占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

恋愛の事、結婚の事、相手の気持ちや妊娠の事…恋愛や仕事でもさまざな悩みはつきませんよね…。

でも、もう大丈夫。あなたの運命は今日から大きく変わります。

私たちが過ごす今この時は、この先約200年続いていく『風の時代』の入り口です。

これまで当然だと思われていた固定概念や常識・価値観…それらは徐々に崩れ去り、世の中のあらゆるものが次々と多様化をはじめています。

「時代についていけるのかな…」「私は幸せになれるのかな…」そんな不安があるかもしれません。

でも、あなたがこの風の時代を生きることには必ず意味があります!

神の言葉を伝えるカードである『オラクルカード』を試してみてください。

神の声を聞けば、風の時代を味方につけて願いを実現させる確かな方法がわかります。

運命は必ずあなたに微笑みます!このカードとの出会いで幸せを掴みましょう!!

※20歳未満はご利用できません

お彼岸と言えば、秋だけでなく春もありますよね。どう違うのかわからない方も多いと思います。

今回は、秋のお彼岸で何をするのかを見ていきましょう。お彼岸は、お墓参りに行ってからおはぎをみんなで食べるだけの日ではないのです。

お彼岸にはみんなでご先祖様の供養を行ってみましょう。

秋のお彼岸はいつから?2022年は9月20日~9月26日まで

秋のお彼岸はいつからいつまで

秋のお彼岸は、秋分の日をど真ん中として前後3日の計7日間となります。2022年は9月20日~9月26日までとなります。

秋分の日が毎年同じという訳ではないので、少しずつ日程が動いてしまうので注意しておきましょう。

ちなみに、秋分の日は国民の祝日でもあります。なので、お墓参りなどにも向かいやすいタイミングでもありますね。

現代では、シルバーウイークと重なる日程が含まれる場合も多く遠方にお墓がある場合でも帰省することが叶いやすいとも言えます。

春のお彼岸の意味は? 自然を称え生物をいつくしむ日

お彼岸と言えば、春と秋の両方に存在する行事ですよね。日程以外の違いが何であるか気になっている人も多いと思います。

春のお彼岸は、自然を称え生物をいつくしむために努力をする日と日本の法律で決められています。

とはいうものの、自然を愛でるよりは秋と同じくお墓参りに向かう人の方が多いです。秋分と春分は1年を通した中でも昼と夜がちょうど半分になる日と言われています。

そういった特殊な気候条件であることもあって、黄泉の国に想いが伝わりやすい日と言われていたのです。

だから、この日にお墓参りに行くことになっています。

春のお彼岸では、ぼた餅を食べます。ぼた餅は、牡丹の花からきている名称ですがものとしてはおはぎと変わりません。

そのぼた餅も地域によって少し作り方に違いがあると言われています。

秋のお彼岸の意味は?先祖を敬い故人をしのぶ

秋のお彼岸の意味は、祖を敬い故人をしのぶことです。こちらは、国民の休日を制定するために日本の法律で定められていることです。

秋のお彼岸は、先祖や故人をしのぶ日となっています。お彼岸の中日になっている秋分の日は、昼と夜がちょうど半分ずつになる日なのです。

なので、この世からあの世へ伝えたいことが伝わりやすい日ともいわれています。でも、お彼岸でお墓参りをするのは日本だけの習慣となっているそうです。

この期間に先祖供養をするとこの世から極楽浄土へスムーズにいくことができると言われています。

あと、秋のお彼岸ではぼた餅でなくおはぎを食べます。

六波羅蜜とは

お彼岸の語源は、サンスクリット語の六波羅蜜です。中国語では彼岸に至るという意味があるそうです。

日本では、仏教が入ってきたことから彼岸をあの世としてきました。逆に今の私たちがいる世界を此岸と呼んでいます。

此岸は、煩悩まみれの欲の世界であると言われていますよ。仏教の教えに従って修行することによって、彼岸へ行くことができるようになると言われています。

この此岸と彼岸の間で流れている川が俗にいう三途の川です。お彼岸の日は、昼と夜の時間が同じになることで特別な日であると言われてきました。

西にあると言われている極楽浄土への道しるべができ、距離も近くなるタイミングであると言われています。

このことから、お彼岸は六波羅蜜への修行を行うに最適な日でもあると言われているのです。

おはぎは萩の花で牡丹餅は牡丹の花

お彼岸の時期は、春と秋の両方で和菓子を食べます。その和菓子は形状に関しては春と秋で同じですが名前が違います。

春に供える方は、ぼた餅と言います。春のお彼岸の時期は牡丹の花が咲く時期です。なので、この牡丹の花から名づけられた名前です。

秋のお彼岸の時に供える方はおはぎです。秋のお彼岸の時期は、萩の花が咲く時期となります。

おはぎは、萩の花から名づけられた名前なのです。その季節に咲く花の名前が名づけられるなんて風流ですよね。

ただ、地域によっては1年を通して同じ名前を使い続ける場合もあります。あとは、春と秋であんこの形状が違う場合が多いです。

春のぼたもちはこしあんで作る場合が多いでしょう。秋のおはぎは、粒あんで作ることが多いです。

これは食感などの問題でなく、餡の材料になる小豆の収穫時期っが理由になっていると言われています。

小豆は秋に収穫される豆なので、おはぎは獲れたての豆を使って調理することになります。収穫してすぐの小豆は皮がやわらかく香りも良いです。

なので、そのままの風味を味わうためにも粒あんにして食べます。そして、春ですが秋に収穫した小豆を使うのであれば半年程度の時間が経っていますよね。

それによって、香りも秋よりは落ちてしまい皮も固くなってしまいます。そのため、小豆をおいしく食べるために工夫された結果がこしあんなのです。

どちらもその時期に1番おいしく食べる方法がとられていると思うと驚いてしまいますよね。その小豆には日本では昔から厄除けの意味があります。

なので、厄払いの意味もこめて親族でお供えした後のおはぎやぼた餅を食べていたのかもしれません。

▼おはぎのレシピについて詳しく知りたい方はコチラ▼

スポンサーリンク

お彼岸にすることは?お供えや供花は何を選ぶといい?

仏壇や仏間の掃除

お彼岸にするとよいことの1つに仏壇の掃除があります。仏壇の掃除は、普段から行っている人もいれば何かイベントがあるときにしか行わない人も多いでしょう。

お彼岸の時もお盆と同じく、親族の人が仏壇にお参りに来ることも多いです。なので、仏壇も含めた仏間の掃除を行っておくのがおすすめです。

仏壇に関しては、埃を取り除くだけでも変わると思います。また、仏具を乾いた布で拭くというのもおすすめです。

ほかにも掃除をすると傷んでいる仏具などを見つけることも可能になります。不具合があれば修理をしたり新調したりと対応しておきましょう。

仏間に関しては人が入ってきても良い程度に掃除をしておけばよいと思います。

お墓参り

お彼岸にすべきことで最も有名なのがお墓参りでしょう。お彼岸と言えば、お墓参りであると答える人も多いと思います。

お盆と違い、お彼岸の時期の故人はお墓にいるとされています。なので、お墓へお参りに行くことは自然な流れでもあるのかもしれませんね。

お盆にお墓を参るのは自然なことでもあります。お盆の仏壇は親戚の家の中に入らないといけないのでハードルが高いかもしれませんね。

その場合でもお彼岸はお墓に向かうだけなので気分も楽かもしれません。基本的にルールを守っていれば問題ありません。

あと、お墓に参る場合はお墓のメンテナンスも行いましょう。お墓と言えば、普段はあまり考えたこともないかもしれません。

でも、お墓が汚れていたりかけていたりすれば今生きている子孫たちにも悪影響があります。一説にはお墓の異変を直してほしいということを伝えたいからともいわれています。

確かに先祖供養をきちんと行っていなければ先祖からの恩恵を受けることは難しいかもしれませんね。

お墓参りの時は、雑巾などのお墓の掃除道具も持参していきましょう。その上で、周囲の草刈りなども行えばよいと思います。

お墓のメンテナンスが難しい場合は、有料で依頼してみても良いかもしれません。

お供え物におはぎや落雁

お彼岸の時は、故人やご先祖様に対しておはぎや落雁を供えます。おはぎを供えるのには一説には収穫に感謝するという意味合いもあるようです。

おはぎの餡の材料となる小豆は、お彼岸の頃に収穫されます。その小豆をすぐに使ってつくるので収穫への感謝という意味もあるのかもしれません。

おはぎの名前は前述した通りに秋に咲く萩の花から名づけられています。おはぎもご先祖様のために供えるのですが基本は生きている人が食べる前提です。

なので、供える時も後でおさがりとしてみんなで食べることもできるように食中毒に気を付けて管理を行うようにしましょう。

ほかにも落雁を供えると言われています。お供え物には甘いものが好まれていました。それは、昔は現代と違い甘いものがかなり貴重なものであったこともあるでしょう。

落雁は砂糖の塊なのでかなり高価なものであったと考えられます。その上、日持ちもするのでお供えにもぴったりでしょう。

現代ではあまり好まれないかもしれません。だけど、落雁は直接食べるだけでなく料理の砂糖としても使うことができるので問題ないと言えます。

▼落雁のリメイクレシピについて詳しく知りたい方はコチラ▼

供花は白や淡い色で

お彼岸の時もお盆や普段の墓参りの時のようにお花を供えます。この時のお花に関しては白や淡い色のお花をチョイスします。

それは、お彼岸は白じゃないといけないという決まりがある訳ではなく、お盆の時と同じような形で選ぶ場合が多いということが理由になっています。

白いお花と言えば菊を思い浮かべる人も多いかもしれません。でも、最近は洋風の花を加えて供花を作る場合も増えています。

お彼岸に供える花と考えると難しくなってくるので、何も考えず花屋さんにお彼岸用と伝えて購入するのも良いかもしれません。

また、最近ではスーパーなどで仏花という形でも売られているので簡単に手に入るようになっています。

スポンサーリンク

お彼岸に伺う時の手土産や供物|お彼岸のご進物の金額や品物

お彼岸のお供え物の決まり

お彼岸にお供え物をする場合にも決まりがあります。コロナ禍の中では、持参するよりも配送で済ますことが増えているかもしれませんね。

でも、基本は持参なので新型コロナウィルス感染症が落ち着くと再び持参の流れになる可能性が高いのでどちらも紹介しておきます。

まず、お供えののしです。お彼岸のお供え物にはのしでなく、掛け紙を使います。厳密にはのしは、お祝いごとのみに使うものですが最近ではどちらでものしと呼びますね。

だから、違いは気にしなくても良いかもしれません。お彼岸に関しては、基本的には水引が白黒のものを選びます。

ただ、地域によって黄色の結びきりのデザインを使う場合などもあるので調べておきましょう。百貨店で買い物をすれば彼岸のお供え物だと伝えると適した掛け紙を用意してくれます。

基本的に白黒の水引をつける時は、内側に掛け紙をつけることが多いです。表書きは、御供です。

でも、タイミング的に1年以内に亡くなられた人がいるのであれば忌明け前ならば御霊前、忌明け後であれば御仏前などの掛紙をつけます。

お彼岸のお供えは定番おはぎ?

お彼岸のお供えや手土産には、おはぎを用意します。最近では、おはぎも持参だけでなく通販で購入することもできます。

普通のおはぎだけでなく、おはぎの上に花の形をした砂糖菓子がトッピングされているものも販売されています。

目で見ても楽しむことができるので人気があります。また、ノーマルなおはぎより値段が張ることもありもらって嬉しいアイテムなのは間違いないです。

ただし、おはぎはあまり日持ちがしません。そういった理由から最近は、手土産やお供えとして持参する人も少なくなってきました。

また、おはぎがたくさん増えても困るのでどちらかというと家の人がおはぎを準備することの方が増えているでしょう。

菓子折り

お彼岸のお供えで定番なのが菓子折りです。お菓子は、老若男女問わず誰でも食べるアイテムなので家族がいれば1人くらいはお菓子を食べる場合が多いと考えられます。

あと、果物やおはぎと違い日持ちをするものも多いです。菓子折りを用意する場合は日持ちが長い方が良いでしょう。

また、最後はおさがりとしてお供えをしてくれた人に配る場合もあります。そう考えると個包装になっているものが良いでしょう。

親戚の家にお供えを渡す場合であれば、あらかじめ参加する家庭の数を聞いておくと準備がしやすいかもしれません。

お菓子と言えば、何でも良いかもしれませんがバームクーヘンなどのお祝い事で食べるようなお菓子は避けた方が良いでしょう。

小さなお子様も好きそうなものと考えると焼き菓子などの洋菓子がメインになるかもしれませんが、おはぎの代わりとして小豆を使ったお菓子もおすすめです。

羊羹は日持ちがする上に高級感もあるので外さないアイテムであるともいえます。また、菓子折りの場合でも百貨店やお菓子屋さんなどに相談すると良い提案をもらえる場合もあります。

ただ、親戚などの家が全て同じ地域にある場合はお供えの品が重なってしまうこともよくあるので考えましょう。

あえて、通販で購入してみるのも重なることを避ける方法の1つでもあります。

故人が好きだった食べ物もおすすめ

故人が好きだった食べ物もおすすめです。生きている人と思い出が深いような故人が好きだったものを用意してみましょう。

ただし、日持ちがしないようなものは生きている人が食べ切ることができる程度の量に留めておく方が良いかもしれません。

その中でも日持ちがするという意味では、お酒はぴったりです。お酒はすぐに消費する必要もありません。

また、お供えのアイテムとしても悪くないでしょう。何よりも故人の好きなものを用意して生きている者でともに食べるというのが供養につながります。

その食べ物を好きだった故人のことを思い出したり、みんなで思い出話をすることが良いのです。

もし、自分が死んでしまった場合いつまでも悲しまれているのも辛いですが、年に数回も思い出してもらえないのも悲しいですよね。

なので、お彼岸の時は故人たちのことを思い出す日にしてみましょう。

果物

お彼岸の時のお供え物には、果物もおすすめです。果物は甘い上に高級なのでお供え物にもぴったりです。

ただ、長い間お供えする可能性もあるので日持ちしそうなものを選ぶようにしましょう。また、縁起が良いとされるので丸い形のものもおすすめです。

でも、果物は丸いものが多いのでそこまで気にしなくても良いかもしれません。傷みやすい果物であれば、早く食べてほしいということを一言添えておくのが親切でしょう。

果物を購入する場合は果物屋さんや百貨店がおすすめです。どちらも果物のプロがいるので日持ちなども考えながら選んでくれると思います。

色々な人から果物を頂き、複数個ある場合は盛るように備えてください。1種類の果物の場合は下に3個おいて上に1個置き盛りましょう。

みかんのように小さいものであれば4個下に並べて上に1個置くのがおさまりも良いとされています。

でも、掛け紙のようにルールがある訳でもないので好きなように供えると良いでしょう。果物は菓子折りなどと違い足が速いので早めに引き上げる方が良いです。

腐らすよりは早めにおさがりとして食べる方が良いので、傷み始めたら気にせず食べるようにしましょう。

お線香やろうそく

お彼岸のお供えには、お線香やろうそくもおすすめです。お線香やろうそくは、食べ物と違いいくらあっても困らないでしょう。

シンプルなものであれば趣味などもないと思うので選びやすいアイテムの1つでもあると言えます。

お線香は煙が少ないものが人気とされています。煙が少ないと肺が弱い人や動物が家にいる人でも使いやすいからです。

ろうそくもシンプルなろうそくもあれば、花ろうそくもあります。花ろうそくとは、ろうそく自体に花の絵が描かれています。

華やかで目にも美しいだけではありません。元々、花ろうそくはお花の役割も兼ねていたそうです。

花ろうそくに火をつけることでお花を供えなくても良いともいわれています。また、夏場のようにお花が傷みやすい時期にはちょうど良いかもしれません。

最近は、故人の好きだったものの形をしたろうそくやお菓子などの香りがするお線香なども販売されています。

お供えだけでなくインテリアとしてのデザイン性が高いものも増えてきているでしょう。

親しい間柄の人であれば、そういった面白い形のアイテムをお供えにするのも悪くないでしょう。

選ぶバリエーションも多いので故人のことを思い出しながら気に入ってくれそうなものを選んでみてください。

供花や花束にアレンジした花

お彼岸にお供えをするものとしては、お花もおすすめです。お花もお供えのアイテムとしては定番ですよね。

ただ、日持ちがしないということもあり菓子折りよりは見かけなくなったかもしれません。また、お花は意外と高価です。

そういった理由もあり親しい親族以外にお花をお供えすることは少なくなっていったのかもしれません。

もちろん、既にお墓や仏壇にはお花が用意されているはずです。そこに新たに供花が届いても家の規模や仏壇の大きさが小さいと微妙ですよね。

なので、お供えにお花を用意する場合はフラワーアレンジメントの形にしてもらうようにしましょう。

お花がより華やかになり、花瓶がなくても活けることができるのでもらった方も助かると思います。

お花って意外と活けるのが手間になってしまったりもしますよね。そう考えると、そのまま並べることができるフラワーアレンジメントとは救世主だともいえると思います。

少し洋風のアレンジを加えておくと、お彼岸の時期が終わってからも楽しむことができますよ。

お彼岸にしてはいけないといわれていることの真実

結婚式はダメ?

お彼岸にしてはいけないと言われていることがあります。その1つ目は、結婚式ですが本当にダメなのでしょうか?

お彼岸に結婚式を行うのは縁起が悪いと言われています。確かにお盆に結婚式をするような微妙な感じとも言えますよね。

だけど、最近の人はそこまでお彼岸に結婚式を行うということにも抵抗がないと思います。まず、答えとしてはお彼岸に結婚式を行うことはダメじゃないです。

お彼岸に結婚式をしてはいけないというマナーはありません。お彼岸の結婚式の場合、結婚式に参列するためにお墓参りに行けないというのが理由の1つと言われています。

確かに結婚式に招待されているとお墓参りに行く時間がなくなってしまいます。だから、そういう話があったのでしょう。

現代より昔は先祖供養をより大切にしていたはずです。なので、お墓参りができなくなる日程の結婚式は言語道断だったのでしょう。

最近では、お彼岸にお墓参りを行わない家庭も増えてきたので問題ないとも言えます。また、家族婚などであればそこまで考慮する必要がないとも言えますよね。

とりあえず、絶対に招待したいと思う人みんなに参列してもらいたいと思うのであればお彼岸の日程は避けておく方が良いのかもしれません。

引っ越しも行ってはダメ?

お彼岸の時期は引っ越しをしてはいけないと言われています。お彼岸の時期に引っ越しをしてはいけない理由としては、本来ならば腰を落ち着けて先祖を供養する日だからです。

お盆のように先祖が家に帰ってくる日ではないので、家の場所を変えることに関してはそれほど影響はないと思います。

だけど、引っ越しを行うと長くバタバタしてしまいますよね。落ち着いて先祖を供養するよりは自分の今の生活を安定させることに集中してしまいます。

それは今を生きる人間としては当たり前のことです。でも、せっかくお彼岸という先祖供養をする期間があるのであればその時期に引っ越しをぶつけるのでなく先祖供養を行う方が良いのかもしれません。

シルバーウィークと重なるから引っ越しを重ねたくなってしまうのかもしれませんね。実際にお彼岸が祝日ということもありお彼岸に引っ越しを行う人は多いみたいです。

特に春のお彼岸の方は連休じゃないけど年度初めの少し前なので引っ越しも多いと言われています。

お見舞いもダメなの

お彼岸は、お見舞いに行くこともダメであると言われています。現代人としては、どうしてお彼岸にお見舞いをしてはいけないのか疑問ですよね。

お彼岸は普段よりも死を身近に感じるタイミングと言われているからだそうです。でも、お彼岸はシルバーウィークも重なっておりスケジュールの都合が合いやすい日でもあります。

若い人であればお彼岸に対して死のイメージを持っている人も少ないかもしれませんね。ただ、これは人によって大きく考え方の違う問題でもあります。

自分と相手との関係性で考えてみましょう。相手がそこまで親しくないような相手や年配の人であれば避けた方が良いかもしれません。

ただ、家族や友人などであれば問題ないでしょう。祖父母の場合であれば、お彼岸にお見舞いには行ってはいけないと教えられた訳ではなければ気にしないと思います。

両親や祖父母の場合であれば、縁起が悪いということよりもお見舞いに行くよりもあなたに自分の代わりにお墓参りへ行ってほしいという気持ちを持っている場合もあります。

その場合は、代わりにお彼岸のお墓参りを済ますようにしましょう。お見舞いに行くかどうかはマナーよりも相手がどう考えているのか?ということを意識してみてください。

お彼岸は納車もダメ?

お彼岸の時期は車の納車を行ってはいけないと言われています。車と言えば、最近になって出てきたアイテムですよね。

だから、この迷信が出てきたのも割と最近の話であると思います。お見舞いと同じくお彼岸が死を連想することから車の納車は縁起が悪いと言われるようになってしまいました。

確かに車を納車するのであればわざわざ微妙な日に設定するのは気持ち悪いですよね。車の事故は人為エラーが理由になることも多いです。

でも、自分のミスだけでなく人のミスに巻き込まれてしまう場合もあるのである意味運でもあると言えます。

だからこそ、みんな縁起を重視するのでしょう。車のナンバーを決める時に死を連想するような語呂合わせを避けるということに近いものがあると思えばわかりやすいと思います。

ナンバーを決める時に何も考えていない人がいるようにお彼岸に納車をすることに関しても何も感じない人もいます。

とりあえず、科学的な根拠は何もないとも言えますね。だから、自分が気にならないのであれば気にしなくても良いでしょう。

ただ、少しでも気になる場合は避けた方が良いと思います。いやなことが起きてしまった場合、彼岸に納車をしたことが理由だと感じてしまうからです。

お彼岸に納車を行う場合は、お墓参りに行ってご先祖様に無事を頼んでみるのも良いかもしれませんね。

お彼岸にしてはいけないタブーとマナー

ろうそくやお線香に火に息を吹きかけて消す

お彼岸にしてはいけないタブーとマナー1つ目は、ろうそくやお線香の火に息を吹きかけて消すということです。

実際は、お彼岸の日だけでなく毎日やってはいけないタブーなので覚えておきましょう。もちろん、普段の墓参りやお盆でもダメです。

根本的な話となりますが、仏教の教えによると人の息がけがれていると考えられているからなのです。

息がけがれているから仏さまに供える予定のろうそくやお線香にけがれた息を吹きかけてはいけないという考えからのタブーなのです。

息を吹きかけてはいけないとなれば、どうやって火を消すのか気になりますよね。基本的には仰ぐ動作などで火を消すと良いとされています。

お線香に関しては折る場合も多いかもしれませんね。ただ、お線香は縦に振るとすぐに火が消えます。

正直なところ、バーベキューなどが日常になった現代の感覚では踏めば良いとのかもしれませんが踏むのは息を吹きかける以上に罰当たりですよね。

でも、お線香やろうそくに火をつけているときに思っているよりも大きく燃えると焦る人の方が多いと思います。

そんなときに火を消そうと咄嗟に出てしまう行動は息を吹きかける人が多いと思いますよ。だから、昔ほどは神経質にならなくても良いのかもしれません。

墓石にお酒、ジュースをかける

お彼岸にしてはいけないタブーとマナー2つ目は、墓石にお酒、ジュースをかけることです。こちらのマナー違反もお彼岸だからダメという訳ではありません。

普段の墓参りやお盆の時期などでもタブーとされているので覚えておいてください。故人の好きな飲み物がお酒やジュースさとかけたくなる気持ちもよくわかります。

ドラマなどで感動的なBGMと共に映像になっていることも多いので、自分も試してみたいと思う人も少なくないでしょう。

ただし、これは自分の息を吹きかけてお線香を消してはいけないというタブーと別で仏教的なものよりは墓石のお手入れにまつわるタブーとなります。

まず、言えるのは水をかけるよりも墓石が傷みやすくなってしまいます。また、どちらも糖分などが多く含まれることからべたべたになってしまったり虫が寄ってきます。

多くの方のお墓は、一つのお墓がぽつんとあるよりも複数のお墓が存在する墓地に位置していることが多いでしょう。

その場合、虫がたかっているお墓は周囲のお墓たちにも迷惑がかかってしまいます。また、お墓の石は小さな穴がたくさん空いています。

その穴からジュースやお酒を吸い込んでしまうと墓石が変色したりする恐れがあります。カビが生えてしまうこともあるので注意してください。

飲み物を供えたい場合は、缶や瓶のまま供えておく方がスマートかもしれませんね。故人と一緒に飲みたい場合はあなただけで飲みましょう。

供花にとげのある花を供えてはいけない

お彼岸にしてはいけないタブーとマナー3つ目は、供花として毒花(彼岸花)やとげのある花を供えてはいけないということです。

こちらのタブーに関しては仏教も関係しています。とげがある花は殺生を連想させてしまうのでダメということです。

毒のある花は、仏さまに毒を供えているということになるからタブーとなっています。人間同士の贈り物でも毒団子などを贈ることはありませんからね。

他にも香りが強い花もダメであると言われていますよ。香りが強い花に関しては、お線香の香りなどを妨げてしまうからと言われていますよ。

とげのある花に関しては全てとげを乗り除けばお供えしても良いと言われています。

ただ、面倒ですよね。もし、とげのある花、毒花、香りが強い花を個人が愛していた場合は迷ってしまうと思います。

その場合は、仏壇じゃない場所に個人が好きだった花を飾るようにしましょう。仏間でも良いですが、玄関も良いと思います。

玄関に関しては故人を思ってきてくれた人も必ず通る場所です。そこで故人が好きだった花を見るとさらに個人へ思いをはせることができるでしょう。

仏壇やお墓に供える花に関しては、長持ちする花や仏教などに合わせたカラーの花がおすすめです。

カラーに関しては仏教の六色や五行説に基づく色などが良いとされています。面倒な場合は、花屋やスーパーで仏花として売られているものを購入してみてください。

お供え物をお墓に置いて帰る

お彼岸にしてはいけないタブーとマナー4つ目は、供え物をお墓に置いて帰るということです。供え物をお墓に置いて帰るということは迷信よりもマナーですね。

お墓に食べ物を置いておいても故人がそれを生きている人たちと同じように食べることはできません。

その場合、どうなるかというと腐っていくか動物たちが代わりに食べるということが予測されます。

前述の通り、自分の家のお墓だけあるという場所は少ないと思います。たくさんの墓地がある場所に自分のお墓があるという人の方が多いでしょう。

例えるなら分譲地に立つ家のような感じですよね。そんなところで食べ物を腐らせてしまったり、動物が食べにきていれば迷惑にもなってしまいます。

ほかにも、お墓が汚れたり動物たちがお墓を傷つけたりしてしまう恐れがあるので自分で持ち帰るようにしましょう。

最近は、昔より管理が行き届いているお墓が増えているかもしれません。それでも自分が持ち帰るのがマナーです。

持ち帰っておさがりとして家族みんなで食べる方が故人やご先祖様もきっと喜んでくれるはずですよ。

占い師秋桜のワンポイントアドバイス「先祖や故人をしのぶ秋の彼岸は自分のルーツを考える機会に」

秋桜
お彼岸と言えば、おはぎを食べる日やお墓参りをする日というイメージしかない人も多いかもしれないわ。

確かにお彼岸の基本の過ごし方はそうよ。秋分の日は、昼と夜の時間がちょうど半分になるから普段よりあの世に気持ちが伝わりやすいと言われているわ。

シルバーウィークで遊びにいきたい気分だけど、秋分の日はくらいはご先祖様に想いを馳せても良いのかもしれないわね。

お彼岸の時期もタブーやマナーもあるわ。けど、タブーのほとんどは迷信だったりもするからそこまで気にしなくても良いと思うわよ。

身近な人たちに聞いてお彼岸の先祖供養をきちんと行っていきましょう。最終的にはあなたが子孫にお彼岸について教える立場になるかもしれないわよ。

あなたを導く神秘のタロットカード【神秘のタロットカード】



私達を魅了し続ける占い、タロットカード。
現在、過去、未来等を占う事ができます。

神秘のタロットカードは身近な悩みから、将来の事まで、幅広く占える特別なカード。
さっそくあなただけのカードを選んで、幸せの扉を開きましょう。



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事