占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

恋愛の事、結婚の事、相手の気持ちや妊娠の事…恋愛や仕事でもさまざな悩みはつきませんよね…。

でも、もう大丈夫。あなたの運命は今日から大きく変わります。

私たちが過ごす今この時は、この先約200年続いていく『風の時代』の入り口です。

これまで当然だと思われていた固定概念や常識・価値観…それらは徐々に崩れ去り、世の中のあらゆるものが次々と多様化をはじめています。

「時代についていけるのかな…」「私は幸せになれるのかな…」そんな不安があるかもしれません。

でも、あなたがこの風の時代を生きることには必ず意味があります!

神の言葉を伝えるカードである『オラクルカード』を試してみてください。

神の声を聞けば、風の時代を味方につけて願いを実現させる確かな方法がわかります。

運命は必ずあなたに微笑みます!このカードとの出会いで幸せを掴みましょう!!

※20歳未満はご利用できません

88星座のペルセウス座「Perseus(ペルセウス)」の特徴や探し方、神話やペルセウス座「Perseus(ペルセウス)」の誕生日星の人が何月何日生まれなのか?

星言葉や特徴や運勢まで完全紹介します!

ペルセウス座「Perseus(ペルセウス)」の基本情報と特徴

星座名 ペルセウス座
略符 Per
ラテン語(英語・読み方) Perseus(ペルセウス)
意味 ペルセウス(神話の人物)
季節
最も明るい恒星 ペルセウス座α星

引用元:星座の一覧 - Wikipedia

スポンサーリンク

ペルセウス座「Perseus(ペルセウス)」の探し方

ペルセウス座は冬の空に天頂からやや北寄りに見られるかなり明るい星座です。

カシオペア座の東、天の川の中にペルセウス座はあります。

いくつかの明るい星々で構成され、カーブした3列の星の並びを形作っています。

星座の形はアルファベットの小文字の「u」に、妖怪メデューサの首を掲げ持ち、剣を振りかざしている勇者ペルセウスの姿を描いています。

ペルセウス座ではその名の通りにギリシア神話のヘラクレスに次ぐ、勇者のペルセウスの姿になっています。

ほかにも古代バビロニアでは大神マルドゥクの姿と見られていましたが、やはり北の空にはっきりと輝く様子が神や英雄の姿を思い起こさせたのでしょう。

ペルセウス座の片手のペルセウスが退治した妖怪メデューサの首の部分にあたるβ(ベータ)星アルゴルは全天でも珍しい変光星です。

アルゴルはアラビア語の「ラス・アル・グル(悪魔の頭)」が変化したものです。

以前の説では、アラビア人がこの変光する星の不気味さからアラビアの死人を食らう怪物アルゴールの名前がつけられたとされていました。

しかし近年ではその節は疑わしく、おそらくギリシアの伝説がアラビアに伝わって「悪魔の頭」が訳されたものだと推測されています。

またα(アルファ)星のアティクの名前は「アル・ラティク・アル・トゥラヤー(プレアデスの肩甲骨)」が変化したものです。

この肩甲骨とはペルセウス座の肩ではなく、「プレアデスの両手」の肩甲骨です。

「プレアデスの両手」とは、牡牛座のプレアデス星団を中心としてカシオペア座からペルセウス座、おうし座の一部を通ってくじら座に至る、アラビア発祥の星座です。

カシオペア座を右手、くじら座を左手と見ると、巨大な両手が夜空からこちらに向かって手を広げているように見えるでしょう。

夜空の役三分の一を覆い尽くす巨大な両手は、私たちには壮観を通り越して畏怖すら感じさせるものになっています。

探し方は、近くにぎょしゃ座の1等星カペラがあるのでその辺りを目安に探す方法と、秋の淡い天の川の中にある3列のカーブをした星の並びを探すといいでしょう。

カシオペア座のプレデアス星団とぎょしゃ座の1等星カペラの間にあります。

ペルセウスの持つ剣の柄あたりにはひときわ明るい部分があり、複数の星の2つの集まりの「二重星団」も確認できます。

これは天の川のほぼ中央にあり、二つの散開星団が接近している「二重星団」で肉眼でも見ることができるでしょう。

さらにペルセウス座といえば、夏に見られる流星群は外すことはできません。

流星群とは毎年決まった時期に決まった星座の方向から四方八方に流星が流れる現象を流星群と言います。

ペルセウス座流星群は毎年8月上旬から中旬にかけて見られます。

8月12日から13日頃がピークで都会でも見える明るい流星は1時間に約50個以上見ることができるでしょう。

スポンサーリンク

ペルセウス座「Perseus(ペルセウス)」の神話

アルゴス王のアクリシオスにはダナエーという美しい娘がいました。

アクリシオスはほかに自分の跡を継がせられる子がいなかったので、神託を伺いました。

すると「お前の娘は男の子を産むが、お前はその子に命を奪われるだろう」との予言がなされました。

王アクリシオスはこの予言を大いに恐れて、ダナエーが年頃になると青銅で厳重に囲った塔の一室に閉じ込めてしまいました。その様子を眺めていたのが大神ゼウスでした。

大神ゼウスはダナエーの美しさにまたしても悪い癖を起こし、黄金の雨となってダナエーの住む塔の中に入り込んでしまいました。

やがて時が経ってダナエーには男の子が生まれました。

その子はペルセウスと名付けられ、大神ゼウスの血を引く美しく力強い子でした。

赤ちゃんのペルセウスの泣き声を聞きつけて雷に打たれたよりも驚いたのが王アクリシオスです。

アクリシオスは母子共々殺してしまおうかと考えましたが、流石に自分の娘を手にかけるわけにはいかず、二人を木箱に入れて海へと流してしまいました。

ダナエーはぐずるペルセウスをあやしつつ、波と風に運命を委ねて揺られていきました。

長い漂流のうちに木箱が辿り着いたのはセリーポス島でした。

二人はディクトゥスという親切な男性に助けられ、ようやく落ち着いて暮らすことができました。

やがてペルセウスが成人し、このまま平穏に暮らしていけるかと思った矢先にまた災難がやってきてしまいました。

ディクトゥスにはポリュデクテースという兄がおり、セリーポス島の王でした。

このポリュデクテースがいまだに美しさの衰えないダナエーに懸想を抱いてしまったのです。

しかしダナエーはポリュデクテースの妻になる気はありませんでした。

幾たびか断ったもののいずれ強引な手段に出られたら頼みは息子ペルセウスだけでした。ポリュデクテースもペルセウスの存在は邪魔でした。

そこで一案を生じ、ダナエーとペルセウスを離れさせるために彼を祝宴の進物である怪物ゴルゴーンの首を取ってくるように命じました。

ゴルゴーンは蛇の頭髪とイノシシの牙、青銅の手を持ち、黄金の翼で空を飛び、視線を合わせたものを岩に変えてしまう怪物の三姉妹でした。

姉妹のうちステンノー、エウリュアレーの二人は不死身で、末妹のメデューサだけは不死身ではありませんでした。

常人では成し得ないような冒険でしたがペルセウスには3人の協力者がいました。

戦女神アテナ、伝令神ヘルメス、流水の女神ナーイアデスです。

それぞれは青銅の盾や空を飛べる靴、姿を消すことのできる隠れ盾、メデューサの首を入れる袋を貸し出しました。

そしていよいよペルセウスはアトラス山中に住む怪物と戦うことになります。

怪物の詳細はグライアイという3人の醜い老婆が知っているのですが、この老婆はなんと3人で一つの目玉と一本の歯しかなく必要に応じてそれぞれ自分の眼窩や口にはめ込んで用を足していました。

ペルセウスはそっとグライアイに隠れ盾で身を隠して近づくと、目玉を取り上げそれを質としてゴルゴーンの居場所を聞き出すことに成功しました。

そして西の果てのゴルゴーンに住む洞穴にやってきました。

メデューサの部屋に忍び込むと、視線を合わせるのを避けながら青銅の盾のメデューサの姿を映し、それを頼りに見事にメデューサの首を切り落としました。

するとそのメデューサの血が岩に染み込みそこから天の馬ペガサスが生まれました。

異変に気付いたメデューサの姉たちはペルセウスを探しましたが、隠れ兜をかぶっていたのでペルセウスは洞穴を抜け、ペガサスに乗って帰り道につきました。

そしてエチオピアでアンドロメダ姫を助け、妻にして故郷に帰ってきました。

その間ポリュデクテースは乱暴の度合いが増しダナエーは聖籠に立てこもってペルセウスの帰りを待っていました。

怒ったペルセウスはポリュデクテースにメデューサの首を突きつけ石に変えてしまいました。

ペルセウスは母ダナエーと妻アンドロメダを連れて故郷のアルゴスへと向かいました。

しかしペルセウスが帰ってくると聞いて恐れたのがダナエーの父であるアクリシオスです。

そして王はアルゴスを離れ、テッサリアのラーリッサというはるか遠くまで逃げていきました。

しかし運命は皮肉で、ペルセウスはアクリシオスの行方を訪ねてちょうどラーリッサを訪れていたのです。

ラーリッサではちょうど5種運動協議会が行われておりペルセウスもそれに参加することになりました。

しかし得意な円盤投げ競技の時、手を滑らせて円盤を観客の中に投げ込んでしまいました。

その円盤は一人の老人にあたり殺してしまいましたが、それがアクリシオス王だったのです。

このように予言は成就されました。

その後ペルセウスはアクリシオス王のあとを継ぐことを拒み、いとこのプロイトスの子メガペンテースと領地を交換し、ティーリュンスの地でアンドロメダとともに安らかに暮らしたとされています。

そしてペルセウスの死後に生前の功績により、妻ともども天に上げられて星座になりました。

ペルセウス座「Perseus(ペルセウス)」の誕生日星の人が何月何日生まれなのか?星言葉や特徴は?

「誕生日星」とは誕生日に太陽と一緒にのぼってくる星のことを指します。

365日それぞれに誕生日星があります。誕生日星はその日に生まれた人の守護星でその人の人生を象徴すると言われています。

誕生日星の持つ意味を知ることで自分の本心を読み解くことができるようになります。

5月6日の誕生日星はタウ・ペルセイ(τPersei)で、誕生星の星座はペルセウス座τ(タウ)星、星言葉は「絶望することのない責任感」、特徴は、マイナス思考になりにくい、逆境こそ力を発揮する、アクシデントに対処する能力があるという傾向があります。

5月9日の誕生日星はサイド(Said)で、誕生星の星座はペルセウス座γ(ガンマ)星、星言葉は「見た目を意識するバランス」、特徴は、物事の本質を見極める目を持つ、何事も表面的なものにとらわれやすい、バランス感覚があるという傾向があります。

5月10日の誕生日星はアルゴル(Algol)で、誕生星の星座はペルセウス座β(ベータ)星、星言葉は「シャイで素直な純粋さ」、特徴は、憎めない人懐こさがある、魅力的で人の目を惹きつける、まっすぐで何事も一生懸命という傾向があります。

5月14日の誕生日星はアルゲニブ(Algenib)で、誕生星の星座はペルセウス座α(アルファ)星、星言葉は「協調性の裏に潜む冷淡さ」、特徴は、二面性がかなり強くある、あまり人が好きではない、すきあらば人を出し抜こうと画策するという傾向があります。

5月17日の誕生日星はプサイ・ペルセイ(ψPersei)で、誕生星の星座はペルセウス座ψ(プサイ)星、星言葉は「道理と純粋さ、そして笑顔」、特徴は、物事の順序や年齢などを重視する、まっすぐな分応用が利かない、笑顔で人を自分の都合のいいように動かすという傾向があります。

5月18日の誕生日星はデルタ・ペルセイ(δPersei)で、誕生星の星座はペルセウス座δ(デルタ)星、星言葉は「視野の広い好奇心」、特徴は、多角的多面的に物事の流れを見つめる力がある、流動性がある、何事もまずチャレンジする勇気があるという傾向があります。

5月21日の誕生日星はゼータ・ペルセイ(ζPersei)で、誕生星の星座はペルセウス座ζ(ゼータ)星、星言葉は「安定志向の鋭い観察力」、特徴は、感情を揺り動かされることが少ない、多くを求めずに満足する、客観的に物事を見つめるという傾向があります。

5月22日の誕生日星はイプシロン・ペルセイ(εPersei)で、誕生星の星座はペルセウス座ε(イプシロン)星、星言葉は「常識にとらわれない奔放さ」、特徴は、奇抜な発想を好む、自由奔放で愛される、周りをびっくりさせるような行動をするのが好きという傾向があります。

5月24日の誕生日星はラムダ・ペルセイ(λPersei)で、誕生星の星座はペルセウス座λ(ラムダ)星、星言葉は「好奇心旺盛な行動」、特徴は、何ごとも楽しんで行うことができる、与えられもので工夫する、趣味が多いという傾向があります。

ペルセウス座「Perseus(ペルセウス)」の運勢

ペルセウス座は36星座によるとおひつじ座の第3デークに当たり、この時期に最もペルセウス座のエネルギーが強くなるので運勢に生かすと良いでしょう。

「36星座」とは12星座をそれぞれ3つのデーク期間に分けたものです。

デークとは一つの星座宮につき3つ存在します。一つの星座宮は30度の角度で構成されていますが、さらにその30度を10度づつ区切ったものになります。

1デークは1〜9度、2デークは10〜19度、3デークは20〜29度になります。

ペルセウス座はおひつじ座の第3デークにあたり、4月11日〜4月20日でいて座と惑星では木星の影響が最も強いとされています。

この期間に生まれている人は、まさしく英雄ペルセウスのように強さがありそこに知性と柔軟さが加わります。

しなやかな竹のような強さを持っていると言ってもいいでしょう。

どんなに風が強く吹いても、それに合わせつつ揺られながらもしっかりと自分の軸を持っているというイメージがふさわしいでしょう。

勇者ペルセウスさながら、人生ではいろいろなことを経験するかもしれませんが、状況に合わせつつ、対処しやがて乗り越えていくでしょう。

またそこにはいて座の持っている楽天志向も影響を与えています。

「なんとかなるさ」と前向きに構えていることで幸運が巡ってくるということもあるでしょう。

ペルセウス座のキーワードは「Suppleness」で柔和、しなやかさ、柔軟性という働きが強くなります。臨機応変に対処するあり方が幸運を招きます。

運勢的に良いものとしては、物事に執拗にこだわらないこと、受容する精神を持つこと、人の話を聞くこと、その上で自分の意見を確かめることなどが挙げられます。

逆に、マイナス面としては、人の話を遮ってしまうこと、第一印象で決めてしまうこと、頑固になってしまうことなどが挙げられます。

恋愛面でペルセウス座を活用する方法は、相手とのバランスを楽しむこと、成り行きに身を任せること、相手の出方を待つことなどが挙げられます。

逆に恋愛面でのマイナスは、積極的になりすぎること、恋に恋してしまうこと、妥協して恋愛関係になることなどが挙げられます。

このおひつじ座の第3デーク以外の生まれの人でも、これらのことに注目していれば自然とペルセウス座のエネルギーを得ることになります。

このデークの時期にはこのような側面の影響を受けることもあるので、良い部分は伸ばし、気をつけるべきところには気をつけるようにするといいでしょう。

88星座一覧は下記の画像をクリック!

占い師 聖子からのワンポイントアドバイス

聖子
ペルセウス座「Perseus(ペルセウス)」はまさしく力強く正義に味方ね。

そしてギリシア神話でもあまり悲しい要素が少ないので、幸せな結末を迎えるわ。

まさしくペルセウス座は最終的には幸せをつかめる星座なの。

人生どんなことがあっても自分なりに頑張っていれば必ず道が開けてくるわ!

あなたを導く神秘のタロットカード【神秘のタロットカード】



私達を魅了し続ける占い、タロットカード。
現在、過去、未来等を占う事ができます。

神秘のタロットカードは身近な悩みから、将来の事まで、幅広く占える特別なカード。
さっそくあなただけのカードを選んで、幸せの扉を開きましょう。



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事