牡丹華(ぼたんはなさく)の意味や時期とは?旬の野菜、魚、草花、行事まで完全紹介!【七十二候・第十八候】
占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。このページを訪れてくださったあなたへ、今一番必要なことについてお話するわね。

争いに自然災害…円安に物価高騰…。そんな中で前に進もうとする経済や社会、世界中の人々が昔とは違う「変化」や「前進」にチャレンジしようとしています。

そんな中、私もあなたも今まででとは違う「変化」や「前進」が必要なのは言うまでもない事。

いよいよ2024年になり、時代の流れの速さは過去の何倍にもなり光の速さになっています。その中で必要な

『変化』と『前進』

この2つが出来なければ、時代の流れに置いて行かれ二度と追いつけなくなってしまうかもしれません。

でも大丈夫。安心してください。

あなたに必要な「変化」と「前進」を知る為の、神の言葉を伝える『オラクルカード』を試してみてください。

神の声を聞けば、時代を味方につけて真の願い、真の幸せを実現させる確かな方法がわかります。

心を開き、真実を受け入れれば、運命は必ずあなたに微笑みます!【今よりも遅い時はない!】この言葉を胸にあなたが幸せになる為の「変化」と「前進」の方法を手に入れましょう!

※20歳未満はご利用できません

季節の暦の読み方に七十二候というものがあります。

日本の風土や気候に合わせた暦なので季節の旬を感じることができるでしょう。

その七十二候の中の牡丹華(ぼたんはなさく)その字の通り、牡丹の華が咲き始める時期となります。

日本人がよく飲む緑茶を収穫したり、現代であれば大型連休に入る時期になるでしょう。

一息つくタイミングとも言えますよね。

牡丹華(ぼたんはなさく)の意味

牡丹華の時期は、そのまま牡丹の花が咲く時期という意味です。古来の中国では、牡丹の花は王様の花と言われており特別な花の一つだったのです。

古来、朝鮮半島から中国大陸に伝わってきた花ということもあり、深まる恋や遠距離恋愛の歌に詠まれることも多いそうです。

また、催事記では夏の季語でとされています。牡丹の花は花が大振りでゆったりしている感じの花なので優雅な雰囲気がありますよね。

何層にも重なった花びらが咲いていく様子は王様の花そのものの華やかさがあります。色は悲哀の恋をイメージするのもわかるような色でもありますね。

春から夏にかけて季節の橋渡しをするように花を咲かせるので、すぐ近くに夏が来ていることを実感することもできるでしょう。

この時期は、日本では茶摘みが行われる時期でもあります。穀雨と呼ばれ、植物の成長に欠かせない恵みの雨が降り続ける時期です。

そのたくさんの雨の恵みによって、毎年美味しいお茶を頂くことができるのです。お茶は、同様でも歌われているように夏の近い八十八夜頃に摘み始めます。

立春から八十八日ということなので、おおよそ5月2日ごろとなります。その八十八夜に摘んだお茶は長寿の薬としても親しまれてきたそうです。

確かに新茶が出回り始めるともう夏ですよね。夏に向けて人や植物もぐんぐん活動的になる時期でもあります。

スポンサーリンク

牡丹華(ぼたんはなさく)の時期は「4月30日~5月4日頃」

2021年 4月30日~5月4日
2022年 4月30日~5月4日
2023年 4月30日~5月5日
2024年 4月30日~5月4日
2025年 4月30日~5月4日
2026年 4月30日~5月4日
2027年 4月30日~5月5日
2028年 4月30日~5月4日
2029年 4月30日~5月4日
2030年 4月30日~5月4日

牡丹華(ぼたんはなさく)の時期は、たくさんの植物のために雨が降る穀雨の時期に区分される七十二候です。

ついに多くの人が待ち望んでいた夏へと季節が変化していくことになります。既に春も深まり、冬から目覚め季節の変化にも体がなじんできた頃でしょう。

この時期は現代の暦では大型連休の入る時期でもあるので、一息つくこともできますよね。春から頑張ってきた自分にご褒美をあげても良いと思います。

逆に少し休憩が入ることによって、調子がくるってしまう人もいるでしょう。できる限りバランスを崩さない過ごし方を考えてみるということも悪くないはずです。

この時期も山菜など旬の食べ物を体に取り入れることで、夏に向けて再び頑張るパワーを得ましょう。

頑張りすぎずに少し肩の力を抜くくらいがちょうど良いかもしれませんね。自分のペースを早く掴むことを意識してみると良いと思います。

また、もう少し季節が深まると中だるみを起こしてしまうこともあるので今から自分の気を引き締めておくことも重要です。

せっかくなので、新生活で疲れていてもゴールデンウィーク中は外に出て季節の変化や自然に触れる時間を作ってみましょう。

実は、自然の中でゆったり過ごしてみるということがストレス解消に最も有効だったりもするのです。

きっと、重い腰を上げて出かけてみると新たな発見があるはずです。

スポンサーリンク

牡丹華(ぼたんはなさく)の旬の野菜は「こごみ」

「こごみ」の基本情報

栄養 こごみは、ベーターカロチン、ビタミンC、食物繊維などが豊富です。クロロゲン酸など抗酸化作用のある英文もあり、老化に良いとされている栄養素が多く含まれています。
選び方 茎が太くて、しっかり葉っぱが巻かれているものを選んでください。新鮮なこごみは白い粉を吹いていることもありますが、それはあればラッキーくらいの感覚でとらえておいえてください。翼葉の大きさによって、味は変わりません。しいて言えば、小さい方が食べやすいので好まれる方が多いでしょう。
保存方法 冷蔵庫に保存する場合は、洗ってから乾燥を防ぐために新聞紙で包みます。その上からビニールで包み保存します。それでも日持ちはあまりしないので早めに食べましょう。冷凍する場合は、塩で固めに茹でてから氷で冷やして冷凍します。その際は、ラップやジップロックで包んでください。
その他、お役立ち情報 こごみは、あく抜きをする必要がない山菜です。多くの山菜においてあく抜きが必要なので、最も気軽に食べることができる山菜とも言えるでしょう。

「こごみ」の特徴

こごみはあく抜きをしなくても良い山菜です。北海道から九州まで日本列島の各地で自生している山菜なので気軽に手に入れることができるでしょう。

最近では栽培ものも増えているので、昔よりは手に入りやすくなったと言えます。軽いぬめりと独特な歯触りが人気の山菜です。

「こごみ」のおすすめの食べ方・調理法

こごみは、あくを抜く必要がないので手軽に調理をすることができます。シダ類の中でもっとも食べやすく美味しいと言われています。サッとゆでて和え物にするのがおすすめです。炒め物も簡単に作ることもできる上に美味しいので気軽に食べることができます。

またクックパッドの「こごみ」に関連するレシピも参考になるので是非ご覧ください。

牡丹華(ぼたんはなさく)の旬の魚介類は「さざえ」

「さざえ」の基本情報

栄養 さざえには、タンパク質とコハク酸が多く含まれています。
選び方 蓋がきっちり閉まっているサザエがおすすめです。鮮度が下がってくると蓋が閉まらなくなってくるのです。角があるか否かは見た目の問題の方が大きいのでどちらでも良いでしょう。角がある方が立派に見えるので高額な傾向にあります。雄か雌かは買い物段階ではわからないので気にする必要はありません。
保存方法 サザエは、当日中に食べる場合は発泡スチロールなどに水を溜めて塩水を含んだ新聞紙で包みましょう。冷蔵庫では冷えすぎてしまうので、日陰などがおすすめです。冷凍する場合は、先に茹でておいてください。その後に空気を抜いてジップロックに入れて冷凍保存してください。
その他、お役立ち情報 サザエは、高級だったはずですが最近は庶民でも手に入りやすい価格となりました。あさりと値段が変わらないことも増えてきて日常的に味わえる貝になっています。ヒメサザエは、サザエの子供です。

「さざえ」の特徴

さざえは、産卵期が夏です。旬は、春から夏にかけてですが年中入荷される貝でもあります。

「さざえ」のおすすめの食べ方・調理法

さざえは、つぼ焼きや刺身が最も美味しいと言われている食べ方です。他には、エスカルゴバターをのせてオーブンで焼いても美味しいです。小さなものは、酒蒸しでも美味しいです。最近では価格が下がてちることもあり、角切りにしてかき揚げにしてみることもおすすめです。

またクックパッドの「さざえ」に関連するレシピも参考になるので是非ご覧ください。

牡丹華(ぼたんはなさく)の旬の草花は「牡丹」

「牡丹」の基本情報

学名 牡丹
科・属 ボタン科
原産国 中国
別名 百花の王

「牡丹」の特徴

牡丹は、古くから中国で百花の王と呼ばれている花です。かなりの人気を誇っていたようで、多くの詩歌で題材となっています。

呼び名の方もほめたたえるような内容の名前が多くなっており、中国で特別な花であることを示しているのがわかります。

大ぶりで雄大な花の見た目が王様そのものですよね。重なり合う花びらの層がさらに花の華やかさを増しているでしょう。

中国原産で人気の花ですが、日本には空海が中国から持ち込み観賞用でなく薬用として寺院に植えたと言われています。

その後、日本では江戸時代に観賞用として人気になっています。栽培用としての手引書も売られていたほどです。

日本では与謝蕪村も牡丹の花を好み、多くの作品に牡丹が登場しています。

現代では品種改良もどんどん進み、色鮮やかで美しい牡丹が増えています。基本的に、花を咲かせる時期は春ですが冬に咲く品種もあります。

「牡丹」の花言葉

牡丹の花言葉は、「富貴」です。牡丹の花は昔から王様の花と中国で呼ばれていたこともあり、富の象徴とされていたのでしょう。

花自体が富を象徴とするかのように華やかで美しいですよね。1つ1つの花が大きく、雄大です。

歌では悲哀の恋を読むときに使われていることも多いです。それは、朝鮮半島あたりから中国東北地方にあった国から伝わったということも関係しているかもしれません。

人や恋を橋渡ししてきたように春から夏へと季節の橋渡しも行う花です。何となく、牡丹の花を見ると切ないような気持ちになってしまうのはそういうことが隠されているからかもしれませんね。

幾重にも重なった花びらが開いていく様子は儚さを彷彿とさせます。

牡丹華(ぼたんはなさく)の旬の行事は「茶摘み」

この時期の主な行事は茶摘みです。毎年、歌に詠まれているように立春から八十八夜のこの時期に茶摘みが行われます。

今でこそ、お茶は日常的に味わうものですが昔は薬として飲まれていたものです。江戸時代までは身分が高い人しか飲むことができなかったそうです。

今でも1番茶は特別で摘んだ後に肥料をまいてお茶にお礼をするという習慣もあるそうです。

美味しいお茶を提供してくれたお茶の葉に感謝してから2番茶3番茶と摘んでいくのは素敵なことですよね。

お茶と言えば日本では静岡や京都が有名ですが、最近では日本一のお茶の生産地は鹿児島になりつつあるそうです。

鹿児島は若い人がお茶づくりに携われるような制度を充実させたこととペットボトル飲料用の茶葉に力を入れていることから日本一まで上り詰めたそうです。

一方、静岡や京都はどちらかというと高級なお茶づくりに力を入れるようにし差別化を図っていくみたいですね。

最近では急須を使ってお茶を入れるという習慣が減りつつありますが、季節を楽しむためにも取り組んで見ても良いかもしれません。

苦みが苦手なのであれば、氷出しや水出しを行いじっくりとお茶を抽出していくと旨味の強いお茶を飲むことができます。

ちょうどゴールデンウィークになるので、茶摘み体験などに参加してみても良いかもしれません。

ペットボトルのお茶は手軽ですが、たまにはじっくりと新茶を味わう時間を持ちましょう。お気に入りのお茶を探すと季節の変化を肌で感じることもできるかもしれません。

お茶と1つに行っても産地や品種によって味わいも大きく変わるので飲み比べをしてみても良いでしょう。

自分でお湯を沸かして、茶葉から淹れたお茶でゆっくりお茶をすることによって気持ちを落ち着かせる効果もあります。

高級な茶葉であれば、お茶を淹れた後の茶殻を食べてみても季節を感じることができて良いと思います。

牡丹華(ぼたんはなさく)の運気アップの方法は「わくわくする」

牡丹華の時期は、次の季節に向けてソワソワしがちかもしれません。三寒四温の春と冬が要ったり来たりする時期を過ぎてようやく夏が見えてきた頃です。

この時期になると体調においての変化は感じにくいと言えます。ついに体調が安定する時期になったとも言えるでしょう。

冬は比較的こもりがちかもしれませんが、温かくなってくると外に出て何かを行いたいという気持ちが強くなってきますよね。

元気になると行動的になってくるのが人間の本能の1つです。

そんなわくわくする気持ちや向上心を大切にすることが運気アップにつながります。何かを掴む時期まではもうすぐのところまできています。

なので、そのモチベーションを夏に向けて維持するということも大切にしてみてください。意外と春はモチベーションが高くても夏になると息切れをしてしまう人もいます。

4月に色々と高い志を持っていてもゴールデンウィーク前に目標が高すぎるかもしれないと弱腰になってしまう人もいるでしょう。

ちょっと休みが入ると急に大きな志がしぼんでしまう人もいますよね。ちょうど、変化のさなかに身を置く人が多いタイミングでもあるのでウツっぽくなる人も多いかもしれません。

その中で急に休みが入ってしまうと、そのまま勢いを失ってしまうことも少なくはありません。

まずは、自分の力を信じてみましょう。その上で、次のチャンスに対してジャンプする力を溜めておいてください。

あなたが飛び立つ時期はもうすぐそこにまで来ています。変化に揺るがずに対応するという力も大切かもしれません。

疲れたら休んでも良いのです。でも、新たに歩いて行くための休息ということを覚えておきましょう。

自分を強く持つということが成功への近道へと繋がっていくでしょう。まぁ、難しいことを考えずに何か1本筋を通しておけば良いと思います。

牡丹の花のようにどっしりと構えておけば間違いないはずです。なんとなく、牡丹の花を見ていると落ち着いてきませんか?

他の七十二候の意味や時期の一覧

占い師秋桜のワンポイントアドバイス「自分をしっかり持つと良いわよ」

秋桜
この時期は、自分という存在を信じましょう。牡丹の花のようにどっしりと構えると良いわよ。

気温の変化が落ち着き、体調の変化は少なくなってくる頃よね。でも、現代人にとっては環境の変化が増えてくる時期でもあると思うわよ。

だから、誰が何を言っても自分をしっかり持つということを意識してみると良いわよ。自分の中に芯があれば休んだとしてもすぐに再開することができるからね。

芯がないと環境の変化にそのまま流れてしまうことも少なくないから注意してね。高いモチベーションを維持するのって難しいから何か1つだけ大切にすれば良いと思うわよ。

たくさんのことを高いレベルで維持していくのって難しいと思うけど、1つだけならできそうだと思わないかしら?

✨女神の星読み:あなたの運命を照らす神秘の光✨

「女神の星読み」では、星々が紡ぐ運命の物語を解き明かしあなたの内に秘めた可能性、未来の輝きを、星々の知恵と女神の洞察で導き出します。

✨ あなたの本質を映す星の導き - 生まれた瞬間の星々の位置から、あなたの本質と潜在的な才能を読み解きます。

✨ 未来への扉を開く予言 - 恋愛、仕事、人間関係など、あなたの人生における重要な局面について、星々が示す道標をご案内します。

✨ 運勢ガイド - 運勢を詳細に分析し、その日を最良に過ごすためのアドバイスをお届けします。

女神が織りなす星座の物語を通じて、あなたの人生に新たな光をもたらしましょう。今、星々があなたに語りかけています。女神の星読みで、未来への一歩を踏み出しませんか?



※20歳未満はご利用できません。
鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
11月12日の誕生石「バイオレット・サファイア」の意味や特徴や色の種類|石言葉「華麗なる変身」の「バイオレット・サファイア」のスピリチュアルな効果や浄化方法まで完全紹介!
誕生石365日一覧【正しい意味や石言葉】
11月12日の誕生石「バイオレット・サファイア」の意味や特徴や色の種類|石言葉「華麗なる変身」の「バイオレット・サファイア」のスピリチュアルな効果や浄化方法まで完全紹介!
11月12日生まれの誕生石(誕生日石)「バイオレット・サファイア」の意味や特徴や色の種類や本物・偽物の見分け方を完全紹介!石言葉(宝石言葉)...