占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。このページを訪れてくださったあなたへ、今一番必要なことについてお話するわね。

ウィズコロナになり少しずつ前に進もうとする経済や社会、世界中の人々が昔とは違う「変化」や「前進」にチャレンジしようとしています。

そんな中、私もあなたも今まででとは違う「変化」や「前進」が必要なのは言うまでもない事。

2022年になり、時代の流れの速さは過去の何倍にもなり光の速さになっています。その中で必要な

『変化』と『前進』

この2つが出来なければ、時代の流れに置いて行かれ二度と追いつけなくなってしまうかもしれません。

でも大丈夫。安心してください。

あなたに必要な「変化」と「前進」を知る為の、神の言葉を伝えるカードである『復縁の母』を試してみてください。

神の声を聞けば、時代を味方につけて真の願い、真の幸せを実現させる確かな方法がわかります。

心を開き、真実を受け入れれば、運命は必ずあなたに微笑みます!【今よりも遅い時はない!】この言葉を胸にあなたが幸せになる為の「変化」と「前進」の方法を手に入れましょう!

※20歳未満はご利用できません

小さく黄色い、可愛らしい花を咲かせるレンギョウ。

このレンギョウは、2月12日生まれの誕生花となっています。

花言葉は「希望」や「希望の実現」という、前向きで明るいものがつけられていて、花の姿にとてもぴったりな花言葉だと感じられるのではないでしょうか?

しかし、レンギョウにつけられている花言葉はこれだけではありません。

他にもいろいろな花言葉があり、もっともっと前向きな気持ちにさせてくれる言葉もあるのです。

そこで、今回は2月12日生まれの人の誕生花であるレンギョウについて詳しく紹介していきたいと思います。

2月12日生まれの誕生花「レンギョウ」の基本情報

レンギョウについて

英名Forsythia Golden bells

花言葉 希望・希望の実現・期待・豊かな希望・叶えられた希望・集中力・情け深い・戸惑い・遠い記憶・楽しい語らい・言いなりになる
科・属名 モクセイ科・レンギョウ属
分類 落葉性低木広葉樹
原産地 日本・中国・朝鮮半島・東ヨーロッパ /td>
開花期 3~4月
別名 カンレンギョウ・クウカク・レンギョウウツギ・イタチハゼ・タニワタシ・イタチグサ・ゴールデンベルズ・ツルレンギョウ・アワクサ・フォルシシア
2月12日以外の誕生花の月日 1月10日
1月18日
1月24日
3月16日
3月17日
3月18日
3月22日
3月23日
3月27日
4月8日
4月11日
スポンサーリンク

2月12日生まれの誕生花「レンギョウ」の花の名前の由来や種類

「レンギョウ」の花の名前の由来

名前の由来

レンギョウは、漢字で書くと“連翹”となり、“連”は連なったという意味で、“翹”は難しい感じですが、雉が尾羽を広げて飛んでいる様子を表す漢字であると言われています。

レンギョウの実や花が雉が並んで尾羽を広げて飛んでいるような姿に見えることからこの名前が付けられたと言われています。

しかし、実際にレンギョウというのは、現在広くレンギョウと呼ばれている花のことではなく、原産国の中国においてはトモエソウかオトギリソウのことを指すと言われているので、名前の由来と現在のレンギョウを比較すると少し見た目と違う由来であると感じてしまうこともあるかもしれません。

「レンギョウ」の種類

レンギョウの種類

レンギョウはに日本においても自生している種類があり、シナレンギョウとチョウセンレンギョウというものがあります。

もちろん、この2種類だけではなく、これ以外にも品種改良されたもの、育てやすくしたものなどが市場に出回っています。

国内に自生しているシナレンギョウとチョウセンレンギョウは、どちらも外来種であり日本本来の在来の種類というのはありません。

シナレンギョウは直立した姿をしており、チョウセンレンギョウのほうが枝が一定の長さまで伸びると枝垂れるようになって育っていくのが特徴です。

シナレンギョウも枝の成長とともに枝垂れながら育っていくようになりますが、チョウセンレンギョウと比較すると直立している樹木の部分のせいで、あまり下に広く広がっていくようには見えません。

スポンサーリンク

2月12日生まれのその他の誕生花

マンサク

マンサク

「ひらめき」「神秘」という花言葉を持っている、見た目にも少し変わった花、マンサク。

この花も、レンギョウと同じく2月12日生まれの誕生花として指定されています。

「呪文」「魔力」「霊感」といった不思議な花言葉も持っており、他の植物とは少し違った印象を抱く人も少なくないのではないでしょうか。

早春の縁起物ともいわれているので、呪文や魔力といった一見怖い花言葉がついていても、その意味までを読み解けば怖いものではないということが分かるはずです。

ヤドリギ

ヤドリギ

「困難に打ち勝つ」「忍耐」という、心の強さを表すような花言葉を持っているヤドリギも、2月12日の誕生花です。

クリスマスになるとヤドリギという植物の名前を頻繁に耳にしますが、あくまで欧米での話で、日本ではあまりなじみがないかもしれません。

ヤドリギは“宿り木”もしくは“寄生木”と書きますが、自分で光合成をおこなうだけでなく、他の樹木に寄生し、栄養をもらったり水分をもらったりして成長していく植物であるためこの名前が付けられたと言われます。

夏の間は、他の樹木の葉っぱのせいで見つけにくいですが、冬になると、枯れた樹木の枝に丸く、まるでマリモのように宿り木が寄生しているのを見つけることができるでしょう。

白く小さな花も特徴的で、ヨーロッパでは「ヤドリギの下に立っている女の子にはキスをしてもいい」なんてロマンティックな言い伝えもあります。

ネコヤナギ

ネコヤナギ

ネコヤナギの花は、一見、花というよりはつぼみのような姿をしています。

似ているものであればコブシの花のつぼみと似ているかもしれません。

フワフワで、丸いつぼみのような姿はとても愛らしく、「自由」「率直」といった花言葉がちょっとしっくりこない…と感じると思います。

猫のしっぽを思わせるその可愛い花は、そのまんま猫を連想させるということで、猫からイメージされる花言葉が多くつけられているのです。

アマリリス(赤)

アマリリス

赤いアマリリスも2月12日の誕生花です。

アマリリスの花はとにかく大輪です。

花の中でもその大きさは最大級で、花びらも大きく、赤いアマリリスとなれば迫力はかなりものです。

花言葉も、「輝くばかりの美しさ」という花の姿そのままの花言葉がつけられています。

プリムラ・マラコイデス

プリムラ・マラコイデス

引用元:プリムラ・マラコイデスの育て方 - みんなの趣味の園芸 NHK

小さな桜のようにかわいい花を咲かせてくれるプリムラ・マラコイデスには、「素朴」「気取らない愛」という自然体の花言葉がつけられています。

花自体は確かにとても可愛らしいのですが、だからといって決して派手ではないですし、それこそ前述のアマリリスと比べれば、かなり地味な部類に入ってしまうことでしょう。

しかし、一生懸命に咲き誇る姿はとても可憐で、まさに花言葉通り、素朴さや、自然体の気取らない姿を感じ取ることができます。

キツネノマゴ

キツネノマゴ

引用元:松江の花図鑑 キツネノマゴ

少し珍しい名前ではありますが、キツネノマゴという植物も、2月12日生まれの誕生花となっています。

この花の花言葉は、「可憐美の極致」「女性の美しさの極致」「この上なくあなたは愛らしくかわいい」など、とにかく女性に対しての究極の誉め言葉が並んだようなものばかりです。

パッと見た感じはとても地味で、決して花言葉にふさわしい花だとは思えないことでしょう。

しかし、薄い赤紫色はどこかおしとやかな女性の姿を連想させますし、薬としても用いられてきた歴史から、才色兼備の女性を思わせるとして、このような完璧な女性をほめたたえるかのような花言葉がつけられたのだと考えることができます。

2月12日生まれの誕生花「レンギョウ」の代表的な花言葉「希望」の意味

希望

レンギョウが咲くのは、3月~4月の間です。

この時期は卒業シーズンであったり、入学シーズンであったりと、別れと出会いを繰り返し、自らの新しい可能性をひしひしと感じることができる季節でもあります。

そんな時期に黄色い花をたくさん咲かせ、明るい気持ちにさせてくれるレンギョウだからこそ、「希望」という前向きでポジティブな花言葉がつけられたのでしょう。

黄色という色はどこか心を弾ませてくれます。

いわゆるビタミンカラーで、見ているだけで少しずつでも明るい気持ちになれるのではないでしょうか。

黄色い花がヨーロッパ原産の場合には、ギリシャ神話の伝説と絡められてどこか悲しい花言葉や一見怖い花言葉をつけられてしまうこともあるのですが、中国が原産であるレンギョウは黄色い花を持っていても、悲しい花言葉は一切なく、とにかく前向きでひたすらポジティブな花言葉ばかりが連なっているのです。

2月12日生まれの誕生花「レンギョウ」のその他の花言葉の意味

希望の実現

希望の実現

レンギョウが咲く春は、さまざまな新しい挑戦への扉が開く時期でもあります。

学生であれば進級や進学で学年や学校が変わりますし、大人でも仕事をしていれば年度初めとなる時期です。

そこで今年こそ自分はこうしようとか、こうなりたいなどといった願いを組み立て、計画を立て、新しい目標への希望を抱く時期ということで、レンギョウに対して希望の実現という、前向きな花言葉がつけられました。

レンギョウの花の黄色がもっと優しい淡い色だったり、または黄色い花でなかった場合には、このような花言葉がつけられることはなかったかもしれません。

花が咲く時期、花の形と色、そして原産国…これらの条件がそろった結果、レンギョウは人々に希望を与える明るい道しるべのような花言葉をもたらされたのです。

期待

期待春の訪れを知らせてくれるレンギョウだからこそ、「期待」という花言葉をつけられたと考えることができます。

どんなことが起こるか、どんな出会いが待っているか、自分の目標や願いは叶うだろうか…当然、人の心は常に安泰状態でいることはできませんから、不安に押しつぶされそうになることもあると思います。

しかし、そんなときにレンギョウの黄色く小さい花を見ると、ふっと背中を押されたような気持ちになることでしょう。

小さくて、決して変わった花の形をしているわけでもないし、特別に香りが強いというわけでもないレンギョウは、小さい花が一つの枝にたくさん咲くことで自らを目立たせ、枝や花の重さで枝垂れても懸命に咲き続けるのです。

その姿を見ればきっと自分も頑張れる、願いをかなえることができると期待せずにはいられないでしょう。

豊かな希望

豊かな希望

「豊かな希望」もレンギョウの花言葉の一つです。

希望に関する花言葉が多い中、“豊かな希望”というのは一体どのようなものかと首を捻ってしまう人もいるのではないかと思います。

希望というのは人の心を豊かにしますし、自然と前を向かせてくれるものでもありますが、その希望が豊かなもの…というのは、受け取る人の考え方ひとつ、感じ方ひとつになるのではないでしょうか。

レンギョウが教えてくれているのは、さまざまな希望の形です。

春一番に咲くレンギョウならではのまだ先の見えない、想像力だけが溢れた希望の形が、さまざまな感情、思惑と重なり合って、色々な種類・形の希望を生み出していくのです。

叶えられた希望

叶えられた希望

レンギョウの花言葉には、「叶えられた希望」という花言葉もあります。

やはり、レンギョウの咲く時期であったり、レンギョウの色であったりなどが深く関係していることは間違いないでしょう。

希望が叶えられた…つまりそれは、願いが叶ったということになります。

レンギョウの美しい黄色の花は、願いが叶ったときの、湧き上がってくる喜びであったり、嬉しさであったりというものを表現していると感じられたことで生まれた花言葉なのです。

集中力

集中力

レンギョウには希望以外にも様々な意味の花言葉が存在します。

黄色という色は、そして春という季節は、十人十色で色々な感情を思い起こさせてくれたり、気持ちを切り替えさせてくれたりすることがあるものです。

その中には、レンギョウの黄色や、春のどこかまだ少し冷える、目が覚めるような空気に集中力を意識する人だっていうことでしょう。

レンギョウには、さまざまな可能性が秘められている…そう感じさせてくれる花言葉です。

情け深い

情け深い

黄色い花には、不思議と温かい気持ちをもらうこともあります。

レンギョウの花は、小ぶりですが一つの枝にいくつも小さな花が咲いていて、どこか優しさを感じずにはいられません。

優しく見守ってくれて、そばで微笑んでくれているような、温かく身近な存在に感じられる花という印象を抱く人もいるのではないかと思います。

そんなレンギョウには「情け深い」という花言葉もあるのです。

情け深いという言葉は、さまざまな意味として受け取ることができますが、やはりレンギョウの花の小ぶりで可愛らしい中に懐の深い温かさを感じるのが、花言葉の由来であると解釈していいでしょう。

遠い記憶

遠い記憶

レンギョウには少し寂しげな花言葉もあります。

それは、「遠い記憶」という花言葉です。

これは、レンギョウが自然の中に咲く花であり、子供の頃に遊んだ野原であったり山や田畑であったりというところで見られる植物であるため、子供の頃を思い出して見ようかな…という気持ちになるなど、遠い記憶を呼び起こしてくれる、そんな存在であるからだとも言われています。

楽しい語らい

楽しい語らい

レンギョウの花が、たくさん咲いている姿は、まるで可愛らしい女の子が大勢で集まり、わいわいとお話をして盛り上がっているかのように見えることもあります。

そんなレンギョウの花が咲いている姿が、「楽しい語らい」という花言葉を生み出したのだと考えることもできるでしょう。

レンギョウの花は、一つの枝に花がたわわに咲いているように見える、そんな姿をしています。

この花たちが、あれこれとおしゃべりをしている様子を想像させられてしまうようなこともあるかもしれません。

風に吹かれて揺れていると花が笑っているようにも見えます。

そんなレンギョウの花の姿から、この花言葉が生まれたのだと考えられています。

2月12日生まれの誕生花「レンギョウ」の怖い花言葉と意味

戸惑い

戸惑い

戸惑い…という花言葉が、怖いと感じる人もいれば、特に何も感じないという人もいると思います。

レンギョウに付けられている「戸惑い」という花言葉は、春先に咲くことが由来途なっていると考えていいでしょう。

レンギョウが咲く春は、別れと出会いの季節です。

親しかった友人と離れ、別の進路へと向かっていく。

そしてまた新しい出会いがある。

このような、何か新しい環境へと踏み込んでいくときには、誰だって多かれ少なかれ戸惑いを抱くものです。

その春の期待と不安が入り混じったような独特の戸惑いの感情が、その時期に咲くレンギョウの花言葉となりました。

言いなりになる

言いなりになる

言いなりになるという花言葉も、一見怖いと感じるかもしれませんが、これは意味として何か怖い由来があるわけではなく、レンギョウの花がどう咲くかを知っていると、納得できる理由があるのです。

レンギョウの花は、枝が枝垂れるようになっているのですが、花自体も上を向くことなく、その枝の枝垂れぶりに沿って下を向くように咲きます。

枝がある程度成長すると下がってくるので、それまではそこまで枝垂れることはありませんが、そうすると花も枝と同じように少し下を向く程度になるなど、“枝の言いなりになっている”状態で咲くことから、「言いなりになる」という花言葉が生まれたのです。

2月12日生まれの性格や恋愛傾向や運勢・有名人はコチラ

占い師CRISSのワンポイントアドバイス

CRISS

春に咲き、新しい希望や期待感を抱かせてくれるような鮮やかな黄色で私たちの目を楽しませてくれるレンギョウ。

決してものすごく目立つ花ではないし、どこにあっても目を惹くほどの華やかさもないのだけれど、ささやかな幸せや小さな希望を彷彿とさせるような花の感じが、毎日毎日、小さくてもいいから幸せを見つけて生きていこうっていう前向きな気持ちにさせてくれるわよね。

レンギョウの花の花言葉「希望」のように、毎日どんなに小さな願いでも、希望でもいいから持ち続けて毎日を生きていきたいわね。

【期間限定】全ての人を幸せに導く運勢診断


こちらを最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

もしも仕事や恋愛やお金は健康の事などで少しでも悩んでいるのなら【運勢診断】の占いを初回無料でプレゼントします!

運勢診断では今、あなたが抱えている悩みが近いうちに解決するのか占います。

仕事、恋愛、人生…など、あなたが抱えている悩みを解決し、充実したライフスタイルを送りましょう!

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【運勢診断】を初回無料でプレゼントします! 片思いのあの人や、彼氏や夫との事も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事