タロット占いで教皇のカードを引いた時に、いったいどんな意味を持っているのか、知りたいという方は多いと思います。

特に相手の気持ちをあらわす位置や恋愛占いでこのカードが出てきた場合、相手はどういう気持ちで、恋愛ではどんな事が起こるのでしょうか?

また、タロットカードは正位置か逆位置かによっても意味が変わり、複雑な読み方をすることができます。

占い師にリーディングしてもらう時に、自分も意味がわかっていると、占い結果への理解が深まります。

そこで今回は、タロット占いで教皇のカードを引いた時の意味や相手の気持ち、恋愛面の意味、そして未来で起こることを順に解説いたします。

それでは、教皇のカードが持つ意味を見ていきましょう。

教皇の意味

教皇正位置の意味

立派な緋色の衣に身を包み、清らかな顔立ちをした教皇が説教をしています。

沢山の神の信奉者たちが神の祝福を得ようと集まり、教皇の説法を真剣に聞き入っています。

神の崇高な意思を伝える教皇は、少しでも多くの人々を神の道へ導く為、神を信じる全ての人に門戸を開いています。

そんな教皇の正位置が意味するのは、「教え導く言葉」です。

教皇が神の信奉者たちに別け隔てなく教えを説いているように、このカードが出てきたら、話を聞いてくれる人に積極的に自分の考えを広めれば、多くの賛同を得るという暗示です。

あなたの考えていることは周囲の人達を感化し、沢山の賛同者を生みます。

その賛同者たちが集まり、あなたは広く認められるだろうという、ポジティブな意味を持っています。

教皇逆位置の意味

豪華過ぎる衣装に身を包み、欲の塊のような心を必至に仮面の表情に隠したエセ教皇が、説教の真似事をしています。

神の崇高な代弁者を騙るエセ教皇は、少しでも人々から金を巻き上げようと、巧みな話術で嘘八百を並べ立てます。

しかし、目の前の神の信奉者たちは、どうやら目の前の怪しげな男は、的はずれな事を言って自分達を騙そうとしているようだと、感づきだした様子。

そんな教皇の逆位置が意味するのは、「扇動に対する不信」です。

逆位置で出てきた教皇が、邪な心で的はずれなことを言って人を騙そうとするように、このカードが出てきたら、人から到底認められないような言動をする暗示です。

口先だけで中身のない言葉を並べ立てれば、気づかれて信頼を失う恐れがあります。

あなたの言動は間違いだらけで、人から認められるだけの根拠も誠意もないと感じさせる、ネガティブな意味を持っています。

教皇の相手の気持ち

教皇正位置の相手の気持ち

相手の気持ちをあらわす位置に教皇の正位置が出てくると、自分の考えをあなたに認めてもらい、賛同を得る為に、積極的に人間関係を結びたいと相手が感じていることをあらわします。

まさに相手は「教え導く言葉」を用いてあなたを感化し、良い道へ導こうとしています。

人間関係も、教皇と信徒、教師と生徒といった、あなたに教えを授けるような上下関係のある間柄でいたいと感じています。

そんな真剣な使命感を感じさせる、ポジティブな感情を読み取ることができます。

教皇逆位置の相手の気持ち

相手の気持ちをあらわす位置に教皇の逆位置が出てくると、相手は自分の不道徳や邪な考えをあなたに植え付け、味方につけるために積極的に人間関係を結びたいと感じていることをあらわします。

あるいは、相手はあなたに間違いだらけの嘘八百を教え、騙そうとしている恐れがあります。

相手はあなたが「扇動に対する不信」を感じないよう、注意深く近づきたい。

とそのタイミングを伺っています。

その人間関係は、もっぱら相手の考えを丸呑みするような、不平等なものとなります。

あるいは、相手自身は本当のことだと信じていたとしても、あなたや世間からは到底理解を得られない持論を展開しようと、相手は考えています。

しかし、結果的に「扇動に対する不信」を招いて建設的な人間関係は築けないでしょう。

そんなあなたにとって損な結果を予感させる、ネガティブな感情を読み取ることができます。

教皇の恋愛面の意味

教皇正位置の恋愛面の意味

教皇の正位置が恋愛占いで出てくると、その恋は周囲から祝福され、認められる幸せなお付き合いになる可能性があることを意味します。

例えば結婚を前提としたお付き合いや、目上の人からの紹介やお見合いなど、他者から正式に認められているため、安心してお付き合いができるでしょう。

また、お互いを認め、尊敬し合うような間柄となります。

周囲から反対される心配はなく、また反対があっても認められるお付き合いになるので、安心して進めるように、とタロットカードは伝えています。

教皇逆位置の恋愛面の意味

教皇の逆位置が恋愛占いで出てくると、その恋は周囲から大反対される、困難を伴うお付き合いになる可能性を秘めていることを意味します。

世間から認められない不倫や略奪愛、倫理的に認められないような恋となり、場合によっては周囲の親しい人から別れるよう妨害される可能性も。

誰からも祝福されることなく、2人だけで成立する世界となります。

あるいは、互いに認め合うことのできない、絆の薄い間柄となる可能性もあります。

この恋愛には波乱含みの展開が待ち受けている恐れがあることを肝に銘じ、それでも恋愛を続けるのか考えて見るようにと、タロットカードは伝えています。

教皇の未来で起こる事

教皇正位置の未来で起こる事

教皇の正位置が未来をあらわす位置に出てくると、積極的に自分の考えを広めることで、多くの賛同を得ることができ、周囲から信頼され権威を得ることをあらわします。

今、誰からも認められず、味方がいない人は、多くの味方を得て信頼されるようになります。

また、会社などの組織の中で指導的立場にいる人なら、このカードが出てきたら、誠意をもって部下に仕事を教えれば、部下はどんどん吸収し、成長してくれることをあらわします。

真面目に誠意を持って伝えたことは、相手にあなたの誠意と共に伝わり、良い結果をもたらします。

「教え導く言葉」を積極的に発信しましょう。

その結果、ポジティブな未来が待っていると、タロットカードは伝えています。

教皇逆位置の未来で起こる事

教皇の逆位置が未来をあらわす位置に出てくると、人から認められないような言動をして信頼を失ってしまうかもしれない、という暗示です。

あなたが信じているかどうかにかかわらず、誤った知識を触れ回ってしまい、嘘つきだと陰で言われる恐れがあります。

今、誰にも自分の考えが認められず、味方がいない人は、人から理解を得ようとする前に、まずは話題の信憑性をきちんと調べる必要があります。

また、会社などの組織の中で指導的立場にいる人なら、このカードが出てきたら、部下の仕事の飲み込みが悪く、部下との信頼関係を築くのも難しいことを示しています。

部下のモチベーションが下がっていることはもちろんですが、あなたの指導方法も誠意を持って良い教え方ができているのかどうか、振り返る必要がありそうです。

あなたが自分で信憑性を確かめてから発信しないと、名声や権威、信頼を一瞬にして失う事になります。

結果として、ネガティブな未来が待っていると、タロットカードは伝えています。

占い師 愛のワンポイントアドバイス

教皇のカードには、純粋で神々しい表情の法王が描かれています。神の道を求める人を分け隔てなく受け入れて、教えを授けようとする姿勢は、誠意と使命感に溢れていますよね!教皇が正位置で出てきたら、自分の信ずることを積極的に発信してみて。多くの賛同を得る良い結果が待っていますよ!でも、逆位置で出た時は注意してください。誤情報や嘘、詐欺で失敗してしまう暗示です。あなたが大切な信頼を失うかどうかの重要な分岐点となりますから、逆位置で出てしまったら特に慎重になって、誠意を持ってその情報を発信できるのか振り返ってみて。そして、自分を疑ってみることも、時には必要です。占ってもらう時や自分で占う時にもし教皇のカードが出てきたら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

まとめ

教皇のカードは、「教え導く言葉」を意味しており、人を良い方向へ導く為に、あなたの考えや知識を積極的に伝え広めるようにという、ポジティブな行動を促しています。

自分の思いを口には出さないタイプの人も、積極的に発信していきましょう。

きっと良い結果が待っています。

しかし、教皇が逆位置で出てしまうと、「扇動に対する不信」を意味し、人から到底認められない言動をしてしまうかもしれない、と警鐘を鳴らします。

口先だけで中身のない言葉を並べ立てれば、気づかれて信頼を失う恐れがあります。

自分は常に正しい教えを広めているという思い込みを捨て、信憑性のある言葉を伝えることができているのか、考えてみてください。

いずれにしろ、タロット占いで教皇が出てきたら、そのテーマに対して認められるか認められないかが焦点となっていると伝えています。

言葉を発信するか否かを決める参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事