに人生がつまらないものだと思っていなかった。
自由に動かせる手足を持つ人間が憎い。
俺にないものを持つ奴を見ると、本当に人生をやめたくなる。
ここまでやってきて、やっと評価されて強豪の大学でプレーできていたのに、なんで俺なの?
神様は何を見てるの?
俺、人生で特に悪いこともしてないし、ただバスケを頑張って来ただけなのに。
将来バスケ選手になる夢を叶えさせてくれよ…
どうしたら元に戻れるの?
もう生きる意味が見当たらなくて、ただ息をしているだけの生活は苦痛でたまらない。
こんな息を吸っているだけの生活で生きる意味はないよね。
これなら人生やめて、楽になりたい。
もうこの世界で何も望むことがないから、もっと心をえぐられる前に人生終わらせたい。
誰かの手を借りないと今はまだトイレに行くこともできない。
動くことになると絶対に誰かがいないと転んでしまう…。
大学の友達が来ても、会いたくないし、こんな姿見せたくない。
それよりも普通に立っていられるやつを見ることに心が痛むだけでなく、「死にたい」とより一層感じてしまう。
この先の将来を奪われ、何もかもを失い、俺が描いていたことは何一つ叶えられない。
普通に働くにも無理があるし、何をするにも不自由を感じさせるこの体は、どう向き合おうとしても受け入れることができない。
両親や兄が来ることも最近は嫌になってる。
自分が何もできないこと、やりたいことが叶えられている両親や兄を見ると、どん底に突き落とされてしまう。
もう勘弁してほしい…
スポンサーリンク

「人生やめたい…人間やめたい…。」と思う方への僧念師匠のアドバイス

H様へ「強く望んだ未来は、必ず他の意味を持ちあなたの元に生まれてくる」

僧念師匠

ずっと望んできた子供を授かることは、H様の未来に彩りを添えていたものだから、苦しさを倍増してしまうものになっているのです。

パスカルの言葉に「時は悲しみを口論の傷を癒す。人はみな変わる。過去の自分はもはや現在の自分ではない。悩む者も悩ます者も、時がたてば別人になる。」と残しています。

H様が経験したことは、決したあなたが望んだことではありません。

それでも、H様の肉体や魂をこの世にしっかり残すために、一つの大きな希望を失ってしまったのです。

それはH様にとって受け入れがたい現実であり、人との繋がりを壊してしまう結果になったとしても、今という時があるのは、未来へと繋ぐためにH様に与えられた一つの希望となります。

H様にとっては一つの希望が失われることであったことは事実で、本当に苦しいですよね。

思う存分、涙が枯れるまで感情をむき出しにして、大声を上げて泣きわめけばいいのです。

H様が経験した女性にとって大事な部分を摘出した辛さは、その人本人にしか分からないもの。

しかし、H様の病気が分かってからもあなたの傍を離れることなく、何も言葉に残さなくても隣にいてくれる存在が、確かにあなたにはいたはずです。

「彼も赤ちゃんを望んでいたのに」と考えることはなかったですか?

H様は、今は彼や家族との関係を気にせず、自分自身の心と会話をすることが必要です。

周囲を気にすることも必要な時はありますが、それは時間が解決するもの。

本当に苦しい時には、自分の胸に手を当てて、H様の本音をきちんと知ることを行ってください。

強がりや相手を突き放す言葉は、後にH様の心を冷たく、凍らせるものになるのです。

今からでも遅くはありません。

H様の胸に手を当て、自分の心との対話を行っていきましょう。

過去に抱いたことは、必ず時が形を変えて、未来に繋げる意思をもたらします。

それは「次の願い」という事ではありません。

この現実を自分自身の心で感じ、思いを十分に吐き出すことで、これまでの考えとは別の未来を描くようになるのです。

時は、なんでも出来事の訪れを起こしますが、それと同じように希望も連れてきます。

お母様との仲直りをするにも、H様が自分の心と対話し、その後に時が導いてくれるものになるのです。

まずは、H様が自分の気持ちをきちんと吐き出せる環境を整えてあげることをしてあげましょう。

そうしないと、ずっと苦しいままで、「私だけが」と俯いた状態が永遠と続きます。

心を素直に表し、自分自身と向き合いましょう。

そうすると自然と別人のように考えが変わり始め、新たな未来を描くことができます。

A様へ「この苦しみは、必ず幸せになるために必要なものという教え」

僧念師匠

良い状況に逃れようとしたのに、それが反対に苦しませてしまっている事とは限りません。

A様の前で3人のお子様たちが「幸せー!」と言葉を紡げるということは、本当に心から出てきている言葉です。

小さな子供ほど、素直に感情を表し、寂しいと感じたときには、A様の愛情を感じて寄り添ってきます。

日常に溢れているお子様たちのA様を求めている行動をきちんと受け止めていることができているからこそ、3人のお子様たちは幸せを感じられているのです。

人によって幸せを感じる大きさは異なるもの。

しかし、A様のお子様は高望みすることなく、目の前にある幸せを全力で掴もうと、心に留めようと頑張っています。

その思いがあることを決して忘れてはいけません。

「辛い思いはすべてプラスになる。

苦しかったこと、悲しかったことが、いつか必ず花開く時が来る。

辛いこと、悲しいことは幸せになるための必要事項。

花開き、実を結ぶときに辞めてしまってはいけない」

という美輪明宏さんのお言葉があります。

A様が苦しいと感じ、お子様たちのためにと思っている思いは、未来の幸せに向かうために欠かせないことだと言っているのです。

辛い経験があるから、本当に小さな幸せでも感じることができます。

何もかもを与えられて、不自由なく生活する人には、小さな幸せを心から実感することはできません。

この小さな幸せを実感できることこそが、お子様たちの成長、未来で感じる幸せに幸福度を示すものになるのです。

小さな幸せを実感できる人ほど、幸福度を得られる人はいません。

将来、大きく育った時に、幸せを見つけることが上手くなり、人に幸せを与えられる人間になるのです。

A様にとっては、今がとてつもなく辛い状況ではあります。

しかし、決して諦めてはなりません。

A様が真面目に返済を行っていることで、お子様は幸福を感じています。

徐々に減っていく兆しがあるため、未来に描く幸せをイメージし、今を耐えて挽回させていきましょう。

D様へ「何に守られているのかを知る勇気を持つこと」

僧念師匠

これまであった幸せが突如失われることに「不幸だ」「なんで私が」と感じてしまうことは、人間であればどうしても感情がそのように向ってしまうものでもあります。

しかし、自分に起こった状況を責めてしまうのは、自分自身が楽になることもありますが、そこから逃げる方法が分からなくなるものとなるのです。

日蓮大聖人のお言葉には「我が身にあてて 身の失をしるべし」とあります。

悲しく辛いことがあった時には、関わる人を拒絶し、一人の世界を作り上げたくなるのです。

このお言葉は、D様が羨む思いを向けている相手をどう見るのかではなく、まずはあなた自身が間違った事をしてこなかったのか、と考える時間を持つことが必要になります。

現実を見た時には、なかなか考えのつかない事であり、自身の行いを振り返る余裕もありません。

それでも、D様の周りにはどんな人が寄ってきてくれ、誰に励ましの言葉を掛けられたのか、今感じないといけないことがあります。

「羨ましい」と感じることもありますが、周りで見守ってくれる人の存在を大切に感じるようにしましょう。

D様のこれまでの行動に悪いことはなったかもしれません。

それでもD様を大事に思ってくれる人に向かって、「見ていると辛い」と思うことは、相手の厚意を拒否するものになるのです。

この現実を受け止めることは、難しく、簡単に行えることではありません。

だからこそ、一人で抱え込もうとする事は辞め、人の温かさに触れることを望んでみましょう。

D様に過失があっての、この現実であれば受け入れることは簡単にできます。

しかし、悪いことを行ってこなかったD様には、過去を知る大事な時間を作る機会を設けましょう。

人間には過失を犯さない人はおらず、失敗を重ねることで日々の成長が生まれます。

「あの時、言いすぎたな」と感じることがあれば、それを感じた相手をこれから大事にしていかなければならないのです。

D様自身が、「悪いな…」と感じた相手は、必ずあなたにとって欠かせない存在となります。

未来を考え、絶望に向かうことよりも、過去の失敗をここで受け止めるようにしましょう。

D様にとって大事な存在が分かれば、徐々に新たな心を開き始めるようになるのです。

体は傷つき失っても、心はこれまで以上の幸福感を抱くことができます。

スポンサーリンク

人生やめたい…人間やめたい…と思う人の特徴

心を自ら開くことができない

人生をやめたい…と思う人の特徴は、心を自ら開くことができない場合が多いのです。

あなたにどんなに小さなことがあっても、真剣に聞いてくれる相手、いつでも寄り添ってくれる人がいない人は、辛いことが起こると一人になることを選択しやすくなります。

自分の中で、「頼る人がいない」「これ以上傷つきたくない」という気持ちが大きくなることで、誰かを頼ることよりも、自分一人で抱え込んでしまいます。

あなたが本音で語り合える人、自ら心を開きに行ける相手がいると、苦しい時には「助けて」と求めることができるのです。

しかし、これまで常に一人で抱えてきた人は、苦しい状況の時こそ、人を頼ることができません。

そのため、どんどん苦しい状況に陥り、出口のない考えの渦の中で苦しみ続けます。

そこにはあなたを受け止めてくれるものはなく、人の温もりもありません。

孤独を感じることで、余計に悪い方向へと考えていくようになるのです。

自分に自信と勇気を持ち、相手を信頼できるようになると、考え方が変わり、心の寂しさから物事を解放することができるようになります。

自分の価値を常に考えてしまう傾向がある

自分の価値を常に考えてしまう傾向にある人は、人間やめたい…と思う人の特徴となるのです。

何か物事が起こると、そこで自分の価値を見出そうとする人がいます。

この特徴がある人は、何か人生に躓いた時でも、同じような考えを巡らせていくのです。

「私はもう必要ないんだ…」という考えが真っ先に訪れ、そこからどんどんネガティブな思考に陥ってしまいます。

失敗や苦しいことが訪れた時、自分の価値を考えてしまう人は、自身の恥ずかしいことを避けようとするのです。

失敗した姿を見せたくない、苦しい状況にあることを知られたくない思いがあります。

それを誰にも見せないことで、自分の能力や実力をしっかり持っているのに、人に話さないことで打ち消されてしまうのです。

自分の価値がどれだけのものなのか考えてしまうことで、周囲が見えなくなり、自身のできない事ばかりが強くなります。

できない事や失敗を繰り返すのは、「自分に価値がないからだ」と感じるため、「人間やめたい…」と思うのです。

あなたが頑張ったことや努力していることを口に出し、誰かに聞いてもらう習慣をつけることで、自分の価値ばかりを探し出す必要がなくなります。

深い愛を与えることをしたことがない

人生やめたい…人間やめたい…と思う人は、深い愛を与えることをしたことがないという特徴があるのです。

恋愛経験が豊富にあっても、愛情に飢えている人はたくさんいます。

愛情に飢えている人は、本気で相手のために深い愛を注ぐことができていない人なのです。

「好き」と言葉や行動として表現していても、自らその愛情を深めることはせず、相手から受け取る愛情で満足しようとします。

これは、恋愛関係だけではないのです。

家族や友人にも同じことが言えます。

「相手は私を求めてくるけど、私は何かあっても求めようとしないかも」「自分の全てを話すことはしていないかな」と自分自身の中で止めてしまう癖がある人。

何かを自分の中で隠し、すべてを出し切ることが出来ていない人は、深い愛を注ぐことができていることにはなりません。

愛情は、受け取ることよりも与えるものの方が重要となるのです。

愛情を与えられるようになることは、その人のことを信頼し、頼っているからあなたが行動に起こせているということ。

自分自身で感情を表に出すことを、止めてしまわないようにしましょう。

あなたに愛を与えてくれる人は、受け止めることのできる人なのです。

人生や人間を辞める前に辞めてみるべき事

生への執着と感情の理解

人生を辞める前に辞めてみるべき事は、生への執着と感情を理解すること。

「人生やめたい…」「人間やめたい…」と思っている人は、「死んでもいい」と感じている人です。

死んでもいいと思っている反面「嫌われるかも」「迷惑になるかも」という不安を持っていることは、生への執着があるということを意味します。

生きていることで感情が湧き出てきて、その感情を無視できないから苦しみが生まれるのです。

そう感じている時には、人間をやめる前に死んだ気になって挑戦することを行いましょう。

死んだ気になっている状態は、無心で物事にチャレンジでき、挑戦することだけに集中できるのです。

様々な感情を抱いている状態では、色々な事が気にかかり、その物事だけで集中することは難しい状況になります。

死んだ気になって挑戦することは、何も感じずにひたすら進んでいくことを行うため、心にあるモヤモヤした感情を打ち消すことができるのです。

死んだ気になるということは、一度、自分の感情を手放している状態になります。

これは、誰もができることではなく、「生まれ変わりたい」と願う人にしかできないことです。

今の人生を捨てたくない気持ちがある人は、死んだ気で挑戦することは恐ろしくて行うことができません。

本当に死を考えた人、「やり直したい」と願う人にしかできないことです。

死んだ気になって挑戦することができた人は、心が生まれ変わります。

新しい考え方や希望を手にし、新たな道を歩むことができるのです。

一度にすべてを解決しようとすること

一度にすべてを解決しようとすることは、人間を辞める前に辞めてみるべき事になります。

あなたが今抱えている悩みや苦しみは、大きな一つの出来事ではありません。

今が最悪な状況であるだけで、これまでに積み重ねられてきたものが一緒になっているのです。

一度にすべてを解決しようと思っても、様々な原因が複雑に絡み合っているので解決することは難しいはず。

そんな時は、「人間やめたい…」と思った事の一つの原因を綺麗に洗い出していきましょう。

何が嫌で、何に苦しんでいるのか、それだけを徹底的に見つめることが大切です。

過去に起こったこと全てを感じてしまうと、良い方向に向かうための道があっても、そこに向かう気力が起こりません。

「人生やめたい…」と思った出来事と苦しみだけを、きちんと考えていきましょう。

そこに今は答えがなくても良いのです。

的を一つに絞り、その事だけに視点を置き、考えることが重要になります。

「あれもあったし」「これも最悪」と次々に物事が訪れることで、あなたの心は維持することができなくなって当然です。

一つずつ丁寧に導きを作ることが、心を軽くすることになり、自分に足りなかったものを見つける行いになります。

苦しみの原因に囚われる

人生を終えたくなった時には、苦しみの原因に囚われることを辞めてみることで、気持ちを楽にすることができます。

今まで散々苦しんできたことから気持ちを解き放ち、囚われないように切り替えるというのは実は難しいこと。

苦しんできたことはあなたの生きた証であり、努力の経験を積み重ねてきた大切な人生だからです。

しかし、苦しみの原因に囚われ続けることで、あなたは未来を見失ってしまっています。

だからこそ、一度手放す勇気を持ってみましょう。

悩みを抱え、苦しい状況にある時には、そのことで頭も心も支配されている状態です。

その状態のままでは正常な判断を行うことができず、心があなたの望んでいない方向に進んでしまう危険性もあります。

今、あなたの頭を巡る問題から、他の物事に視点を移してみましょう。

「これがあったら」など、その物事から離れられることであれば何でもいいのです。

一度、悩みを頭と心から離すことで不要な思い込みだけが排除されます。

本来のあなたであれば感じていたことが、ふと戻ってきたり、この状態だったから変に考えてしまうことがあったりと、変化をもたらすきっかけになるのです。

思い込みはあなたの心を支配し、常に悪い状況へと引き込もうとする恐ろしいもの。

一度、違うことを考えてみる勇気を持ち、あなたが本来気付くべきことを手にしてください。

「人生やめたい…人間やめたい…」と、こんな辛い人生なら終わらせたいと思っているなら今すぐ試すべき対処法

叶えたい事をリスト化する

こんな辛い人生なら終わらせたいと思っていても、叶えたい事をリスト化して今すぐ試してみてください。

「人間やめたい…」と思っていても、「これはやってみたかった」「この状況になっていなかったら」と思うことでも構いません。

あなたが一度は夢見たことを、すべて自分のノートにリスト化してください。

「あの絶景を見たい」

「あのお店でご飯食べてみたい」

など、どんなに小さなことからでも良いのです。

あなたの人生でやり残したこと、一度は体験してみたいと思ったことなど、すべて書き留めてください。

それを一日で書き綴るのではなく、思い出す度にノートに書いていきましょう。

これを続けていくと、あなたの心は自然と前を向き始めるのです。

「こんなにやり残したことがある」と目に見て分かることで、一つずつ叶えたくなります。

状況が以前より悪くても、ここで書いたリストがあなたのモチベーションになってくれるのです。

あなたが望んだことのあるものだから効果があります。

他人の意見を組み込むのではなく、純粋にあなたが望むことを細かくリスト化していきましょう。

自分の欲深さを感じると同時に、「もう少し人生を歩んでみよう」とゆっくり心が満たされてくるのです。

この方法を行う時には、一人の空間で自分の心に浮かぶものだけを記してください。

リスト化したものを解消していく

人生を終えたいと考える人は、絶望を感じ何も自分の未来に残されていないと感じている人が多くいるのです。

しかし、先ほど上記で紹介したやり残したことをリストにすることで、あなたが叶えられていないことは沢山あったことが分かります。

それを次は、解消していきましょう。

「○○の映画を見たかった」と書いていれば、その映画を見てください。

リストに書いたことを一つずつ達成していくことで、また新たな叶えたいことが訪れます。

それもまた書き綴り、叶えられたものには印をつけて叶えたことを記すサインをしましょう。

願いを叶えることには、すぐにできることと何年も先の未来でしか叶えられないものなど、状況によっても変わってきます。

それでも、今のあなたが叶えられることから行っていくことで、新しい夢を感じることができ、そこに小さな希望の芽生えがあるのです。

人は、何も考えずに行動を起こすことはありません。

何気ない瞬間でも何かを感じ、何かのために動いているのです。

あなたがリスト化したことを叶えようとしている挑戦は、自分自身で生きる意味を見つけようと努力している姿となります。

これを続ける事によって、新しい未来を切り拓くものが見つけられる可能性も秘められているのです。

心を解放する

上記のようにリスト化したことを叶えていくことが出来たら、心を解放することを行ってください。

あなたの中で閉じ込めている感情や思いを吐き出し、自分が目標にしようとしたことを強く望んでいきましょう。

「あのお酒を一度は飲みたい」と感じていれば、そのためにはどこのお店に行けば叶えられるのか、どのぐらいの値段がするのかなど、細かい事を探っていきます。

それを言葉に出すことで、あなたの心を満すようになるのです。

これまで悩んできたことや苦しかった現実を受け止めていた時があるから、あなたは小さな幸福を得ようと前の進むことを行っています。

これは、本当に小さな一歩と感じる人もいるのです。

しかし、この小さな幸福を感じられないことが、人間が闇を抱える大きな原因でもあります。

小さなことを大きな幸せにできるのは、自分次第です。

この幸福感を心から感じ取れたあなたは、感情を解放することが出来ている証になります。

感情を解放することができていなければ、喜びや幸福を感じることができません。

これからがあなたの本当の幸せに向かうための一歩となるのです。

僧念師匠のワンポイントアドバイス

僧念師匠

人生には思いがけないことが多々訪れてしまうものです。

どんな状況であっても、自分の身に降りかかったものに対しては、自らの手で解決しなければなりません。

しかし、人間には心の容量があり、それを超えてしまうことで何も考えられなくなり、「人生をやめたい…」という最終的なところに辿り着いてしまうのです。

あなたは決して一人ではなく、周りの人や出来事の巡り合わせの中で生きていることを感じることができると幸福な未来を感じられるようになります。

未来が好転する?衝撃の占い【フューチャーオラクルカード】



こちらの記事を読んであなたの悩みや不安はなくなりましたか?

もしも、「まだ不安がある…」「悩みがまだ消えない…」というのなら、当サイトおすすめのオラクル鑑定士「鳳条先生(ほうじょうせんせい)」の未来が好転するフューチャーオラクルカードをお試しください。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事