占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。このページを訪れてくださったあなたへ、今一番必要なことについてお話するわね。

ウィズコロナになり少しずつ前に進もうとする経済や社会、世界中の人々が昔とは違う「変化」や「前進」にチャレンジしようとしています。

そんな中、私もあなたも今まででとは違う「変化」や「前進」が必要なのは言うまでもない事。

2022年になり、時代の流れの速さは過去の何倍にもなり光の速さになっています。その中で必要な

『変化』と『前進』

この2つが出来なければ、時代の流れに置いて行かれ二度と追いつけなくなってしまうかもしれません。

でも大丈夫。安心してください。

あなたに必要な「変化」と「前進」を知る為の、神の言葉を伝えるカードである『復縁の母』を試してみてください。

神の声を聞けば、時代を味方につけて真の願い、真の幸せを実現させる確かな方法がわかります。

心を開き、真実を受け入れれば、運命は必ずあなたに微笑みます!【今よりも遅い時はない!】この言葉を胸にあなたが幸せになる為の「変化」と「前進」の方法を手に入れましょう!

※20歳未満はご利用できません

あまり耳なじみがない…と感じる人もいるかもしれませんが、2月25日の誕生花は「カランコエ」です。

星の形をした小さな花がぎゅっとまとまって咲く姿はとても健気で可愛らしく、温かい気持ちにさせてくれます。

このカランコエには、「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」、「あなたを守る」など、同じように心の中がほっこりするような温かい花言葉がたくさんつけられています。

ものすごく美しいというわけでもないですし、目立つ花だというわけでもありませんが、人の心を豊かにしてくれる、そんなパワーを持っている花なのです。

そんなカランコエの花言葉の由来や、花の名前の由来を知り、2月25日の誕生日の人が、自分の誕生花を誇れるように、しっかり知識をつけていきましょう。

2月25日生まれの誕生花「カランコエ」の基本情報

カランコエの情報

英名Kalanchoe

花言葉 幸福を告げる・たくさんの小さな思い出・あなたを守る・おおらかな心・人気
科・属名 ベンケイソウ科カランコエ属
分類 多年草または低木状の多肉植物
原産地 南アフリカ・東アフリカ・東南アジア(主にマダガスカル)
開花期 10~6月
別名 ベニベンケイ・カランチョー
2月25日以外の誕生花の月日 2月6日
3月21日
10月17日
12月1日
12月7日
12月11日
スポンサーリンク

2月25日生まれの誕生花「カランコエ」の花の名前の由来や種類

「カランコエ」の花の名前の由来

カランコエの由来

カランコエという名前自体は、中国にあるカランコエと同じ属の植物である「加籃菜」を由来としているという説が濃厚です。

フランスの学者ミシェル・アンダーソンがつけた名前で、カランコエという名前自体は学名でもそのまま使われていますが、加籃菜の名前をモチーフとしていることは、言葉の響きからもすぐにわかるのではないでしょうか。

ちなみに、日本でのカランコエの名前は「ベニベンケイ」といいますが、これは、カランコエの花がとても強いことが由来となっています。

乾燥し、常に水を吸い上げることができない環境に自生するカランコエは、肉厚な葉の中に水をためこみ、乾燥に耐えるのですが、その能力は他の植物を圧倒的に上回っています。

だからこそ、ベンケイのように強い、ピンク色の花を咲かせる花…ということで、「ベニベンケイ」の名前がついたというわけです。

「カランコエ」の種類

カランコエの種類

カランコエの種類はとても豊富です。

ブロスフェルディアナ種やエリオフィラ種をはじめとして、種類だけでも15ほどはあり、これらが現在では市場に出回っているものだとされているので、自生しているもの、市場に出回っていない原産種などを含めるとさらに数は増えると考えられます。

ざっと数えただけでも100種類以上はあるとみられ、メインで市場に出回り、一般的にガーデニング用などで楽しまれているのが矮性種と呼ばれる10cmほどの小さい種類です。

これが、高性種となれば3mほどになるものもあり、こうなると家で育てるには少し難しくなってしまいます。

花を楽しむ場合と、肉厚な葉を楽しむ場合とに分かれていますが、日本での歴史は比較的浅く、昭和6年に初めて海外から日本に入ってきたと言われています。

スポンサーリンク

2月25日生まれのその他の誕生花

ユッカ

ユッカ

見た目の逞しさから「勇壮」「偉大」という花言葉をつけられているユッカも、2月25日の誕生花です。

花のイメージより木のイメージ、とがっている葉のイメージのほうが強いかもしれませんが、白い花が空に伸びるように咲く姿が由来となって「颯爽」という花言葉も生まれているので、その姿と同じ、見ていて面白い花の咲き方をする植物でもあります。

バラ

バラ

花の王様・女王ともいえるバラも、2月25日の誕生花です。

バラは、色の種類も豊富ですし、その色それぞれに花言葉がつけられていますが、2月25日の誕生花とされているのは、色指定はなく、全体的に「バラ」とされています。

「愛」と「美」というバラらしい花言葉がつけられていますが、色指定がないため、2月25日の誕生花であるバラの花言葉は、バラ全体につけられている「愛」と「美」という花言葉のみ…と解釈することができるでしょう。

2万種類以上の品種が存在しており、香りも、姿も、まさに女王の名にふさわしい永遠の人気を誇っています。

ラナンキュラス

ラナンキュラス

「とても魅力的」「華やかな魅力」「純潔」という花言葉を持っているラナンキュラスも、2月25日生まれの誕生花です。

ラナンキュラスも、色の種類がとても豊富で、白に黄色、オレンジ、ピンク、紫など、色別で花言葉も存在しています。

ギリシャ神話に登場する心優しい青年の名前が付けられたこの花は、バラのように幾重にも重なった花びらがとても美しく、可愛らしさも同時に感じさせてくれます。

ハナカイドウ

ハナカイドウ

「艶麗」「美人の眠り」というハナカイドウの花言葉は、世界三大美女の一人である、楊貴妃が由来となっていると言われています。

お酒を飲んでほろ酔い気分で眠たそうにしている楊貴妃の様子を見て、皇帝が「海棠の眠り未だ足らず」といった、その「カイドウ」という言葉が、ハナカイドウの名前の由来となっているのです。

中国ではこの話が深く浸透したがゆえに、ハナカイドウのことを「眠花」と呼んでおり、美しい人の代名詞ともされていると言います。

2月25日生まれの誕生花「カランコエ」の代表的な花言葉「幸福を告げる」の意味

幸福を告げる

カランコエの花言葉の中でも代表的な「幸福を告げる」という花言葉ですが、これの由来については、カランコエの花の形が由来となっているという説が一番濃厚だと言われています。

カランコエの花の形は、鐘のような、ベルのような形をしています。

ウェディングベルなど、ベルの音、鐘の音というのは、何か嬉しいこと、幸せなこと、おめでたい事の象徴として受け取られるため、カランコエの花が咲くと、幸福を告げるベルが鳴ったかのような気持ちになる…とこの花言葉がつけられたのだと考えることができます。

ぱっと見ではあまりベルのような形に見えないかもしれませんが、花のひとつひとつをちゃんと見ていると、花の姿がウェディングベルのような釣鐘型をしているのが分かるはずです。

2月25日生まれの誕生花「カランコエ」のその他の花言葉の意味

たくさんの小さな思い出

たくさんの小さな思い出

カランコエの花は一つ一つはとても小さいのですが、この花がぎゅっとまとまって咲くことが、この「たくさんの小さな思い出」の花言葉の由来となっています。

花の一つ一つに見ている人の思い出が込められているとして、「小さな思い出がぎゅっと集まっている」と見える場合もあれば、友達や家族で集まって、小さな幸せの詰まった思い出話に花を咲かせているように見えるなど、受け取り方に違いはあれど、誰しもが持っている、ちょっとした小さな幸せをイメージさせる花の姿が、この花言葉の由来となっているのです。

あなたを守る

あなたを守る

「あなたを守る」という花言葉は、日本で生まれた花言葉であると言われています。

日本オリジナルの花言葉がなぜ生まれたのかというと、これはカランコエの和名が由来となっていると考えられているのです。

カランコエの和名はベニベンケイ。

名前の由来となっているのは、源義経の家臣である武蔵坊弁慶です。

弁慶は、自身の命が絶えるまで、ずっと義経を守り続けました。

その弁慶にちなんだ名前が付けられた花ということで、弁慶のように人を守るということで、この花言葉がつけられたのだと考えることができるのです。

おおらかな心

おおらかな心

おおらかな心という花言葉は、カランコエが集まって咲いている姿が由来となっていると言われています。

小さな花がぎゅっと集まって隙間なく密着しているところを見ると、友達であったり、家族であったりという親しい人間同士が集まって、楽しく過ごしている…という和やかな様子に見えるため、この花言葉がついたのです。

仲がいい同士で集まっていれば、心も落ち着きますし、ゆとりができるものです。

そんな人の心の中を表しているようだ…ということでこの花言葉がつけられたのでしょう。

人気

人気

小さな花が、ぎゅっと集まって咲く様子は、どの花が中心というのはないにしても、見ているとそれぞれの花が回りに咲いている花から支持されているような、多くの人望を集めているような、そんな様子に見えないこともないのではないでしょうか?

そんな姿が由来となって、海外での花言葉には「人気」というものがあるのです。

2月25日生まれの誕生花「カランコエ」の怖い花言葉と意味

カランコエに怖い花言葉はない

カランコエに怖い花言葉はない

カランコエは、大変乾燥している地域にあり、見た目にもその乾燥している中でも強く生きていけるよう、肉厚の葉っぱを持っており、決して可憐なイメージはありません。

かといって、どこか力強さを感じるので、悲しげ、切なげな印象を受けることもないと思います。

そのため、怖い花言葉があるのでは…と疑ってしまう人もいるようですが、カランコエに怖い意味を持っている花言葉というのは存在しません。

2月25日生まれの性格や恋愛傾向や運勢・有名人はコチラ

占い師CRISSのワンポイントアドバイス

CRISS

カランコエの花は、とても強い花なの。

乾燥している地域でも、数少ないチャンスから手に入れた水分を自分の中にしっかりとため込んで、次の水分補給ができるチャンスが来るまで辛抱強く生き抜くのよ。

みんなに対して、そこまで泥臭く生きなさいって言っているわけではないし、そこまで自分に苦労をさせないといけないわけでもないわ。

でも、時にはカランコエくらいの根性を見せて、生き抜く強さを周囲へアピールする機会があってもいいんじゃないかって思うの。

弱いままじゃ生きていけないのがこの世知辛い世の中なんだから、普段は穏やかにニコニコ、人当たり良く生きていたとしても、いざというときには自分のことをしっかりと守ってあげられる、カランコエのような強い人間を目標にしてもいいんじゃない?

【期間限定】全ての人を幸せに導く運勢診断


こちらを最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

もしも仕事や恋愛やお金は健康の事などで少しでも悩んでいるのなら【運勢診断】の占いを初回無料でプレゼントします!

運勢診断では今、あなたが抱えている悩みが近いうちに解決するのか占います。

仕事、恋愛、人生…など、あなたが抱えている悩みを解決し、充実したライフスタイルを送りましょう!

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【運勢診断】を初回無料でプレゼントします! 片思いのあの人や、彼氏や夫との事も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事