占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。このページを訪れてくださったあなたへ、今一番必要なことについてお話するわね。

ウィズコロナになり少しずつ前に進もうとする経済や社会、世界中の人々が昔とは違う「変化」や「前進」にチャレンジしようとしています。

そんな中、私もあなたも今まででとは違う「変化」や「前進」が必要なのは言うまでもない事。

2022年になり、時代の流れの速さは過去の何倍にもなり光の速さになっています。その中で必要な

『変化』と『前進』

この2つが出来なければ、時代の流れに置いて行かれ二度と追いつけなくなってしまうかもしれません。

でも大丈夫。安心してください。

あなたに必要な「変化」と「前進」を知る為の、神の言葉を伝えるカードである『オラクルカード』を試してみてください。

神の声を聞けば、時代を味方につけて真の願い、真の幸せを実現させる確かな方法がわかります。

心を開き、真実を受け入れれば、運命は必ずあなたに微笑みます!【今よりも遅い時はない!】この言葉を胸にあなたが幸せになる為の「変化」と「前進」の方法を手に入れましょう!

※20歳未満はご利用できません

2月28日の誕生花である、ヘリクリサムは、麦わら帽子のような形をした花が特徴的な、ムギワラギクとも呼ばれる可愛らしい花です。

「永遠の思い出」「記憶」という、ノスタルジックでセンチメンタルな花言葉を持っているヘリクリサムですが、それ以外にも「いつまでも続く喜び」や「不滅の愛」などプラスのイメージを抱くことができる花言葉が多くつけられています。

あなたの誕生日、あなたにとっての大切な人の誕生日が2月28日であるなら、ぜひヘリクリサムの花言葉を深く理解し、ヘリクリサムの花を好きになってください。

落ち込んでいるときに助けてくれたり、勇気を与えてくれるきっかけがヘリクリサムの花言葉に隠されているかもしれませんよ。

2月28日生まれの誕生花「ヘリクリサム」の基本情報

ヘリクリサムの情報

英名Straw flower・everlasting

花言葉 永遠の思い出・記憶・いつまでも続く喜び・記憶・不滅の愛・献身・黄金の輝き・真実・永久に
科・属名 キク科ヘリクリサム(ムギワラギク)属
分類 多年草
原産地 オーストラリア・南ヨーロッパ・アフリカ・熱帯アジア
開花期 6~10月
別名 ムギワラギク・テイオウカイザイク
2月28日以外の誕生花の月日 2月22日
5月24日
6月23日
7月11日
7月17日
7月25日
9月2日
スポンサーリンク

2月28日生まれの誕生花「ヘリクリサム」の花の名前の由来や種類

「ヘリクリサム」の花の名前の由来

ヘリクリサムの由来

ヘリクリサムの名前の由来は、「helios」と「chrysos」というギリシャ語が由来となっています。

それぞれ、太陽と黄金を意味する言葉であり、直訳すれば「黄金の太陽」という意味になります。

これが、ヘリクリサムの名前の由来とされているのです。

日本においては、ムギワラギクという名前で呼ばれていますが、これは、触ったときの感触や、その見た目が由来していると考えられます。

ヘリクリサムは、花の見た目がまさに麦わら帽子そっくりで、質感も非常によく似ています。

そのため、ムギワラギクと呼ばれるようになったというわけです。

また、それ以外にもテイオウカイザイクという名前もありますが、これもやはり、見た目や触った感じが、貝細工のような質感をしているからだと言われています。

花らしいみずみずしさというのが、ヘリクリサムを触った時には伝わってこないのが、ヘリクリサムの特徴のひとつでもあり、カサカサした質感だからこそ、ドライフラワーにしたときも美しく仕上がるわけですが、こういった質感、見た目が名前の由来となっているということは覚えておきましょう。

「ヘリクリサム」の種類

ヘリクリサムの種類

ヘリクリサムは原産国では多年草とされているのですが、日本では寒さを乗りきることができないため、一年草として扱われています。

暑さや乾燥にはかなり強い花なので、夏場であれば育てるのに初心者でも容易いということです。

名前は同じヘリクリサムでも、種類の多さから全く形が違う花もあるくらいで、約500種ほどはあり、花を楽しむ種類だけでなく、葉を楽しむ種類、そして花と葉の両方を楽しむ種類などがあります。

種類によっては葉から抽出した成分がカレーのスパイスに使われたり、精油されて化粧品に使われるなど、生活に寄り添った使われ方をされている点も、忘れてはいけません。

スポンサーリンク

2月28日生まれのその他の誕生花

ミスミソウ

ミスミソウ

ユキワリソウとも呼ばれるミスミソウは、青紫の可愛らしい花が印象的ですが、ヘリクリサムと並んで2月28日の誕生花です。

「自信」「信頼」という花言葉を持っていて、可愛らしく、小さい花には少々不釣り合いに感じられる花言葉かもしれませんが、厳しい寒さの中、雪を押しのけて花を咲かせる姿が花言葉の由来となっていると言われています。

ゲッケイジュ

ゲッケイジュ

料理に使われることもあるローリエでおなじみのゲッケイジュですが、これも2月28日の誕生花です。

花言葉は、「栄光」「勝利」などで、ゲッケイジュの花には「裏切り」という怖い花言葉もありますが、これらはギリシャ神話の逸話が由来だと言われています。

葉には「私は死ぬまで変わりません」という花言葉もあり、葉と花で全く違う花言葉があることになります。

フリージア

フリージア

「あどけなさ」「純白」「純潔」「親愛の情」という花言葉があるフリージアも、2月28日生まれの誕生花とされています。

フリージアには複数の色の種類がありますが、2月28日は特に色が指定されているわけではないので、花言葉としてもフリージア全体の花言葉が適用されることになります。

2月28日となると、卒業シーズンが近いということで、卒業の際にフリージアを贈るなんてこともあるかもしれませんね。

2月28日生まれの誕生花「ヘリクリサム」の代表的な花言葉「永遠の思い出」の意味

永遠の思い出

ヘリクリサムの花は、もともと水分量がかなり少ないために、ドライフラワーに最適な花としても知られています。

乾燥剤などを使って完全に水分を抜いていくのも、もともと水分が少ない花だからこそ、簡単にできてしまうのです。

ドライフラワーにするのが簡単なだけでなく、ドライフラワーにした際の色褪せがないのもヘリクリサムの花がドライフラワーに適していると言われる理由の一つです。

ドライフラワーにしても美しさは色褪せず、その後も美しさを維持し続けるということで、「永遠の思い出」という花言葉がつけられていると言われています。

2月28日生まれの誕生花「ヘリクリサム」のその他の花言葉の意味

記憶

記憶

ヘリクリサムの花がドライフラワーにしても色あせることがないというのが、「記憶」の花言葉の由来になっていると考えることができます。

いつまでも薄れることのない記憶のように、ヘリクリサムの花もずっとそこに在り続ける…そういった意味合いが込められているという意味として受け取れば良いでしょう。

記憶は時間とともに薄れていくもので、それが当たり前だと多くの人が諦めてしまう中、その一方でずっと持ち続けていたい記憶が誰しも一つや二つは持っていることをうかがい知れる、そんな花言葉ですね。

いつまでも続く喜び

いつまでも続く喜び

「いつまでも続く喜び」という花言葉は、やはりヘリクリサムの花が咲いているときも、そしてドライフラワーにされた後も、変わらない美しさをキープし続けられることが、由来となっていると言われています。

美しい花を眺め続けていることが幸せであるなら、その花が枯れることなく、水分を失っても美しさを持ち続けてくれるのであれば、それは長く続く幸せとなります。

いつまでも、美しい花を眺め続けられる幸せが続く…そんなずっと続く喜びを、ヘリクリサムの花言葉で表現しているのです。

不滅の愛

不滅の愛

「不滅の愛」という花言葉も、ヘリクリサムの花がいつまでも美しさをキープできることが由来となっていると言われています。

見た目も質感も、そうそう変わることがないために、いつまでも変わることがない愛情を表現するのにぴったりな花だと思った人がいたのでしょう。

ヘリクリサムの花のように、いつまでも変わらない愛情を相手に注ぎたい、または、相手に愛されたいという願いが由来となっている花言葉ですね。

献身

献身

丈夫で育てやすいヘリクリサムの花は、献身という言葉がそんなにしっくりくるようには感じられないかもしれません。

しかし、ヘリクリサムの花から、花を愛でてくれる人に対しての献身という意味として解釈してみてはいかがでしょうか。

丈夫で育てやすく、手がかからないのに、花は長いことその目を楽しませてくれて、長いことそばに寄り添ってくれる…そんな姿が花から人に対する献身という意味で、この花言葉が生まれたのではないかと言われているのです。

黄金の輝き

黄金の輝き

「黄金の輝き」という花言葉は、花の名前の由来が深く関係していると解釈することができるでしょう。

黄金の太陽というギリシャ語がヘリクリサムの花の名前の由来となっていることから、「黄金の輝き」という花言葉が生まれたのだと考えることができます。

真実

真実

ヘリクリサムについている「真実」という花言葉も、ヘリクリサムの花の特徴が由来となっていると言われています。

いつまでもずっと変わらないもの。

真実とはそういうものである…という、少し哲学的な考え方がヘリクリサムの花の花言葉となったというわけです。

永久に

永久に

永久にという花言葉は、ヘリクリサムの花がドライフラワーになっても美しいままでいられることに由来しています。

本当に永久に保管できるわけではありませんが、ドライフラワーになってもずっと綺麗なままでいられる姿に永遠を感じる人は決して少なくないでしょう。

まるで造花であるかのように美しさをキープできるヘリクリサムの花だからこそつけられた花言葉ですね。

2月28日生まれの誕生花「ヘリクリサム」の怖い花言葉と意味

ヘリクリサムの花言葉に怖いものはない

ヘリクリサムの花言葉に怖いものはない

ヘリクリサムの花言葉には、怖い意味を持っているものはありません。

永遠に続く美しさなど、ヘリクリサムの花の特徴から生まれた花言葉が多いため、伝説などはありませんので、余計に怖い連想をさせるような言葉がないと言っても良いでしょう。

2月28日生まれの性格や恋愛傾向や運勢・有名人はコチラ

占い師CRISSのワンポイントアドバイス

CRISS

ヘリクリサムはいつまでも楽しむことができる花。

咲いている時には触るとカサカサして、お世辞にも美しい花ならではの質感っていうのがないんだけど、それも珍しいと感じられたり、貝細工のようで美しいと思うことができたり。

ドライフラワーにしても、色が褪せてしまったり、失敗して斑になってしまったりなんてこともなく、美しく仕上がるようになっている花。

ヘリクリサム自体の持っている強さやタフさというのが、花言葉の由来につながっているんだけど、見た目の可憐さゆえに、そうは感じられないのが花の不思議なところなのよね。

ヘリクリサムの花言葉自体からは、ずっと美しくそこに存在し続けることがどれだけ当たり前ではないことなのか…ってことくらいしか学べないかもしれないけれど、自らが持っている強さで、自分の美しさを表現することができるっていうとても大切なことは教えてくれているわよ。

【期間限定】恋愛の事で悩んでいるアナタへ!

こちらを最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

もしも恋愛の事で少しでも悩んでいるのなら【 恋愛診断】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋愛診断】を初回無料でプレゼントします! 片思いのあの人や、彼氏や夫との事も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事