あなたが毎夜見る夢の中に、もし電話が出てきたら、いったいどんな意味を持っているのか、気になる方は多いのではないでしょうか?
もしかすると、電話は夢の中からあなたに大切なメッセージをくれているかもしれません。

そこで今回は、電話の夢の中でも、電話で話す夢・電話をかける夢・電話番号を教える夢など、10の状況別に夢を診断いたします。

それでは、電話の夢が持つ意味を見ていきましょう。

電話の夢の基本的な意味

夢の中に電話が出てくると、きっとあなたがよく電話する気心知れた友人との場面や、仕事の電話での緊張感などについて思い返す方が多いのではないでしょうか?
まさに電話の夢は、人と人とのコミュニケーションに関する事柄を表しています。

特に最近は一人一台携帯電話やスマートフォンを持つ時代になりました。

電話を介しての人とのやり取りは多く、コミュニケーションツールとしては欠かせません。

そのため、対人関係やコミュニケーションがうまく行っていないと感じている時に、象徴的な存在として、電話が現れるのです。

また、夢の中での電話の会話の内容にも注意してください。

やけに印象に残った会話は、そのままあなたの対人関係や問題解決へのヒントとなるかもしれません。

夢の中の電話の内容には特に注意して対人関係に活かしましょう。

電話で話す夢

電話で誰かと話している夢は、その人ともっとコミュニケーションを取りたいという、興味や好意のあらわれです。

好意は持っていても、現実世界ではあまり接する機会がなかったり、話しかける勇気がなかったりする場合が多いでしょう。

しかし、その人と楽しそうに話しているなら、きっと今後関わりが深くなっていくので、臆せず話しかけてみれば、今後良い人間関係が生まれそうです。

また、電話が相手からかかってきて話している夢は、あなたに新しい出会いが訪れる合図です。

停滞していた人間関係に良い変化が訪れますから、声の印象や内容を覚えておくと、実際にあったときに、この人だ、とわかることがあるかもしれません。

また、話の内容にはよく注意して、現実生活に活かしましょう。

電話をかける夢

積極的にコミュニケーションをとろうと、前向きになっている証です。

積極的な人間関係は、恋愛の進展やビジネスチャンスに繋がります。

現実の世界でも、特に人とのやり取りを密にすることを心がけましょう。

電話番号を教える夢

電話番号を教えるということは、あなたのことを知ってもらいたいという気持ちのあらわれです。

会社や家の固定電話の番号であれば、その人の社会的な人間性や家庭人として人間性を知ってもらいたいと思っています。

また、携帯電話の電話番号を教える場合、異性が相手なら、恋愛関係で親密になりたいという願望を表しています。

あるいは、普通他人には言わない秘密を知って共感してもらいたいという願望を表していることもあります。

電話で怒られる夢

怒るという行為は、溜め込んできたものを爆発させる大きなエネルギーを表しています。

暴力やパワハラを連想させ、辛いイメージがありますが、怒られている内容に関してこれまでの問題を夢で洗い出し晒してあなたに問題点はここだ、と突きつけてくれています。

特に電話で怒られているなら、その内容や対人関係にフォーカスするようにというメッセージです。

怒られる夢の反動で、物事が好転に向かいやすいので、会話の内容を思い出して、改善するように心がけていきましょう!

また「夢占い・怒られるの意味は?他人・電話で怒られる・好きな人・元彼など8選」も是非ご覧ください。

電話で話す人を見ている夢

電話で話している人を客観的に見ている夢は、あなたに人との接し方について一度見直すようにというメッセージです。

話している本人の会話中の仕草や態度などに不快感を覚えるなら、自分自身気づかない間にそうした態度で会話している可能性があります。

人の振り見て我が振り直せというように、夢の中の人を反面教師にして態度を改めれば、対人関係が良い方へ向かっていくでしょう。

電話がかけられない夢

電話がうまくかけられない、つながらない夢は、電話の相手に対してもっと自分のことや自分の考えを理解してもらいたいけれど、なかなか理解を得られないというジレンマのあらわれです。

あなたは、そのために物事がうまく進んでいないと感じています。

確かに相手の不理解に対して苛立つことはあると思いますが、キレてしまえば、余計に関係が悪化してしまいます。

一度冷静になって、様子見をしながら、違うアプローチを考えてみてください。

電話番号を渡される夢

電話番号を渡されるということは、誰かから好意を抱かれていたり、新しい出会いがあったりする暗示です。

会社の番号であれば、ビジネス関係の出会いがあります。

また、携帯電話の電話番号を教える場合、異性が相手なら、恋愛関係に発展する出会いの予兆です。

あるいは、電話番号を渡してきた相手が、普通他人には言わない秘密をあなたには知ってほしい、そして共感してもらいたいという願望を表していることもあります。

好きな人と電話する夢

電話で好きな人と話している夢は、好きな人ともっとコミュニケーションを取って仲良くなりたいという願望のあらわれです。

あなたの好意の一方で、現実世界ではあまり接する機会がなかったり、話しかける勇気がなかったりする場合が多いでしょう。

もし、好きな人と楽しそうに話しているなら、きっと今後関わりが深くなっていくので、臆せず話しかけてみれば、今後良い人間関係が生まれそうです。

また、激しく言い争っていたとしても、今後好きな人から意識されるようになったりして、関係が深まっていくでしょう。

電話が繋がらない夢

電話が繋がらない夢は、電話がうまくかけられない夢と同じく、電話の相手に対してもっと自分のことや自分の考えを理解してもらいたいけれど、なかなか理解を得られないというジレンマのあらわれです。

相手の理解不足のため、物事がうまく進んでいないと感じています。

確かに相手の不理解に対して苛立つことはあると思いますが、キレてしまえば、余計に関係が悪化してしまいます。

一度冷静になって、様子見をしながら、違うアプローチを考えてみてください。

また、既に悪化している人間関係に置いては、あなたの態度などが理由で相手を怒らせ、人間関係を悪くしたという後悔を表すこともあります。

そして、意識はしていなくても、内心では、関係改善を求めている場合があります。

電話の音の夢

電話の音が特に気になる場合、その音を聞いた印象によって夢からのメッセージは変わります。

例えば、ひびきの良い優しい音楽などの着信メロディは、コミュニケーションを活発に、上手く取ることができるという暗示です。

逆にうるさくて不快な着信メロディの場合は、そのままではコミュニケーションを上手く取ることができないことを暗示します。

特にストレスを貯めるようなやり取りに悩まされる可能性があるので、注意してください。

また、電話口の相手の声が、好意的なら人間関係もスムーズになり、がなりたててくるようなら、相手を恐れ、物事の主導権を握られているようなストレスのある関係になる恐れがあります。

占い師 愛のワンポイントアドバイス

夢の中に電話が出てきたら、あなたの日頃のコミュニケーションのとり方や、電話の相手の人との関係、そして電話で話された内容などに注意してください。特に印象が残った点については、あなたが日頃から対人関係で気になっていて、改善したいという気持ちのあらわれのことが多いでしょう。そして、話の内容はズバリ問題解決の答えだったりします!つまり電話は、あなたに対する啓示のようなものなのです!電話が夢に出てきたら、何か対人関係についてメッセージがあるのかな、と自分の状況と照らし合わせてみることが大切です。夢の中でもきちんと耳を澄ませて、現実の自身と照らし合わせてみてくださいね!

電話の夢を見たあなたへ

夢の中に登場する電話は、コミュニケーションや対人関係の問題を表していることが多々あります。

電話が登場したら、日頃のコミュニケーションのとり方や、電話の相手の人との関係、そして電話で話された内容に着目してください。

夢の中の電話の内容は特に、夢からのメッセージとして、素直に受けとめましょう!
電話で誰かと話している夢は、その人ともっとコミュニケーションを取りたいという、興味や好意のあらわれです。

好意は持っていても、現実世界ではあまり接する機会がなかったり、話しかける勇気がない場合が多いでしょう。

また、電話が相手からかかってきて話している夢は、あなたに新しい出会いが訪れる合図です。

停滞していた人間関係に良い変化が訪れますから、声の印象や内容を覚えておくと、実際にあったときに、この人だ、とわかることがあるかもしれません。

電話をかける夢は、積極的にコミュニケーションをとろうと、前向きになっている証です。

そして、電話番号を教えるということは、あなたのことを知ってもらいたいという気持ちのあらわれです。

会社や家の固定電話の番号であれば、その人の社会的な人間性や家庭人として人間性を知ってもらいたいと思っています。

また、携帯電話の電話番号を教える場合、異性が相手なら、恋愛関係で親密になりたいという願望を表しています。

あるいは、普通他人には言わない秘密を知って共感してもらいたいという願望を表していることも。

夢の中の電話はあなたへ様々なメッセージを発していますから、メッセージを素直に受けとめ、現実世界に活かすことが大切です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事