占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

ウィズコロナの時代、新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら神秘のタロットカードを試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!


「九星気学で私は二黒土星と出たけど、何か特徴はあるの?」「好きな人の星である二黒土星の恋愛傾向を知りたい」「二黒土星の私はどんな性格?」と本命星にある特徴が気になるあなた。

二黒土星(じこくどせい)の星にまつわる基本的な性格や特徴だけでなく、恋愛傾向やそれぞれの星との相性まで詳しくご紹介します。

あなたの星が持つ力や意味することを知ると、自分の価値観や性格的な傾向を理解でき、どんどん自身の魅力を高められるための行動に移せるのです。

二黒土星が持つ星の特徴を自分や関わる相手に当てはめて、付き合い方を変えてみることや自分自身を理解する意識を高めましょう。

目次

二黒土星の基本情報

二黒土星の人の生まれ年(二黒土星の調べ方)

二黒土星の基本情報は、自分の生まれ年から導くことができます。

それぞれの方角に九つの星が巡る九星気学では、その年を表す大切な意味を持つ一つが中心である「中宮」に廻座するのです。

一年ごとに回る中宮に廻座した年が、あなたの生まれ年にどの星が当たるのかで、自分の「本命星」を知ることができます。

八つの星に周囲を囲われ、中心に廻座する中宮は、その年一年を表し、強い運気の流れを運び込んでくるもの。

自分がどの星であるのか知ると、自分自身の持つエネルギーを理解する大事な参考部分になり、さらに自身を追求するための大切なきっかけとなります。

九年に一度二黒土星の年は巡ってきますので、あなたの生まれ年がそこに存在するのかを正確に見ていきましょう。

ただ、九星気学の暦は2月3日に一年の終わりを告げるため、始まりは1月1日ではなく、2月4日スタートだと覚えておかなければなりません。

ちなみに、1989年2月3日生まれだと三碧木星となり、平成元年2月4日生まれだと二黒土星となります。

九星気学の暦で見ることを忘れないでください。

二黒土星の星となる生まれ年は、1953年(昭和28年)、1962年(昭和37年)、1971年(昭和46年)、1980年(昭和55年)、1989年(平成元年)、1998年(平成10年)、2007年(平成19年)、2016年(平成28年)です。

二黒土星が表すこと(象徴)

二黒土星を象徴するものは、大地。

小さな積み重ねを大切にするという意味を持ち、消極的な一面もあると言われている大地ですから、二黒土星は何事も受け入れる姿勢でいられるのです。

積極的に行動するという意味は持ち合わせていませんが、何が起こっても受け入れられる優しさや深い愛情を持つ母親というイメージもあります。

現実的に物事を捉える傾向がありますが、大地が象徴にあるため、小さな種から大きな成果を遂げられる印象を人に与えます。

二黒土星の体質傾向(気を付ける病気や健康について)

胃に最も負担がかかりやすいのが、二黒土星です。

体質傾向としては、食に関しての興味が強く、飲食を摂取することが大好きな二黒土星で、自分の胃が強いと勝手なイメージを抱きがちなところがあります。

しかし、二黒土星の方は、ストレスや疲れが蓄積されると胃に症状が出やすいと覚えておきましょう。

胃潰瘍や胃腸炎といった病気になりやすく、他にも不眠症や慢性疲労のように精神による不調の訪れが大半を占めます。

考え始めると眠れなくなる日が続いたり、自身の中だけで疲労を溜みやすかったりしますので注意しましょう。

また、二黒土星は身体の部分では、手先に気を付けなければなりません。

足よりも手に怪我を負う可能性が高いので細心の注意を払い、日常生活を送りましょう。

二黒土星の適職

二黒土星の適職は、歴史を感じるものや土に縁や繋がりがあるものだと言われています。

二黒土星という名前の中にも入っている「土」が、運気を上げるワードになるだけでなく、職と関わりがあれば、天職にも結び付くのです。

土に毎日触れると、どんどん自身のエネルギーを高めていくことができます。

自然エネルギーとの相性が抜群な二黒土星は、土や木のような自然にあるものと触れ合うと、仕事で成果を挙げられるだめのエネルギーを維持できるのです。

土や木に触れていることで、あなたに近寄る悪運を跳ね除け、同時に触れることで悪いエネルギーを身体から吐き出してくれるほど相性が非常に良いもの。

歴史を感じられるものが集まる骨董品点や文化財や美術館など、古くからあるものに囲まれている環境で仕事をすると好転できる可能性大です。

転職する際には、歴史ある建物の中にある場所に変えると、仕事運が急上昇し、自身のやりたい事や成果を確実に手にできます。

二黒土星の運気を上げる物

二黒土星の運気を上げる物は、暖かみのある色や元気を与えてくれるパワーのあるもの。

性格上、何事も一人で抱え込みやすい二黒土星の方は、一瞬で目に飛び込み、視界に変化を与えてくれるものが運気アップに欠かせないものとなるのです。

花で言うとバラのように凛として、一輪だとしても存在感があり、惹きつけられる植物。

オレンジや黄色といった暖かみのある色を持ち歩くなど、パワーアイテムとして自宅のインテリアに黄色の花を生けることをおすすめします。

内面から元気にしてくれる、心が明るさを取り戻すカラーに運気を高める効果があり、二黒土星の方には強力な力を与えるはずです。

二黒土星の運気を下げる物

二黒土星の運気を下げる物は、濁ったものや不揃いなものです。

感情がなかなか自分の思い通りにコントロール出来なくて、精神的な疲れや悩みを抱え込みやすい二黒土星は、実は真面目で繊細な一面を兼ね備えています。

不揃いなものを見ると、違和感を抱いたり、気になったりと気持ちが関わる何かに囚われて抜け出せなくなることも。

きっちり揃えられているものを見ると心が落ち着き、バラバラになっている状態を見ると気持ちが乱されてしまうのです。

濁ったものも同じで、見たものと感情が同化するため、考え事をしている最中にスッキリとしないものを見ると気持ちがかき乱されます。

スポンサーリンク

二黒土星の男性の性格や特徴・恋愛観や恋愛傾向

真面目で素直なタイプ

二黒土星の性格や恋愛の特徴は、真面目で素直なタイプです。

決まり事はきちんと守り、自分の中にも独自のルールを作る二黒土星は、自分勝手に何でも人を自分に合わせさせようとする強情さはなく、素直に人の話を聞き入れることができます。

他人へ自分の気持ちだけを押しつけないため、人との距離感も上手に保て、対人関係に問題が起こることはあまりありません。

もともと芯をしっかり持つ二黒土星は、自分の考えだけに囚われないため、周囲に敵対心を抱く人は少ないのです。

しかし、真面目な性格であるため、融通が効かないのがネックなところ。

順番が決められていると、効率の良い手順よりも、決められたままの行動をしてしまうので、周りの人に理解されない部分があるのです。

ただ、素直さを持つので持ち前の性格でカバーできている部分が多く、「ごめん」や「気を付ける」と反省できる一面で対人関係を良好に保てます。

努力を積み重ねる事を苦だとは感じない

努力を積み重ねる事を苦だと感じないのが、二黒土星の男性にある性格の特徴です。

二黒土星の男性は、地道に努力していくことを苦痛に感じるどころか、行動に移せば移すほど遣り甲斐を感じます。

たとえ遠回りになったとしても、「やらなければ良かった」と感じず、行動自体を意味のあるものにしようとする力があるのです。

自分の行動に対して途中で自信を失くしてしまう瞬間はないわけではありませんが、それでも最後までやり遂げる精神力があるため、自身の糧に変えられます。

地道な作業や少しずつしか進められないような事でも、手を抜かずに踏ん張れるのです。

それは、やり遂げた後の楽しさを人生の中で味わっているからこそ、抱ける気持ちでもあります。

二黒土星の星は、自分の思い通りに進められないことが多いので、日々の努力が経験や知識となり、それが徐々に大きな力になることも。

つい弱音を吐いてしまう瞬間はあるものの、すぐに気持ちを立て直せます。

何事も優柔不断さが垣間見える

二黒土星の男性の性格や恋愛にある特徴は、何事も優柔不断さが垣間見えることです。

人との会話の中で自分自身が決めなければならない時に限って、最終的な判断を下すことができません。

二黒土星は考えて行動を起こすタイプではありますが、自身の中で最初から決断を下せないのです。

「まずやってみてから決めたい」と思う方が多く、人の考えや意見に惑わされる瞬間も。

親密に接している人には、理解してもらえますが、最終的に決められない決断力に欠けるところは、相手をイライラさせてしまうことがあると理解しましょう。

即決、即行動を起こせる人を見ると、「俺もやらないと」とは意気込むものの、いざとなれば怖気づいてしまうのです。

自分の中で迷いが生じるほど、何を優先するべきなのか分からなくなり、それが表情や態度、言葉にも出てしまいます。

失敗を恐れすぎるが故に優柔不断になってしまう面と、何を自身が求めているかを考えすぎてしまうから動けなくなるのです。

鈍感で相手の思いに気づきにくい

鈍感で相手の思いに気づきにくいのが、二黒土星の男性の恋愛傾向だと言えます。

好きな人が出来て、自分からアピールしてみるのですが、その反応を的確に判断することができません。

周囲から見れば、「あなたに絶対に好意を示してくれているよ」と確信を与えるものでも、二黒土星の男性は周りの言葉よりも、自分が見たものや感じたものを正解だと考えます。

女性があなたにアプローチしてきても、なかなか気付かず、相手の方が痺れをきらすことも。

全く気付いてくれない彼に対して、呆れ、恋愛の進展を求めなくなる女性も少なくありません。

二黒土星の男性には、遠回しに好意を示すだけでは伝わらないため、ストレートに表現するようにしましょう。

「そういうところが本当に私は好きなの」と恋愛を意識させる言葉を多く使うのも二黒土星の男性を落とす一つの方法です。

あなたの好意に気付かれないまま、いつまでも同じ状態を保つことは難しく、全身したい願望が出てきたときは、アプローチを分かりやすく行いましょう。

愛情表現が豊富

二黒土星の男性の恋愛傾向は、愛情表現が豊富にあることです。

付き合っている女性からすると、幸せを感じられる相手になります。

好きな女性が出来ると、自らアプローチをかける意識を持ち、恋人関係になってもそこで満足することはありません。

行動一つとっても、「本当に私は彼に愛されているな」と感じられる行動や言葉を常にあの人は与えてくれます。

ただ、心変わりしてしまうと態度が急変してしまうのが二黒土星の特徴です。

彼女がいても他の女性が気になると、自分の感情のままに行動を起こしてしまうので、安心しきるのは危険。

二黒土星の男性を彼氏に持つ女性が、彼からの愛情表現に安心してしまうと、つまらなさを感じるケースも珍しくありません。

愛情表現が豊富なのは、ただ一緒にいる時間だけに言葉を掛けてくれたり、触れられたりするだけではありません。

離れている時間も常に連絡や逐一の報告にうんざりする女性もいます。

彼の行動に不満を感じた時は、素直に思いを伝え、理解してもらえる努力をすると二人の関係を深められるきっかけになるはずです。

押しに弱い

二黒土星の男性の恋愛傾向に、押しに弱いことが挙げられます。

何度もアピールする女性がいると、二黒土星の男性は気持ちが徐々に彼女の方へと向かいやすいのです。

最初は全く興味を抱かなかった相手でも、自分にだけ見せてくれる態度が何度となく訪れると、目で追うようになり、恋愛感情を刺激されます。

また、本人からのアピールだけでなくても、周囲がはやし立てることで心に変化をもたらすことも。

押しに弱い面がある一方で、きちんと相手の女性を分析できるため、素敵な人だと判断すれば徐々に愛情が大きくなります。

自分から好きになれなくても、アプローチなどのきっかけから相手をしっかり見ることができるので、好きになる感情は本物です。

だからこそ、流されて付き合うことやその時に気持ちが向かいかけていたからと中途半端な思いで交際をスタートさせても、しっかり一人の相手を見てくれる誠実な部分を持つので安心できます。

スポンサーリンク

二黒土星の女性の性格や特徴・恋愛観や恋愛傾向

包容力に温かさを感じられる

二黒土星の女性の性格に、包容力に温かさを感じられる特徴があるのです。

二黒土星を表す一つに「母性」というキーワードがあり、これは男女ともに兼ね備わっています。

少し関わるだけだとしても、温かく包み込んでくれる優しさや気遣ってくれる愛情を感じられるのです。

二黒土星の女性は、対人関係に対して好き嫌いがハッキリしているものの、物事と自分の感情を完全に分けて考えることができます。

客観的に見ることができる一面と、相手に深く寄り添える愛情のある人です。

二黒土星の人は、悩みを相談されたり、ストレス発散のはけ口として色々な出来事を聞かされたりする機会が多くあります。

それは、あなたに話すことで温かさを感じられるからこそ、周囲が求めてくれるからです。

良い面も悪い面も受け止めてくれ、包み込んでくれるため、二黒土星の女性に話しやすいと感じる人が多くいます。

包み込む優しさだけでなく、時には芯のある強さを見せる場面があるからこそ、特に年下に好かれる傾向があるようです。

ダメな所は正直に伝え、良い面は褒めてくれる、母親のような目線から気持ちを吐き出すことが周囲を魅了する一つだと言えます。

無駄な考えが多く心配性

無駄な考えが多く心配性なのが、二黒土星の女性の性格にある特徴です。

男性同様、二黒土星の女性も物事への取り組みに対して遠回りしてしまうことが少なくありません。

一つの物事や出来事に対して、周りの人とは違う視点を持っている事が多々あります。

問題が起きた時、今考えなくて良いことまで先走って頭の中で巡らせてしまうため、何に対して不安に感じているのかを周囲と共感できないことも。

先が見えてから考えれば良いことを、自分の勝手な解釈から先走ってしまうと迷惑をかけることが少なくありません。

余計に頭を抱える事が増えるため、後悔してしまう瞬間が何度もあります。

結果的に「考えすぎだったな」と感じる事が多く、それでも自分自身で不安に感じた思いをかき消すことができなくて、考え続けてしまうジレンマを持つのです。

目の前で起こっている出来事だけを考えられるようになると、よりスムーズに事を運べるようになります。

ただ、先を見通して考える力も必要な瞬間はあるので、全てが裏目に出るとは限りません。

状況や他人の助言を素直に受け止め、自分なりの考え方に持ちましょう。

信用されやすく信用しやすい

二黒土星の女性の性格は、信用されやすく信用しやすい特徴です。

対人関係を円滑に進められ、トラブルの少ない二黒土星は、深く関わる人から信用されることも多くあります。

しかし、あなた自身も簡単に人を信用する傾向があり、騙されてしまう事も。

ただの仲間内での冗談で終われば良いのですが、人間関係の破綻が起きると困りものです。

寄ってくる人を大事にしたい思いの強い二黒土星は、相手に進言されるなどするとすぐに信じ、検証を怠るので大損すること、騙されて取り返しのつかない状況にまで陥ることも。

他人を信用することは良いのですが、相手をしっかり見極める努力をしましょう。

あなたに寄ってくる人が、誰もが良い相手だとは限りません。

関わる人の身辺情報や言葉、行動一つとってもあなたがきちんと見て判断し、周囲の意見を取り入れるのは大事なことです。

自分の考えに不安を感じる瞬間がある場合は、相手の言葉だけで行動を起こさないように注意しましょう。

恋愛はスロースターター

恋愛はスロースターターであるのが、二黒土星の女性の恋愛傾向です。

好きな人が出来たり、付き合い始めた彼氏がいたりと状況は様々ですが、恋愛を進めるのは比較的のんびりしています。

好きな気持ちが自分の中で大きくなっても、焦ることがありません。

そこにライバルの存在があったとしても、若干の焦りはあるものの、実際に行動として何かアクションを起こすことはないのです。

「あの人と付き合いたいな」と感じていても、その場が楽しく、二人の関係雰囲気が良ければ、ゆっくりと男性との距離を縮めます。

恋愛に情熱的ではなく、大好きでずっと頭の中に好きな人の姿を想像していても、何をどうして良いのか分かりません。

完全に受け身タイプである二黒土星の女性は、相手からアクションを起こしてくれないと恋愛はなかなか進展しないのだと言えます。

自分の感情を表に出すことに恥ずかしさを感じ、なかなか心を開けないため、なかなか男性との関係を深められませんが、気持ちが通じ合い、付き合い始めると、相手を信用出来るように変わり、自分の魅力を見せられるはずです。

消極的で受け身タイプ

二黒土星の女性の恋愛傾向は、消極的で受け身タイプだと言えます。

前項でもお伝えしましたが、男性の方から行動を起こさないと、二黒土星との恋の行方は叶えにくいものです。

自分に自信を持ち、魅力があることに気づけると積極的に異性にアプローチ出来るようになるのですが、そこまでの時間は人それぞれです。

一時的に自信を持ち行動が出来るようになっても、恋愛で失敗をしてしまうと、再び消極的な自分に戻ります。

心の中では「次、好きな人に会った時は、色々と話そう」と心構えをしていても、いざ彼を目の前にすると緊張や恥ずかしさから頭の中が真っ白に。

恋愛が苦手なのではなく、自分の持つコンプレックスや相手の気持ちを考えると行動を起こせません。

相手の感情を表情や態度から深読みしてしまう癖があるため、なかなか思い通りに恋愛を進められずに苦戦します。

一途に相手を思い続ける

二黒土星の女性の恋愛傾向は、一途に相手を思い続けられるものです。

もともと愛情深く、情に厚い二黒土星は、一度好きになるとなかなか冷めないタイプ。

熱しやすく冷めやすいのではなく、とことん好きになり、離れられなくなります。

どれだけ嫌な思いをしても「でも、彼には素敵な一面もあるから」と良い方向にばかり考えを持っていくように心掛けるのです。

自分が好きになった相手を信じたい気持ちが強いのは確かで、それを周りの人に批判させるほど、頑なに愛を守ろうとします。

相手を過信する傾向が二黒土星の女性にはあるので、注意しましょう。

周りであなたを見守っている人の言葉は、大事な助言であり、自分自身が見えていない心配に値する部分。

周囲の声が聞こえなくなった時に、後悔するのはあなたですから、周りの言葉には耳を傾けるようにしてください。

信用できる人からの言葉をすべて鵜呑みにする必要はなく、言われた事を参考に好きな人をしっかり見抜くように心掛けましょう。

二黒土星と他の本命星との相性

二黒土星と一白水星との相性は「押し付ける愛情は嫌がられる」

二黒土星と一白水星の相性は、押し付ける愛情は嫌がられてしまうというもの。

一白水星の人は、淡白で自分の思うままに行動を起こしたい傾向が強いのに対し、二黒土星が好きになると愛情の深さを相手に一直線に伝えていく違いがあるのです。

二黒土星の方は、自分の愛情の深さに相手も同じ気持ちだと考え、好きな人に対して、自分と同じだけの愛を求めます。

一白水星は他人の考えを押し付けられると離れたいという気持ちが強くなり、自分自身を崩されることを嫌うので、あなたの理想などを相手に求めることは辞めましょう。

あなただけが単に愛情を伝えることは大事にしてもいいけれど、相手に同じように求めると、二人の関係がぎくしゃくし、上手く進展させられません。

付き合う前にも注意が必要です。

決して相性の悪くない星ですが、あなた思うままに感情を伝えて、相手に意見を求めたり、「どうしてこうやってしてくれないの?」などと要求し続けると恋人からの好意があったとしても、成就には程遠い道のりとなります。

また、一白水星の方は周囲と比べられると、一瞬で恋愛感情が冷めますので、その点にも十分注意してください。

二黒土星と二黒土星との相性は「受け身であるお互いだから何事も進みにくい」

お互いに受け身な二黒土星と二黒土星は何事も進みにくい関係という相性です。

二黒土星同士は、性格や特徴に似ている部分が多いので、あなたと同じ行動を起こしがち。

受け身のあなたに対して、相手もアクションを起こしてこないのです。

それでは恋愛関係に進めることが困難になるので、大きなきっかけが訪れないので恋人同士になることは難しくなります。

しかし、大きな出来事やきっかけが仮に訪れた時は、急接近し、その勢いで良好な関係を築けるので、期待がゼロというわけではありません。

二黒土星に好意を抱いた時は、あなたの方からアプローチを全開でしましょう。

心配性の二黒土星は、相手の反応を気にしすぎるのですが、後先考えずに行動を起こした方が自分が納得できる結果を求められるのです。

ただ、付き合うカップルでも結婚に辿り着くまで時間を掛け過ぎてる傾向があるので、タイミングを逃しやすいのも二黒土星同士の特徴にあります。

待つことに疲れた時は、周囲の協力を仰ぐことも考えてみてください。

二黒土星と三碧木星との相性は「良いバランスを保てサポートし合える」

良いバランスを保ち、サポートし合えるのが、二黒土星と三碧木星の相性です。

相性が良く、恋愛もプライベートもお互いに安心できる相手だと言えます。

あなたにとって、三碧木星は自分の気持ちを素直に吐き出せる相手であることが珍しいことではありません。

「初めて自分の秘密を聞いてもらった」などと、あなたの方から心を開くことができる相手です。

それは三碧木星も同じで、あなたにだから頼れることがあり、話せる内容があります。

お互いに信頼し合い、求め合える関係性であるため、恋人関係や友人関係に至ると、どちらからともなく愛情を注ぐことができるのです。

困った時は助け合い、落ち込んだ時には支え合える相性抜群とも言える関係となります。

二黒土星と四緑木星との相性は「価値観が最も違う相手だからこそ良い刺激に」

二黒土星と四緑木星は、価値観が最も違う相手だからこそ、良い刺激を受けられる相性です。

「価値観が違えば、合わないと思うけど…」と思う人が多くいますが、二黒土星と四緑木星はお互いに受け入れられるところがいくつもあります。

あなたの考えにはなかった発想ややり方に刺激を受け、これまでとは違った思考の向かわせ方をもたらしてくれる良きパートナーになるのです。

「こんな風に考えたことはなかったな」「こういう考え方をすれば視野が広がるな」と感じ、二黒土星は特に自分の考え方に変化を起こそうと努力するタイプ。

素直な二黒土星は、新しい感覚や考え方に興味を持つと自分のものにしようと、角度を変えて挑戦することも。

四緑木星もあなたの思慮深さに刺激を受けることになり、お互いに価値観が違う状態でも受け入れられる、高め合える関係へと変わります。

価値観が違う相手とはとことん合わなくて、一緒にいることの方が辛くなるのが一般的ですが、二黒土星と四緑木星はお互いにマイナスに捉えることがないので安心して関係を築けるはずです。

二黒土星と五黄土星との相性は「積極的に動く相手の行動に心地よさを感じると良好な関係を築ける」

二黒土星と五黄土星の相性は、積極的に動く相手に行動に心地よさを感じると良好な関係を築くことができるというもの。

二黒土星の消極的な動きとは真逆の行動を見せる五黄土星。

あなたは五黄土星の積極性を心地よく感じられると、一気に距離が縮まり、これまでの恋愛経験では抱かなかった感情を抱きます。

五黄土星の相手は、あなたの意見や空気を読まずに行動を起こしてくれることが多々あり、その働きに対して二黒土星の心が満たされるのです。

あなたが言えない言葉を真っ先に言ってくれたり、頭では分かっていても行動できなかったりした時に五黄土星が望んでいる通りに応えてくれます。

恋愛関係であれば、「手を繋ぎたい」と思っている時に、強引でも手を繋ごうとしてくれる。

友人関係であれば、第三者に対して「この人ともっと仲良くなりたい」と感じた際に、仲介役として間に入ってくれます。

積極的ですが、強引さもある五黄土星の行動に二黒土星が満たされ、不満を感じない程度であれば、関係性は非常に良く、あなたの唯一無二の存在になる可能性を秘めているのです。

二黒土星と六白金星との相性は「相性抜群で幸せを十分に感じられる」

相性抜群で幸せを十分に感じられるのが、二黒土星と六白金星の組み合わせ。

一緒に居られるだけで居心地が良く、自然と尽くし合えます。

尽くすだけでなく、お互いの時間を大切に思うことができ、一人で過ごすときがあるからこそ、二人が一緒になると愛情がより深まるのです。

なかなか思う相手に出会えないと感じていても、六白金星との関わりを持つことで、二黒土星は無償の愛を感じられます。

それがあなただけのためでなく、あなたの周囲にも気を配る優しさ、自分が大事にしたい人へと向ける眼差しにも安心できる関係です。

二人が特別な関係であるのかで変わるのではなく、二黒土星がどこまで心を開くのかで変化が起こります。

二黒土星の人は、六白金星の相手に出会えた時は、「騙されても良い」という覚悟であなたは心を開放しましょう。

あなたが伝えたい言葉をそのまま伝えると、六白金星はどうにかしてあなたを幸せにしようと思うのです。

六白金星の愛情を受け取り、あなたの中で存在が大きくなるだけでなく、欠かせない最も大切にしたい相手となります。

環境の流れで付き合う相手が変わることがありますが、六白金星とは切っても切れない縁で強く結ばれることになるはずです。

二黒土星と七赤金星との相性は「尽くし続ける関係に疲れを感じやすい」

尽くし続ける関係に疲れを感じやすいのが、二黒土星と七赤金星の相性だと言えます。

周囲からも行き過ぎた行動だと感じられるほど、お互いに尽くすのが、七赤金星と二黒土星です。

尽くし合う関係で上手く保てるのは付き合い当初だけで、徐々に関係が深まるほど、どちらからともなく不満を抱くようになります。

尽くすことは体力以上に見返りがなければ精神的に辛くなりやすく、好きな相手に対してでも心が離れてしまう原因が生まれるのです。

「私だけが一生懸命に彼のために時間を割いている気がする」と思わったり、周りのカップルと比較したりして、精神的な疲労に繋がりやすいのです。

ふと今の自分の気持ちを分析した時に二黒土星と七赤金星は、それぞれ抱く感情が異なります。

好きだから安心感が欲しい二黒土星と相手を思うと出来る限りの努力を続けたいと感じる七赤金星。

好きな気持ちが芽生えた時に尽くす行動をたくさんしますが、時間が経つにつれて相手への態度を辛いと感じ、関係を維持し続けることに耐えられなくなります。

あなたの思いを注ぐ方法を取りつつ、相手に対して「私がやってあげないと」と考えるのはやめて、「求められた時に全力を尽くそう」と気持ちを切り替えるのが大切です。

二黒土星と八白土星との相性は「周囲に恵まれる環境で安心できる相手となる」

二黒土星と八白土星の相性は、周囲に恵まれ、安心できる環境に居続けられる相手。

二人が問題を抱え、苦しい状態やピンチが訪れた時は、あなた達の周りにいる人に救われます。

「もう別れないといけないのかな」「これ以上は彼と一緒にいることはできない」と考えた時に、あなたが相談する相手は、最も頼っている人です。

あなたが頼る人は二人の関係を常に心配し、いつでもサポートするつもりで見守ってくれています。

しかし、あなたが悩んだタイミングですぐに相談しても、良い話にはなりませんから、自分の気持ちがある程度は明確になり、伝えたい思いが募った時に話してください。

相性の良い二人ですから、周囲が放っておけない、どうにかして応援しようと感じてもらえるのです。

土星同士は、気が合うことや好むものが似ているので、出会ったタイミングで好印象を抱き、早いスピードで仲が深まります。

二黒土星と九紫火星との相性は「愛されると良い関係に進展する」

愛されると良い関係に進展するのが、二黒土星と九紫火星です。

相性は良いと捉えられますが、真逆の行動を取ると不釣り合いな二人に見えます。

二黒土星の人は、愛情を注ぎ、尽くすことが大好きですが、九紫火星は積極的な行動を取ることが苦手です。

しかし、九紫火星が大好きな相手に出会っときは、自分の性格にはない部分をさらけ出します。

二黒土星と九紫火星の相性がグンと良くなるのは、お互いの行動が逆転した時です。

相手が行動的になり、あなたが受け身の状態となった時、愛されている実感だけでなく、何事も上手くいくような気持ちを抱け、安心できる思いが強くなります。

尽くすタイプのあなたが受け身になるのは気持ちがないからではなく、相手の感情や行動に圧倒され、満足できている証拠です。

占い師 MIYUKIのワンポイントアドバイス

MIYUKI

二黒土星は、真面目で思慮深く、消極的な性格だと言えます。

男女ともに性格や恋愛の傾向は似ていますので、これから落としたいと思っている相手に対して、自分自身に理解を深めて行動を取ってみましょう。

あなたが自分を知ることで、相手に自身の魅力を上手く伝えられるだけでなく、小さなトラブルを避ける大事なものとなります。

また、性格の特徴を知り、自分に合う相手との信頼関係を深められると、より日々の生活に幸福を感じられる、充実した毎日を送り続けられるのです。

二黒土星の星が持つ特徴やエネルギーを与えられる場所を求め、今から行動を変え、未来を確実に明るいものへと変化させましょう。

未来が好転する?衝撃の占い【フューチャーオラクルカード】



こちらの記事を読んであなたの悩みや不安はなくなりましたか?

もしも、「まだ不安がある…」「悩みがまだ消えない…」というのなら、当サイトおすすめのオラクル鑑定士「鳳条先生(ほうじょうせんせい)」の未来が好転するフューチャーオラクルカードをお試しください。

【期間限定】占い師聖子がアナタの悩みを無料鑑定!

あなたの悩みは解決しましたか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師「聖子」が初回無料にて占い、鑑定結果をお送り致します。

難しい恋愛の不安や悩み、未来への不安がある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事