占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

4回目の緊急事態宣言…本当に辛く苦しい日が続きますが、心を一つにしてみんなで乗り越えましょう…!あなたにとっても世界にとっても運命の大きな分岐点です!!

2021年は風の時代となり、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、恋と運命の真実を試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

神楽」という昔から行われている儀式。

「言葉は聞いたことがあるけれど、どんなものかはわからない…」という人は少なくないもの。

しかし日本古来の神楽もあれば、現代でも入りやすく、エンターテインメント性の高い神楽もあり、近年人気がじわじわと出てきているのです。

今回はそんな「神楽」について、歴史から現代までをまとめているとともに、「松前神楽」と「広島神楽」の魅力を紹介していきます。

「神楽ってこんなに楽しいものなの?」という驚きも見つけることが出来ますので、ぜひ参考にしてください。

目次

神楽都は神様と人間が一体となった宴から始まった

平安時代に出来上がった神楽歌は、約90首ある

神楽というのは、「琴歌神宴(きんかしんえん)」に、「石清水八幡(いわしみずはちまん)」などといった民間の神遊びを取り込んで、平安時代に出来上がったとされています。

「内侍所御神楽(ないしどころみかぐら)」と呼ばれるものです。

神楽歌は、90種類ほどあるとされています。

神楽の題材となっているのは、場所だったり、人だったり、神様だったり、物だったりと、いろいろなものが対象となっていて、なぜそういった神楽歌が出来たのか、その意味が未だに解明されていないものも多くあるのです。

とりわけ有名な神楽歌には、「阿知女(あちめ)」「採物歌(とりものうた)」「大前張(おおさいばり)」「小前張(こさいばり)」「早歌(はやうた)」「星三種(ほしさんしゅ)」「雑歌(ぞうか)」「酒殿歌(さかどのうた)」「竈殿歌(かまどのうた)」「庭燎(にはび)」といったものがあります。

「神楽」とは歌舞といって、神様と人間が一体となってする宴のこと

神楽というのは、神事などで神様に奉納するための歌舞のことであり、日本最古の芸能だとされているのです。

祭礼やお祭りなどの際に「神楽殿」などで行われます。

神楽は、「神座(かむくら・かみくら)」が転じたことが語源と言われているのです。

「神座(かむくら・かみくら)」は、「神様が宿るところ」であり、「招魂・鎮魂を行う場所」という意味があります。

「神座(かむくら・かみくら)」に神様を降ろして、巫女さんが人々との穢れを祓う、神懸かりして人々と交流するなどして、神様と人間が一体となって宴をする場。

そんな場所での歌舞のことを、神楽と呼ぶようになったのです。

神楽は「舞い方」と「はやし方」に分かれています。

舞を舞う「舞い方」は、神職や巫女さんが担うのが一般的だといえますが、現在では伝統芸能として神楽を伝承している活動を行っている団体が舞うこともあるようです。

歌を歌う「はやし方」というのは、「三管」・「三鼓」・「両弦」という日本古来からある雅楽楽器を使って演奏します。

「三管」というのは、天から差し込む光を表す「笙(しょう)」、地上にこだまする人々の声を表す「篳篥(ひちりき)」、天地の間を縦横無尽に亀巡ることが出来る龍を表す「龍笛(りゅうてき)」の管楽器のことです。

「三管」で合奏することで「宇宙を創ることが可能」だと考えられていたといわれています。

「三鼓」は打楽器の「鞨鼓(かっこ)」・「鉦鼓(しょうこ)」・「太鼓(たいこ)」のことです。

「鞨鼓(かっこ)」が全体のテンポを決めていて、指揮者のような役割をしています。

「両弦」は「琵琶(びわ)」・「箏(こと)」の弦楽器のことです。

これらの8種類の雅楽楽器を使って、演奏している「はやし方」と「舞い方」によって神楽は成り立っています。

神楽のルーツは「古事記」「日本書紀」に記されている「岩戸隠れ」にあった

神楽にルーツには、日本書紀や古事記に記されている「岩戸隠れ」からきているといわれています。

日本の最高神であり、あらゆる恵みをもたらし、その字の名の通り、天を照らす太陽の女神様である「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」と、その弟であり、「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」と誓約を結んで五男三女神を生んだ相手の「須佐之男命(すさのお)」の神話です。

「須佐之男命(すさのお)」とのケンカで、機嫌を損ねてしまった「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」。

「天岩戸(あまのいわと)」に引きこもって、姿を隠してしまった「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」ですが、その際には、世の中が一転、暗黒の闇に包まれてしまった、といいます。

この時に「天岩戸(あまのいわと)」の前で、技芸の女神である「天鈿女命(あめのうずめのみこと)」が舞を披露し、「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」を誘い出したことで、世の中に太陽の光を取り戻すことが出来た、というお話です。

この後、「天鈿女命(あめのうずめのみこと)」の子孫である巫女であった「猿女君(さるめのきみ)」が、神懸かりの儀式の際、舞を舞うことを取り入れたことが、巫女さんによる歌舞、神楽に繋がっていったとされています。

神楽は大きく分けて「御神楽(みかぐら)」と「里神楽(さとかぐら)」がある

神楽は、大きく分けると「御神楽(みかぐら)」と「里神楽(さとかぐら)」に分かれます。

「御神楽(みかぐら)」というのは、宮中で行われる儀式の際に舞われる神楽のこと。

一般公開はされていないのですが、新天皇即位の際に行われる「大嘗祭(だいじょうさい)」や毎年11月に行われる「新嘗祭(にいなめさい)」などで行われています。

これに対して、私たちが神社の祭事や、お祭りで見ることが出来るものが「里神楽(さとかぐら)」。

「里神楽(さとかぐら)」はさらに4つに分類されます。

巫女さんによって舞われる「巫女神楽(みこかぐら)」、日本の神話を劇化した舞である「採物神楽(とりものかぐら)」、伊勢外宮の摂末社がもとになって広まっていった「伊勢流神楽(いせりゅうかぐら)」、獅子舞の一種であり獅子の頭をご神体として行われている「獅子神楽(ししかぐら)」です。

「伊勢流神楽(いせりゅうかぐら)」は、別名を「湯立神楽(ゆだてかぐら)」とも呼ばれていて、「獅子神楽(ししかぐら)」は地方によっては「山伏神楽(やまぶしかぐら)」や「太神楽(だいかぐら)」と呼ばれています。

スポンサーリンク

御神楽は宮中行事|新嘗祭(11月23日)と毎年12月に行われる

「御神楽」は宮中行事で行われるもの

「御神楽(みかぐら)」というのは、宮中行事で行われる神楽のことを指しています。

一般公開はされていませんので、日頃私たちが目にすることはありません。

「御神楽(みかぐら)」は、すなわち「内侍所御神楽(ないしどころのみかぐら)」で、新天皇即位の際に行われる「大嘗祭(だいじょうさい)」や、毎年11月に行われる「新嘗祭(にいなめさい)」、12月に毎年恒例となっている神楽で行われます。

そのほかにも、夏や秋に行われるものを、それぞれ「夏神楽」、「秋神楽」といいますし、天皇の鎮魂を目的として行われるものです。

昔行われていたものに対して、現在行われているものは簡略化されたものですが、「庭燎(にわび)」を賢所の庭に焚いて行われています。

「庭燎(にわび)」を正面にして、向かって左側には「本方(もとかた)」が座に就き、右側には「末方(すえかた)」が座に就くのです。

「笏拍子(しゃくびょうし)」「笛」「篳篥(ひちりき)」「和琴(わごん)」などの雅楽楽器に合わせて、神楽歌が始まります。

「庭燎(にわび)」「阿知女作法(あちめのわざ)」から始まり、「採物歌(とりものうた)」「大前張(おおさいばり)」「小前張(こさいばり)」「雑歌(ぞうか)」の4部構成に続くのです。

神楽が終わると、「採物歌(とりものうた)」で舞った時の「榊の枝」と「輪」を天皇に献上します。

「採物歌(とりものうた)」では、「榊」「幣(みてぐら)」「杖」「篠(ささ)」「弓」「剣(つるぎ)」「鉾(ほこ)」「杓(ひさご)」「葛(かずら)」の9種類にちなんだ歌が歌われるのです。

このあとには「早韓神(はやからかみ)」という歌を歌うのですが、この時には輪をつけた榊の枝を庭燎(にわび)にかざしながら舞います。

中入りの後には、「大前張(おおいさばり)」で「宮人(みやびと)」「難波潟(なにわがた)」など、「小前張(こさいばり)」で「薦枕(こもまくら)」「閑野(しずや)」など、「雑歌(ぞうか)」で「千歳(せんざい)」「早歌(そうか)」「朝倉(あさくら)」「其駒(そのこま)」などの神楽歌が歌われるのです。

「其駒(そのこま)」では「早韓神(はやからかみ)」の時と同じように榊の枝を手に持って舞います。

雅楽は古典音楽の一つ

「雅楽」というのは、日本に昔からある古典音楽の一つです。

奈良時代から始まったとされていますが、10世紀ごろの平安時代にはほとんど出来上がっているもので、現代においてもほとんど変わることなく受け継がれています。

雅楽は大きく分けると、「国風歌舞(くにぶりのうたまい)」と「大陸系」「歌物」の3つに分けられるのです。

「国風歌舞(くにぶりのうたまい)」は、日本に昔からある歌曲と舞、「大陸系」は外来のもので、中国やインド、朝鮮などに由来があるもの、「歌物」は平安時代に出来たもの。

そして「国風歌舞(くにぶりのうたまい)」をさらに細かく分けた中に、「神楽歌」が分類されます。

このことから「御神楽(みかぐら)」においては、「国風歌舞(くにぶりのうたまい)」と呼ばれるものが、深いかかわりを持っているもので、宮中行事や儀式で演奏されるものになるのです。

これは「神道」や「皇室」に通じている歌や舞で構成されたもので、雅楽の中でも、特に珍しいもの。

天皇の即位式でのみ演奏されるという、なかでも特別なものもあるのです。

「御神楽(みかぐら)」の歴史は、1002年頃から始まったもの

「御神楽(みかぐら)」の始まりは、一条天皇の時代である1002年(長保4年)といわれていたり、1005年(寛弘2年)だともいわれています。

ハッキリした始まりは分かっていませんが、始まりから隔年で行われていました。

後に毎年行われる行事となっていき、1908年(明治41年)の皇室祭祀令で「小祭」の一つと定められることになるのです。

しかし1947年(昭和22年)に皇室祭祀令は廃止になってしまいました。

皇室祭祀令は、皇室の祭祀に関する法令のこと。

廃止となった現在も、宮中で行われる祭祀については、皇室祭祀令に準じて行われています。

現在も新天皇即位の際の「大嘗祭(だいじょうさい)」や、毎年11月に行われている「新嘗祭(にいなめさい)」や12月中旬に行われているのです。

また夏と秋に行われるものをそれぞれ「夏神楽」、「秋神楽」といいますし、1281年(弘安4年)に起こった弘安の役の際には、「異賊征討」の祈願を行うために、臨時の神楽が行われたこともあります。

臨時の神楽はほかにもあり、室町時代に天皇の「病気平癒」のためと、その願果たしのために行われたものもありました。

臨時の神楽は、祈祷性や強いものなので、時には三夜に及ぶことも珍しくなかったそうです。

新天皇即位の際に行われる「大嘗祭(だいじょうさい)」と、毎年11月の「新嘗祭(にいなめさい)」、12月に行われる

毎年12月に行われる「賢所御神楽の儀(かしこどころみかぐらのぎ)」。

宮中にある賢所には、日本の最高神である「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」が祀られています。

「賢所御神楽の儀(かしこどころみかぐらのぎ)」というのは、一年間、国家のこと、私たち国民のことを護ってくださっていた「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」に感謝の気持ちを込めて、「御神楽(みかぐら)」を奉納するのです。

平安時代から始まったこの儀式は、12月の恒例行事となって、現在でも行われています。

また「大嘗祭(だいじょうさい)」にも「御神楽(みかぐら)」を奉納しているのです。

「大嘗祭(だいじょうさい)」というのは、新天皇が即位する際に行う宮中祭礼のこと。

新天皇即位の礼がすべて終わった後に、新穀を供え、自らも食すというこの祭礼は、国家のため、国民のために、五穀豊穣や安寧を「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」に感謝と祈願をするというものです。

毎年11月に行われる「新嘗祭(にいなめさい)」も同じ儀式。

新天皇の即位がある年のみは、「新嘗祭(にいなめさい)」は行われず、「大嘗祭(だいじょうさい)」だけが執り行われます。

スポンサーリンク

変容を遂げる里神楽は民間の行事|里神楽の主な種類

巫女さんによる舞である「巫女神楽(みこかぐら)」

「巫女神楽(みこかぐら)」というのは、巫女さんによって舞われる神楽のことをいうのです。

神懸かりの儀式の際に「猿女君(さるめのきみ)」が舞うことを取り入れたことが始まりとされていて、手に「鈴」や「扇」「笹」「榊の枝」などといった神様の依り代となるものを持って順めぐり・逆めぐりに交互に回りながら舞います。

神懸かりでは、舞うことで身を清めて、その巫女さんの身に神様を降ろすとされているのです。

現在では、祈祷をする際や奉納のために舞うことが多いといえ、「千早」「水干」「緋袴」「白足袋」といった装いで身を包んだ巫女さんが、太鼓や笛、銅拍子などのお囃子に合わせて巫女さんが舞い踊ります。

巫女さんの役目といえば、神様と参拝者の「仲とりもち」をすることだといわれていて、授与所で、日頃から参拝者に「お守り」や「お札」や「おみくじ」を渡すことも大切な役目。

人々のさまざまな願いを神様に繋いでくれるという役目があるのですが、そんな巫女さんの一番の重要な役目といえるのは、神様への奉納の舞である神楽を舞うことでもあるのです。

出雲から全国に広まっていった「採物神楽(とりものかぐら)」

「採物神楽(とりものかぐら)」というのは、出雲国・佐陀神社から広まっていった、日本神話を劇化した舞である神楽です。

儀式的な神楽というよりも、演劇性や娯楽性の高い芸能的な要素の多い神楽になっています。

神事性が強い「剣舞(けんまい)」「清目(きよめ)」「散供(さんぐ)」「御座(ござ)」「勧請(かんじょう)」「祝詞(のりと)」「手草(たぐさ)」の7曲からなるものと、芸能性の高い仮面をつけて舞う「神能(しんのう)」と呼ばれる仮面の舞を合わせて演じる神楽が特徴的です。

もともとは伊勢の奉納神楽として始まりましたが、全国的に広まったことから、各地方ごとにさまざまな特徴を持った神楽であることが多く、その土地に伝わる神話をもとに作られています。

題材ごとにさまざまなものを持って舞われるのです。

伊勢から始まって広まっていった「湯立神楽(ゆだてかぐら)」

「伊勢流神楽(いせりゅうかぐら)」、またの名を「湯立神楽(ゆだてかぐら)」と呼ばれるものは、伊勢外宮の摂末社の神楽が各地へと広まっていったものです。

「湯立」というのは、湯釜にたぎらせた湯をかけることで、神職や巫女さんの身を清める儀式のこと。

この「湯立」という儀式を神楽に取り入れて、祈祷されるようになったものが「湯立神楽(ゆだてかぐら)」と呼ばれている理由なのです。

もともと「湯立神楽(ゆだてかぐら)」の始まりとなった、伊勢の「湯立神楽(ゆだてかぐら)」は明治維新の際に途絶えてしまったのですが、ほかの地域には今もなお語り継がれている「湯立神楽(ゆだてかぐら)」が数多く存在しています。

獅子舞をご神体としている「獅子神楽(ししかぐら)」

「獅子神楽(ししかぐら)」と呼ばれる神楽は、獅子舞の一種であり、獅子の頭をご神体としています。

獅子舞を舞いながら、「悪魔祓い」をしたり、「火伏せ」「息災延命」を祈祷する神楽です。

ただ獅子舞を舞うだけではなく、一種の能ともいえるものを演じたりもします。

「山伏神楽(やまぶしかぐら)」「権現舞(ごんげんまい)」「能舞(のうまい)」「番楽(ばんがく)」など地域によって呼ばれ方はさまざまあるのです。

現在日本各地で獅子舞が受け継がれているのも、この「獅子神楽(ししかぐら)」が全国を回っていたからこそ、根付いているものだという説があります。

「舞」と「曲」からなる「太神楽(たいかぐら)」

「太神楽(たいかぐら)」というのは、伊勢神宮や熱田神宮の神職たちが全国を回りながら、獅子舞を舞って、「悪魔祓い」や祈祷をしていたものです。

獅子舞を舞う「舞」と、傘などを使って曲芸をする「曲」があり、余興の要素も含んでいます。

現在でも寄席で見ることができたり、お正月などのおめでたい席でも見ることが出来る時もあり、芸能文化として残っているのです。

もともとは「舞」がメインではありましたが、次第に舞台芸として「曲」が発展していったり、大道芸として発展しました。

舞台芸として有名になったものには、江戸時代末期の「江戸太神楽(えどたいかぐら)」があります。

松前神楽(北海道)は神職が神楽を行うのが特徴

1674年の福山(松前)藩で行われたものが始まり

北海道に伝わる「松前神楽(まつまえかぐら)」の起源には諸説ありますが、1674年(延宝2年)にいろいろな神楽と、能や雅楽などの伝統芸能を集めて福山(松前)藩の当時の藩主である松前矩広(まつまえのりひろ)が、藩の行事として行ったことが始めだという説があります。

この時に行われたのは、「鎭釜湯立神楽(ちんかまゆたてかぐら)」。

これは「鎮火祭」という、火を鎮めるための神事です。

当時行われていたのは12の構成のもので、「惣神拝(そうしんぱい)」から始まり、「修祓(しゅばつ)」「四方拝(しほうはい)」「神楽初(かぐらぞめ)」「釜清め(かまきよめ)」「正神楽(しょうかぐら)」「注連脱(しめぬき)」「祝詞(のりと)」「遊拍子(ゆびょうし)」「湯立(ゆだて)」「湯上(ゆがみ)」、そして最後に「恵美須加持(えびすかじ)」。

現在では残っていないとされているものも含まれていますが、現在も変わらず行われているものもあります。

1674年以降、隔年ごとに神楽が行われ続け、1681年(延宝9年)には23事の神事や舞が出来上がっていたとされているのです。

その後時が経つにつれて無くなったり、新しく出来たり、融合したりしながら、現在に残る12事の神事と21事の舞楽の構成が出来上がっています。

松前藩主が創った「創作神楽」である「神遊舞(かみあそびまい)」「荒馬舞(あらうままい)」は北海道の特徴を表している

松前藩主がさまざまな伝統芸能を取り入れて始めたものが、「松前神楽(まつまえかぐら)」の始まりとされています。

現在では12事の神事と21事の舞楽で構成されていますが、当時の松前藩主が創作したとされている、「創作神楽(そうさくかぐら)」である「神遊舞(かみあそびまい)」や「荒馬舞(あらうままい)」もその中に入っているのです。

「神遊舞(かみあそびまい)」は、弓矢を持った二人の、武神が舞うもの。

「神遊舞(かみあそびまい)」も「荒馬舞(あらうままい)」も、北海道の特徴をよく表したものだとされています。

「松前神楽(まつまえかぐら)」最大の特徴は、神職者が神楽を舞う

「松前神楽(まつまえかぐら)」の最大の特徴はというと、祭典に奉仕した神職者が、神楽を舞う、というもの。

これは江戸時代に松前藩の城中で行われていた、「城内神楽」が神職によって舞われ、伝えられてきたことが理由の一つでもあります。

神職者による神楽として、数少なくなっている「千歳(せんざい)」「翁舞(おきな)」「三番叟(さんばそう)」を伝承していることも、「里神楽(さとかぐら)」の「巫女神楽(みこかぐら)」「採物神楽(とりものかぐら)」「湯立神楽(ゆだてかぐら)」「獅子神楽(ししかぐら)」を4つ揃えて伝承している神楽でもあるのです。

松前藩と関わりが深い「松前神楽(まつまえかぐら)」ですが、現在では北海道の広い地域に広まっていて、各地の120もの神社の祭礼や神事などで神楽が舞われたり、「厄除け」などの祈願のため個人の家で舞われることも。

新年の角祓いなどで「獅子神楽(ししかぐら)」で家々を巡ったりしています。

御利益を得るために、さまざまな「神楽祈願」を行ってきた

「松前神楽(まつまえかぐら)」が発展してきた背景には、庶民の力もあったとされています。

人々はさまざまな祈願を行うために、神楽祈祷を行ってきたのです。

北海道ならではともいえる、「ニシン場神楽」や「鮭場豊漁神楽」のような「豊漁祈願」を目的としたもの、「会場安全神楽」や「手船新造神楽」、「火災消滅神楽」といった「家内安全」「道中安全」を目的にしたもの。

「疱瘡安全神楽」などの「疫病退散」や「無病息災」を願うものなど、人々の生活にとって神楽祈願というのは、とても身近なものだったといえるのです。

明治に入って、松前藩の力が衰退していくにつれ、「松前神楽(まつまえかぐら)」を受け継いできた社家は、氏子との結びつきを深めていくことになり、現在まで受け継いできました。

時を同じくして、人々が各地へと居を移していったことが、それぞれの地域での「松前神楽(まつまえかぐら)」の継承を支えてきたのです。

現在ではそれぞれの地域ごとに保存会が結成されて、今後の伝統の継承と保守を続けています。

各神社の祭礼や地域のイベントで上演される

「松前神楽(まつまえかぐら)」を見ることが出来る場所はいくつもあります。

北海道各地にある、「松前神楽(まつまえかぐら)」を伝承している神社で行われる祭礼やイベント、お祭り、地域で行われるイベントごとの会場で、開催時期などは各地域によって異なりますが、「松前神楽(まつまえかぐら)」を見ることが出来るチャンスは少なくありません。

近くの神社の公式サイトをのぞいてみると、「松前神楽(まつまえかぐら)」の上演が行われる日が掲載されていたりします。

また、「松前神楽(まつまえかぐら)」の保存会が各地を回って披露していることもありますので、イベントの際はよくチェックしてみるといいかもしれません。

12の神事と21の舞楽があり、全部で33の演目がある

「松前神楽(まつまえかぐら)」は、12の神事と21の舞楽があり、全部で33の演目があります。

神事は、「惣神拝(そうしんぱい)」「修祓(しゅばつ)開扉・献饌(けんせん)」「四方拝(しほうはい)」「神楽初(かぐらそめ)」「釜清め(かまきよめ)」「正神楽(しょうかぐら)」「注連脱(しめぬき)」「祝詞(のりと)」「遊拍子(ゆびょうし)」「湯立(ゆたて)」「湯上げ(ゆあげ)」「恵美須加持(えびすかじ)」の12演目です。

舞楽は、「榊舞(さかきまい)・祝詞舞(のりとまい)」「福田舞(ふくだまい)・跡祓舞(あとはらいまい)」「二羽散米舞・庭散米舞(にわさごまい)」「神遊舞(かんあそびまい)・天王遊舞(てんのうあそびまい)」「四箇散米(しかざごまい)・三品舞(さんしんまい)」「千歳舞(せんざいまい)」「翁舞(おきなまい)」「三番叟(さんばそう)」「荒馬舞(あらうままい)・松前遊舞(しょうぜんあそびまい)」「鈴上舞(すずあげまい)・巫女舞(みこまい)」「山神舞(さんじんまい)」「八乙女舞(やおとめまい)」「鬼形舞(きがたまい)」「利生舞(りしょうまい)」「兵法舞(へいほうまい)」「神容舞(かみいりまい)」「注連祓舞(しめばらいまい)・〆引(しめひき)・七五三祓舞(しめはらいまい)」「十二の手獅子舞」「湯倉舞(ゆくらまい)」「荒神舞(あらがみまい)」「神送舞(かみおくりまい)」の21演目になります。

「十二の手獅子舞」には「御稜威舞(みいつまい)・獅子の上(ししのじょう)」「五方(ごほう)」「獅子の鈴上(ししのすずあげ)」「面足獅子(もくたりしし)」があるのです。

「八乙女舞(やおとめまい)」に関しては、福島町松前神楽保存会のみ伝承しているもので、「神容舞(かみいりまい)」「湯倉舞(ゆくらまい)」「荒神舞(あらがみまい)」「神送舞(かみおくりまい)」は、現在では行われていません。

近代神楽|備後神楽(広島)はエンターテイメント性が高い

古来の形を守りつつ、「大元神楽」を基にして「出雲神楽」や「岩戸神楽」などが混ざり合って出来たもの

広島の神楽は、さまざまな神楽が混ざり合って出来たものでありつつ、古来の形をも守っているものです。

石見地方の神社で盛んだった「大元神楽」がもとになっているのですが、そこに「出雲神楽」や「岩戸神楽」などほかの地方で伝わってきたものを合わせて出来たものだということ。

「広島神楽」ももともとは「鎮魂」「五穀豊穣」「厄除け」「無病息災」を願ったり、「豊作へのお礼」のために地域の年中行事や神社での神事の際に奉納行事として行われてきました。

現在の広島には実に300を超える神楽団が存在していて、神事はもちろんのこと、近年ではエンターテインメント性が高いものとなっていて、子どもから大人まで幅広く楽しめるものとなっているのです。

神楽団による公演数も多く、毎週末どこかで行われているほど。

神楽どころとして、「広島神楽」は、全国からも知られているということが出来るのです。

「広島神楽」は大きく分けると、5つの神楽に分けられる

「広島神楽」は大きく分けて5つの神楽に分けられます。

「芸北神楽」「安芸十二神祇(あきじゅうにじんぎ)」「芸予諸島の神楽」「比婆荒神神楽(ひばこうじんかぐら)」「備後神楽」の5つです。

「芸北神楽」については、「石見神楽」がもとになっていますが、時代の流れとともに変化をしてきて、テンポがゆっくりとした「山県神楽」を継承している「旧舞」・テンポの速い「高田神楽」を継承した「新舞」があり、それぞれ数多くの神楽団があるのだといえます。

「安芸十二神祇(あきじゅうにじんぎ)」は、毎年秋まつりの前夜祭において、十二の舞を奉納することから「十二神祇」と名がついていて、江戸時代末期から明治時代にかけて、芸北地方から伝わってきたものが変化したのです。

「芸予諸島の神楽」は、瀬戸内海の島や、沿岸部で行われているもので、知名度としてはほかの「広島神楽」に比べると低めですが、広島県の無形民俗文化財に指定されています。

「比婆荒神神楽(ひばこうじんかぐら)」は、岡山県の「備中神楽」の影響を強く受けていて、とても古い伝統のあるものです。

神懸かりとなるという、古い形式をも受け継いでいます。

「備後神楽」については、修験者の流れを汲んでいる神子と、男性の法者の太夫がもともとは組になって行っていたものです。

広い地域に伝わっていて、「世羅神楽(せらかぐら)」「三谿神楽(みたにかぐら)」「豊田神楽(とよたかぐら)」「御調神楽(みつぎかぐら)」「豊栄神楽(とよさかかぐら)」が集まってできたもの。

「落成式」や「結婚式」の余興や、大人の「神楽競演大会」に「子ども神楽」の発表会もある

「広島神楽」はその豪華さや、エンターテインメント性が高いことから、最近注目をされているといえます。

なかでも、神楽競演大会や、頻繁に行われている定期公演は、とても人気があるのです。

毎週どこかでミルコが出来る「広島神楽」にハマる人も増えてきていて、「○○女子」と、人気のバロメーターになっている言葉にもなっています。

広島では「カープ女子」が有名ですが、最近では「神楽女子」と呼ばれる人も出てきているのです。

そんな身近な「広島神楽」は、衣装や小道具にも注目。

豪華絢爛な衣装や、細部までこだわっている小道具もあり、一つの「ショー」としての要素を持っています。

古来の文化だけでなく、現代の舞台芸術ともいえる、「広島神楽」は、その見た目からも、「落成式」や「結婚式」などの余興としても、人気が高いものとなっているのです。

大人だけでなく、子どもも楽しむことが出来る「広島神楽」には「子ども神楽」というものも存在しています。

お囃子に合わせて、子どもたちが舞う「広島神楽」は、まさに伝統芸能が引き継がれていっている証でもあるといえるのです。

「子ども神楽」の発表会があったりと、「子ども神楽」を鑑賞することも可能ですが、その舞は大人の「広島神楽」とはまた一味違ったもの。

しかし迫力があって、子どもといえども負けていません。

約300の神楽団が演じる、エンターテイメント性が高い「広島神楽」

「広島神楽」には今や300を超えるほどの神楽団があり、毎週末どこかで公演が行われています。

演目によってさまざまなエンターテインメント性があり、何度見ても引き込まれる魅力が満載です。

テンポもゆっくりしたものから、スピード感のあるものまで、衣装の違いなど、演目によってそれぞれ特徴があります。

ストーリー自体もわかりやすくなっていますので、入りやすい内容です。

現在「広島神楽」で舞われているのは18の演目がありますので、自分の好みのものを探してみてもいいもの。

「儀式舞(ぎしきまい)」は、神様をお迎えするためのもので、神楽舞の初めには必ず行われる、欠かせないものです。

「岩戸(いわと)」は、「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」の神話で、神楽のルーツでもあるお話。

「恵比寿(えびす)」は、あの七福神のえびす様がメインのお話です。

「塵倫(じんりん)」は、自由に空を飛び回る大悪鬼が出てくるのですが、塵倫が雲の上を飛ぶ演出が見どころ。

「葛城山(かつらぎさん)」は、葛城山に住む土蜘蛛と源頼光が戦うお話です。

土蜘蛛のおどろおどろしい面、衣装、テンポの速い舞が人気の演目。

「大江山(おおえやま)」は、源頼光が鬼を退治するお話で、登場人物が多く、見応え満載です。

たくさんの登場人物が入り乱れての、戦うシーンは圧巻。

「神武(じんむ)」は、広島県が生んだとされるオリジナル演目なので、ここでしか見ることが出来ません。

「滝夜叉姫(たきやしゃひめ)」は、鬼に変貌を遂げてしまった滝夜叉姫の、哀しいストーリー。

「大蛇(おろち)・八岐大蛇(やまたのおろち)」は、有名な神楽でもあります。

最大で8匹の大蛇が登場する、迫力満点といえる演目です。

ほかにも「鐘馗(しょうき)」「八幡(やはた・はちまん)」「天神(てんじん)」「日本武尊(やまとたけるのみこと)」「戻り橋(もどりばし)」「紅葉狩(もみじがり)」「黒塚(くろづか)」とあります。

占い師 RINのワンポイントアドバイス「神楽は神様と人が楽しむ宴!地域や特性によって多様性がある」

RIN
神楽は、地域によって特徴はいろいろありますが、神様と一緒に楽しむ宴だということ。

宮中行事の御神楽(みかぐら)は、見ることはなかなかできませんが、里神楽(さとかぐら)なら、私たちも気軽に楽しむことが出来ます。

もともと神事だったものをそのまま受け継いでいるものもあれば、エンターテインメント性が高く、ショーとして楽しむことが出来たりと、多種多様な変化をしてきたといえる神楽です。

今まで神楽について何も知らなかったという人も、一度見てみるとハマるかもしれませんね。

あなたを導く神秘のタロットカード【神秘のタロットカード】



私達を魅了し続ける占い、タロットカード。
現在、過去、未来等を占う事ができます。

神秘のタロットカードは身近な悩みから、将来の事まで、幅広く占える特別なカード。
さっそくあなただけのカードを選んで、幸せの扉を開きましょう。



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事